災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

生粋の手作業好きで、思考好き。難しい複雑な屋根ほど燃える職人魂。

久保田板金

長野県 飯田・伊那・駒ヶ根

長野県板金工業組合

久保田板金

長野県上伊那郡宮田村の久保田板金は、屋根・外壁の新築工事、リフォーム・修理、雨樋工事を中心に手掛ける外装工事店。数々の技能競技大会で受賞歴を持つ生粋の職人である代表が、一般住宅や寺社仏閣の屋根はもちろん、表札や打ち出し加工まで対応する間口の広い会社です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON少年時代は、働くイコール板金職人だと信じていた。熱意を後押ししてくれた恩師に感謝

久保田板金は長野県上伊那郡宮田村に拠点を構える、金属屋根のリフォーム修理、外壁サイディングや雨樋工事などの外装の金属工事ができる住宅工事店です。住宅の他、久保田板金の社名の通り金属板加工も得意としており、厨房の内装ステンレス工事、塗装店の給排気のダクト工事など、幅広い工事に対応可能です。

「幼い頃から父の働く姿をそばで見ていました。板金の仕事はずっと面白そうだと思っていたので、中学を卒業したらすぐに入社するつもりだったんですよ」と、久保田板金三代目代表の久保田春紀さん(以下、久保田さん)。
しかし中学卒業時は父からストップが入りました。すぐに就職という久保田少年の想いはかなわず、泣く泣く工業高校へ進学したのです。そして高校卒業時、久保田さん自身は「これでやっと働ける」と就職への意欲満々でしたが、父は「なんとか大学へ行かせられないか」と水面下で担任へ相談していました。
「でも、担任の先生が『本人に家業を継ぐ気があるのなら、早いうちに修業に入った方がいい』と父に言ってくれたんです。そのおかげで私は高校卒業後に就職、同時に職業訓練校へ入学できました」

久保田板金は、久保田さんの祖父が1945年に創業した住宅工事店。当時は金属屋根や壁の外装だけではなく、手先の器用な祖父がじょうろやちりとりの小物の打ち出し加工も引き受けていました。
「祖父は、この辺りの板金屋からの『いっしょにやらないか』という共同経営の話を断り続けた一匹狼だったようです。そのうち人手が足りなくなってきて、でもそのいきさつから周囲には応援を頼めなくて、会社勤めだった自分の息子、つまり私の父を口説いて一緒にやり始めたと聞いています。ただ、祖父は私が中学生の頃に亡くなったので、創業当初のいきさつは全くわかりません。それが残念です」

幼い頃から父と共に現場へ行っていた久保田さん。父の働く姿はとても身近で、頭の中には「仕事に就くイコール板金屋」という考えが植え付けられていました。また、子どもの頃の大好きな遊びといえばプラモデル作りや工作、絵描き。家紋打ち出しまで手掛ける手仕事好きは幼い頃からの筋金入りのようです。
「一人で細かいことをしているのが好きでした。工作中もオーソドックスなやり方はこうだけど、こうしたら強度が上がるとか形が面白くなるとか、試行錯誤するのが楽しかったですね。それは職人になった今も同じで、仕事の進め方はひとつじゃないといつもグルグル考えてしまいます」
久保田さんは、職業訓練校時代と近年に各種の技能大会で受賞歴があります。その輝かしい経歴は、幼少期からの手作業や思考の訓練のたまものかもしれません。

久保田さんが修業先から久保田板金へ戻ったのは、2010年。
昔気質な職人の父は丁寧さと作業効率を重視するのに対し、久保田さんは「強度が保てて美観がよくなるなら、このやり方も面白い」と手間を掛けてでも自分で考え抜いた進め方にこだわりがあるので現場での話し合いが絶えません。それでも、久保田板金は久保田さんと父の2人きりの会社。都度折り合いをつけ、日々を過ごしていました。
そんな中、2015年に父から突然のお達し。「これ、取引先や材料屋さんに配るからな」と、久保田さんはある一通の文書を見せられます。久保田板金代表引き継ぎの挨拶文でした。
「青天の霹靂の任命でした。父はやるなら早い方がいいと私が戻った時から考えを温めていたみたいです。まあ、それまでも取引先や材料屋さんとは直接連絡を取っていたし、見た目には何も変わりませんでしたね。変わったのは私の心構え。気が引き締まりました」

今後の久保田板金の展望は、人手を増やしてもっとお客さまの要望に応えられるようにすること。
「受けた仕事はもちろん全うしますが、社員が少ないので受けて迷惑をかけてしまいそうな場合は断ることもあって歯痒いですね。それを改善するためにも利益を増やして職人を増員していきたい。お客さまに求められて、そしてそれに応えられる久保田板金になるのが目標です」

詳しく見る閉じる

WORK美観と丈夫さを兼ね備えた屋根にしたい。一見無駄な作業には美しさへの執着が隠れている

久保田板金の強みは、作業や仕上がりの丁寧さ。屋根工事職人として、久保田さんは美観と機能性、両方に力を尽くします。外観が美しくなるよう、外から見えない部分に屋根部品の複雑な造りや雑多な見た目を隠した上で、雨漏りに強い屋根に仕上げるのです。
「先日、煙突そばの明かり採り窓周辺の屋根修理をしました。捨て谷(※1)を作るために金属板をしっかり入れるのですが、私はその時点でコーキングを施して水漏れがしないようにしています。その作業は化粧をするような感覚ですね。通常なら省ける作業でもあるんですが、雨漏りに強く見た目も美しい屋根にするためには、私はそうしたほうが良いと思ったんです」
このように、久保田さんは「省ける作業、でもやるべき」な工程にこだわりを持っています。新しい現場へ行くたびに、この工法で良いのか?違うやり方なら、もっと美しくなるのではないか?とアイデアを絞り出すのが習慣になっているのです。

