HOME > 「屋根が 古くなってきた」について

「屋根が 古くなってきた」について

「屋根が 古くなってきた」に関するひとくちメモ
屋根が古くなってきたときに相談に乗ってくれる屋根工事店を表示しています。
屋根を新しくするためには塗装する場合もあれば屋根を葺き替えた方が良い(長期的に見て安くなる)場合があります。
屋根の寿命は屋根材により異なりますが、一般的に瓦屋根は20~40年、化粧スレートは10~25年、金属屋根は10~25年と言われます。劣化の状態に加えて、どんな屋根材を使っているかによっても、その後の修理方法は変わってきます。
また、屋根全体ではなくとも部分的に古くなったり壊れたりすることがあります。瓦屋根の場合は、瓦の固定や接着に使われる漆喰(しっくい)の劣化への対策も必要です。この部分にひびや剥がれが出た場合、瓦を固定している力が弱まるため風や地震で瓦がずれたり、ひどい場合には瓦の落下に繋がってしまうことがあります。
一方、金属屋根の場合には、長年のうちに軒先部分が錆びてしまうことがあります。サビが進行するとその部分に穴が開き、風や雨に対する屋根の機能が低下してしまいます。
まずは見てもらって屋根の状態がどうなっているか教えてもらいましょう。

「屋根が 古くなってきた」についての記事

「屋根が 古くなってきた」についての新着記事

「屋根が 古くなってきた」に対応できる工事店

その他の地域その他の地域
HOME「屋根が 古くなってきた」について