災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

伝統技術とドローンなどの最新技術を融合させ、高品質な屋根仕事を提供

渡邊建板

茨城県 常総・桜川・下妻・筑西

茨城県板金工業組合

ドローン点検

渡邊建板

茨城県坂東市矢作の渡邊建板は、屋根・外壁のリフォーム・修理や新築工事を中心に、雨樋工事や雨漏り修理も手掛ける工事店。伝統技術を受け継ぎながら新しい工法やドローンなどの最新技術も積極的に取り入れている代表は、一般住宅や工場、店舗の外装工事に加え、寺社仏閣の銅板工事にも力を入れています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON建築板金の仕事に興味を持ち始めた幼少期。異業種を経験してから建築板金の道へ

渡邊建板は、茨城県坂東市矢作に拠点を構える工事店です。代表の渡邊明夫さん(以下、渡邊さん)が屋根工事や外壁工事、雨樋(あまどい)工事を軸に、雨漏り修理にも対応しています。

子どもの頃は野球少年だったという渡邊さんにこれまでの経緯を伺いました。
「野球は小学校3年から高校1年までやっていましたね。野球は大人になってからも好きで、草野球をやったりソフトボールのチームを作ったりしていました」
叔父が建築板金職人だったことから、幼少期より板金工事に興味を持ち始めます。
「小学生や中学生の時に叔父の家に遊びに行って、板金仕事を間近で見ていました。面白そうだな、と興味は持ってはいましたが、自分は器用ではないし、実際にやるのは難しいだろう、と思っていました」

地元の高校を卒業後した渡邊さんは、物流会社に就職。その後、海外製品を輸入販売する会社に転職します。
「重油などを輸入して販売する会社で働いていたのですが、その会社は土日が休みだったので地元の先輩の家業である板金工事店で週末だけアルバイトを始めたんです。バイトとして働いているうちに自分が作った物が形として残るものづくりにやりがいを感じ始め、板金工事店に入社しました」

その後、渡邊さんは10年間ほどの修行期間を経て、独立を決意。渡邊建板を創業しました。
「建築板金の仕事を続けているうちに、会社に勤めているよりも、独立して自分の力でやってみたいと思ったんです。工事店の社長からは応援してもらって、建築板金の技術はもちろんですが、会社経営に関することやお客さまに対する心掛けなども教えてもらいました。社長がいなかったら今の自分はいないと思っていますし、尊敬しています」

独立当初は無我夢中でできるだけ多くの仕事を受けていましたが、現在はゆとりを持って工事にあたるように方針を転換したと、渡邊さんは言います。
「仕事を詰め込み過ぎると、工事の品質よりも目の前の作業をこなすのに精一杯になりがちです。他の業者の施工で不具合が出ていた箇所を見て、自分はこういう工事をしてはいけないと思い、より丁寧な工事を心掛けるようになりました」

「建築板金の職人は何年やったから1人前ということはなく、常に勉強だと思っています」という渡邊さんに今後の展望を伺いました。
「次世代に技術を伝えるためにも銅板工事を増やしていきたいと考えています。現在は神社の屋根の銅板工事が多いので、今後は歴史に残るような大きなお寺の工事もやりたいですね。また、調査時間やコストを削減できるので、ドローンを使った保守点検や事前調査に力を入れていきたいと思っています。ドローン点検の要望があればいつでもお申しつけ下さい。伝統的な工法を大事にしつつも、ドローンなども導入することで、過去と未来の両方をしっかり繋いで、お客様の多様なニーズにお応えできる工事店になっていきたいですね」

詳しく見る閉じる

WORK日々進歩している技術や材料に対応するため、常に勉強や情報収集は欠かさない

茨城県坂東市矢作の渡邊建板は、一般住宅や工場、店舗などの屋根や外壁、雨樋の外装工事に加え、雨漏り修理や銅板工事にも対応しています。

渡邊建板の強みはお客さまを第一に考え、誠実に対応することです。
「常にお客さまの立場に立って物事を考えることが大事だと思っているので、当社の職人にも『自分の家だと思って施工しなさい』と言っているんです。お客さまから相談や依頼がありましたらすぐに対応し、ご意見をよく聞いた上で最善のプランを提案しています。お客さまの大事な家を工事するので、できる限りご要望に沿った施工を行うようにしています」

また、高い技術力と多様な応用力があるのも渡邊建板の強みの一つ。伝統技術に加え、新しい施工法も積極的に取り入れています。
「以前、勤めていた板金工事店は社寺仏閣の銅板工事も手掛けていたので、私も銅板工事の技術を身に付けることができました。その技術を今の板金工事にも応用して施工しています。建築板金の技術や材料は日々進歩しているので、日頃から勉強や情報収集をして新しい施工法も習得するようにしています」

渡邊さんが仕事をする上で大切にしているのは、丁寧な施工ときちんとした身だしなみです。
「高い品質の施工を提供したいので、一つ一つの仕事を丁寧に仕上げることを心掛けています。汚れた靴で屋根に上がると足跡が消えないので、当社では屋根に上がる時は必ず上履きに履き替えるようにしています。また、服装などの身だしなみを整えたり、現場をこまめに掃除することもお客さまの安心感や信頼感に繋がると思っているので、徹底していますね。また最近お客様から要望が出始めているドローン点検にも対応していますよ」