久保田さんがお客さまに対応する上で大切にしているのは、朝の挨拶と現場での整理整頓です。材料の置く場所など、お客さまの普段の生活の邪魔にならないよう配慮し、工期の間も快適に過ごしてもらえるよう心掛けています。
また、職人にとっては現場のひとつでもお客さまにとっては一生に一度建てるか建てないかの大切な家。久保田さんはそのことを常に念頭に置いて作業をしています。
「仕事が立て込んでくると、つい作業をこなすだけになりがちですが、住宅新築はもちろん、10年に1度のリフォーム工事もお客さまにとっては高いお金を払う一大事ですよね。その想いを汲んで、いつも丁寧に作業にあたっています」

次に、実際の雨漏り工事について尋ねたところ、とても興味深い事例が挙がりました。
雨漏り修理をしたばかりの玄関の屋根から再び水漏れがとの連絡を受け、久保田さんが点検したところ、コーキングの使い方が良くないことがわかったのです。
「以前の工事でのコーキング処理が甘かったんでしょうね。コーキングは便利なものですが、うまく使わないと水の流れを妨げてしまいます。おそらく、それは水の出入り口を塞いでしまったんでしょう。コーキング処理をやり直して水の道を作ったら解決しました」

また、ここ長野県上伊那郡宮田村の気候の特性による屋根リフォーム・修理工事の特徴は、やはり積雪対策。雪に関する工事は雨樋の補強が最も多く、年に数件は相談があります。
「長野県内でいうと、上伊那郡はさほど雪の多い地域でありません。でも、降る時は一晩で40~50cmになります。台風については、地形の問題なのか通り道になることはありますが、甚大な被害になった記憶がありません。また、昔は天竜川の氾濫が多かったみたいですが、先人が対策をしてくれたおかげでここ数十年は溢れていませんね。そのことから見ても、ここは暮らしやすく住宅工事もしやすい地域だと思います」

※1 捨て谷…「谷」とは屋根面と屋根面のつなぎ部分のうち、文字通り「谷」になっている部分。水が流れる排水機能を持つがゆえに雨漏りしやすい部位。捨て谷とは屋根表面の部材の内側に万が一雨水が浸入した場合に金属板に沿って水を流す役割を持つ、屋根内側の谷。

詳しく見る閉じる

MESSAGE住宅だけではなく、小物作成も対応可能。板金職人ならではの打ち出し加工も得意分野

久保田板金のアフターサービスは、完工後に気になることがあればいつでも連絡を、と柔軟な対応です。
「今、リピーターになっているお客さまは、祖父や父の代にお世話になった方が多いですね。私がやった仕事、祖父や父の手掛けた仕事に関わらず、何か不具合があればいつでも点検に参りますので、気軽に連絡してください」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根の不具合でお困りのお客さま、そして屋根のリフォーム・修理工事を検討されているお客さまへメッセージです。
「入り組んだ屋根や特殊な形の屋根など、難しい形の屋根リフォーム・修理をやってみたいんですよ。他の職人さんが嫌がるような仕事を引き受けて、試行錯誤して自分の腕を磨きたい。もちろん、雨漏り修理や通常の葺き替えリフォームも喜んでやらせていただきます。また、表札や家紋の打ち出しなども得意なので、ご希望があればぜひご相談ください。ご連絡、お待ちしております」

『昔から、うちは久保田板金さんにやってもらってる』と言われる機会が多い久保田さん。創業70年を超えた久保田板金の歴史はやはり伊達ではありません。人手不足は建設業の悩みの定番で、久保田さんが抱く次世代継承へのプレッシャーもかなり強いはず。同じ土地で世代を超えて愛されているこの住宅工事店を、心から応援したいと感じた時間でした。

(2019年11月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(久保田板金)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(久保田板金)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(久保田板金)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(久保田板金)

一番の強み 板金工事業界お墨付きの技術を持つ代表が、アイデアを絞り的を得た工事を丁寧に行うところ
会社名 久保田板金
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:2名 専属外注:0名
建設業許可 なし
保有資格者 一級建築板金技能士:2名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:1名
高所作業車運転者:1名
職長安全衛生責任者:1名
石綿取扱作業従事者:1名
足場の組立て等作業主任者:1名
玉掛作業者:1名
特徴 リフォーム業
金属屋根工事業
その他屋根工事業
樋工事業
対応地域

長野県

アフターフォロー体制 工事内容によってご希望があれば保証書を発行しています。
工事後も何かありましたらお気軽にお声かけください。
代表者 久保田 春紀
代表者経歴 久保田板金 代表
2002年3月:宮田村立宮田中学校 卒業
2002年4月:長野県駒ヶ根工業高等学校 入学
2005年3月:長野県駒ヶ根工業高等学校 卒業
2005年4月:株式会社二見屋 入社
2005年4月:長野共同高等職業訓練校 入学
2007年10月:認定能力開発校訓練生製図技能コンクール 最優秀賞受賞
2008年3月:長野共同高等職業訓練校 卒業
2010年3月:株式会社二見屋 退社
2010年4月:久保田板金 入社
2011年2月:第33回全国建築板金競技大会 技能競技の部 出場
2015年2月:第37回全国建築板金競技大会 技能競技の部 優勝
2015年4月:久保田板金 代表就任
2016年2月:第38回全国建築板金競技大会 建築技術の部 優勝および特別表彰
所在地 〒399-4301
長野県上伊那郡宮田村7830 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日、祝日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店