HOME > 「屋上防水がはがれて 雨が浸透してくる」について

「屋上防水がはがれて 雨が浸透してくる」について

「屋上防水がはがれて 雨が浸透してくる」に関するひとくちメモ
マンションの屋根のような平たい屋根(陸屋根と言います)で屋上の防水シートなどが剥がれているときに相談に乗ってくれる屋根リフォーム・屋根修理店を表示しています。
このような屋根の工事は一般に防水工事と呼ばれます。防水部分が紫外線に直接当たってしまい劣化することから、10~15年で取り替えが必要と言われています。
■防水工事の種類(例):シート防水/塗膜防水(ウレタン防水、FRP防水)/アスファルト防水
■シート防水とは:シート防水には、塩ビシート防水(塩化ビニール樹脂で作られたシート)とゴムシート防水があります。一般的には屋上などで用いられています。
■塗膜防水とは:塗膜防水とは、シートとは異なり、液体で防水の層を作っていく工法です。現在日本で行われている防水工事の大部分を占めるのがウレタン防水、5層の防水層で形成され、耐熱・耐水・耐久性に優れているのがFRP(ガラス繊維プラスチック)防水です。
■アスファルト防水とは:合成繊維不綿布にアスファルトを染み込ませ、回りにもコーティングしたシート状のルーフィングを重ねることで防水層を形成する工法です。
■防水工事の寿命:シート防水10~20年/塗膜防水(ウレタン防水)10~15年、塗膜防水(FRP防水)10~15年/アスファルト防水15~25年。
詳しくはお問い合わせの際に屋根リフォーム・屋根修理店にお尋ねください。

「屋上防水がはがれて 雨が浸透してくる」についての記事

「屋上防水がはがれて 雨が浸透してくる」についての新着記事

「屋上防水がはがれて 雨が浸透してくる」に対応できる工事店

その他の地域その他の地域
HOME「屋上防水がはがれて 雨が浸透してくる」について