雨漏りへの対処では、台風や豪雨の後に修理の依頼や相談が多いと言います。
「集中豪雨や台風など横なぐりの雨が家にあたると、今まで雨漏りしていなかったのに雨漏りするようになったという相談が多いですね。あと、雨漏りしているから見て欲しい、というお客さまからの依頼があり調査してみたら、どこにも雨水が侵入した形跡がなかったということもありました。このような時は雨漏りではなく結露による漏水(ろうすい)のケースが考えられます。暖められた空気が上がり、冷えた水滴が天井裏に溜まって落ちてくるんです。結露による漏水には、屋根の棟(※1)を換気棟に交換したり、屋根と壁の取り合い(※2)の軒天(のきてん)に換気材を設置するなどの対処をしています」

実際の屋根リフォーム・屋根修理では、釘やビスを使わない粘接着工法による金属屋根の施工事例が挙がりました。
「粘接着工法による金属屋根の施工は、複雑なデザインの屋根などでよく行われています。最近では、意匠性が高い図書館の屋根をこの工法で施工しました。特殊なゴムシートと屋根の裏面を粘接着しているので、防水性や防音性に優れているというメリットもあります」

ここ茨城県坂東市矢作の気候は1年を通して降水量が多く、たびたびやってくる台風には注意が必要です。
「台風など雨風が強い時は軒先がめくれ上がったり、棟板金(※3)が飛ばされたりする被害が出ます。そのような被害が想定される箇所は釘だけではなく、ビスで固定しています。また、棟板金に使われている棟木が木材だと水を吸って腐食することがあるので、水の侵入を防ぐために人工樹脂の棟木に変えるなどの対処もしています」

※1 棟…屋根が交差して山型に稜線になったその部分
※2 取り合い…部位同士の境目の部分
※3 棟板金…スレートや金属屋根の頂上部分にある鉄板の部材

詳しく見る閉じる

MESSAGEお客さまのことを第一に考え、施工品質や工期、安全性を大切にして工事にあたる

「当社で施工したお客さまには、年末にカレンダーを持ってご挨拶に伺っています。その際に施工後の状態を確認させていただいています」と、アフターフォローは万全。また、どんな小規模工事でもお客さまの要望に応じて、施工保証書を発行しています。

最後に「やねいろは」をご覧になっている、金属屋根の劣化でお困りのお客さま、そして金属屋根リフォームや金属屋根修理を検討しているお客さまへメッセージです。
「私は板金組合発行の登録基幹技能士という資格を保有しているのですが、その資格を持っていることで国土交通省が運用する建設キャリアアップシステム(※4)にも登録されています。そういった意味でも安心して工事を依頼して頂けるのかなと思っています。また、お客さまに『ありがとう』と言っていただけることが私たちのやりがいにつながっています。施工品質や工期、安全性を大切にして工事にあたっていますので、安心してご相談ください」

「建築板金はやりがいがある仕事ですが、奥が深く一朝一夕では身に付きません」と言う渡邊さん。会社や組合で勉強会を開催したり、応援仕事などに行った時に他社の施工法を見て参考にしたり、常に技術の向上に励んでいます。渡邊建板はこれからもお客さまを第一に考えた丁寧な施工を行っていくのだろうと確信する取材となりました。

※4 建設キャリアアップシステム…国土交通省が運営する、技能者ひとり一人の就業実績や資格を登録し、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場作業の効率化などにつなげるシステム

(2020年6月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(渡邊建板)2件

before

after

屋根工事(取替)

工事種別: 屋根工事(取替)

価  格: 50~75万円

施工面積: 125~150m²

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(渡邊建板)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(渡邊建板)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(渡邊建板)

一番の強み お客さまを第一に考え、誠実に対応するところ
会社名 渡邊建板
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:3名
保有資格者 一級建築板金技能士:1名
二級建築板金技能士:1名
丸のこ等取扱従事者:2名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:2名
高所作業者運転者:2名
職長安全衛生責任者:2名
石綿取扱作業従事者:1名
玉掛作業者:2名
アーク溶接作業者:2名
小型移動式クレーン運転技能講習修了者:1名
登録基幹技能者:1名
特徴 リフォーム業
金属屋根工事業
その他屋根工事業
樋工事業
対応地域

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

アフターフォロー体制 損害保険ジャパン日本興亜株式会社の第三者賠償責任保険に加入済です。
ご希望に応じて保証書を発行します。
施工後は主に年末のご挨拶に訪問し、外観を見させていただいております。
代表者 渡邊 明夫
代表者経歴
(名称は当時のもの)
渡邊建板 代表
茨城県板金工業組合 所属
1980年3月:岩井町立南中学校 卒業
1980年4月:茨城県立岩井高等学校 入学
1983年3月:茨城県立岩井高等学校 卒業
1983年4月:株式会社前山倉庫 入社
1990年4月:株式会社前山倉庫 退社
1990年5月:株式会社PCC 入社
2002年9月:株式会社PCC 退社
2002年10月:有限会社小林ブリキ店 入社
2010年3月:有限会社小林ブリキ店 退社
2010年4月:渡邊建板 創業 代表 就任
所在地 〒306-0624
茨城県坂東市矢作1204-3 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日、祝日 8:00~17:30
定休日 日曜日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店