HOME > やねいろはをご利用頂いたお客さまの声を見る > A.Nさま(60代)
ご利用頂いたお客さまの声
ご協力頂いたお客さま
イニシャル
A.Nさま(60代)
ご職業
自営業(農家)
ご家族
お二人住まい
築年数
約40年
工事歴
自分の家の納屋として使っている建物の屋根が、数年前の大雪の影響を受け瓦が崩れてしまっていた。自分でずれた瓦を並べ直したりしていたが、とうとう雨漏りしてしまっていた。
ライフプラン
納屋なので、最低10年保つようにしてほしい。今は人は住んでいないので、過剰な工事はしてほしくない。
依頼した屋根工事店
有限会社島田建商
Q今回、屋根工事を依頼しようと思った理由をご記入ください。
今回はどうして屋根工事をしようと思われたのでしょうか?
3~4年前にこのあたりでは大雪の日がありました。2階の屋根に積もった雪がほとんど氷になった状態で1階の屋根の上に落ちてきてしまいました。その時に瓦が割れてしまったり、樋が壊れてしまったりということが起こったのですが、2年くらいはそのままにしていました。そうすると、ある時軒の部分の瓦の下の木材がくさり、下から上を見上げた時に、木材がなくなってしまい、瓦が見えているところがあったのです。これはまずいと思って工事をお願いすることにしました。また工事をお願いする前には自分で、落ちた瓦を屋根の上に持っていき、上に重ねていたのですが、瓦って一枚一枚釘で止まっているんですよね。その時に初めて知ったのですが、これは自分ではできないと思いました。
では、屋根工事をお願いしようと思ったきっかけは、雨漏りによって屋根下地が腐り、下から瓦が見えてしまっていたということだったのでしょうか。
そうですね。あとは、今は納屋として使っているけれど、今後屋根や家の躯体を直しておかないと、放火されたりしてしまうのではないかという不安もありました。気持ちとしては、見た目のきれいさよりも「10年保てば良い」という感じでしょうか。あとはちょうど申請していた補助金が降りたこともあって、それも工事の後押しをしてくれたのはありますね。
なるほど。ではいろんな条件が重なって今回の工事を決められたということだったのですね。
そうですね。
Q屋根工事をする前に、不安だったことはありましたか?  また、その不安は解消されましたか?
工事を依頼する前に、何か不安だったことなどはありましたか?
そうですね。インターネットだと沢山の会社が出てくるので、ここに頼もうという会社を見つけるのが大変でしたね。他のサイトを探してみたら関西の会社だった、ということもあったので。あとは、インターネットで依頼して、本当に工事に来てくれるのだろうかという心配はありました。普段からインターネットでモノを買ったりはしていますが、いざとなると不安でしたね。だからこそ近いところで探そうと思いました。
そこから島田さんに工事をお願いしようとお考えになったのはなぜですか?
今回、島田さんに工事をお願いしようと思ったのは、住所を見たときに比較的近くだし、有限会社ということは、家族でやっているのかな、というところにもなんとなく安心感があって。何かあったときでも、すぐに聞きにいけるかなと思ったのです。そして問い合わせをした、という流れです。
実際に島田さんに問い合わせをしてからはどうでしたか?
問い合わせをしたら島田さんから連絡が来て、実際の現場を見ながら話をしましたね。その時に、過剰に工事をしないでほしいことや、これからのこの納屋をどれくらい保つようにしたいかを相談しました。島田さんはしっかりその要望を受け止めてくれた上で話をしてくれたので、ああ良い人でよかったと、そこがとても信頼できましたね。
ありがとうございます。今後住む予定はないかもしれないが、この家を残したいというA様の要望を伺いましたので、そちらを念頭にどんな工事ができるかを考えましたね。最低でも10年保たせたいというところと、人が住むところではないので簡易でも良いというところ。A様のご要望を伺いながら、今回は「悪いところを直す」工事が適切だと思い、ご提案をさせていただきました。仮に、どなたかがお住まいになるのなら、別の提案をさせていただいていたと思いますが、今回はそうではないということだったので、A様のご要望を一番大切にしましたね。
島田さんから工事をする際に何かアドバイスなどはありましたか?
島田さんからは、青色の瓦は滑りやすいのでご自身では登らないように気をつけてくださいね、と言われましたね。
はい。青緑色の釉薬瓦は表面がつるつるしていて滑りやすいのです。前にご自身で登られたと伺ったので念のためお伝えしました。
あと、屋根の上のアンテナも倒れていたので島田さんにお願いして取ってもらったのです。
これはA様に教えてもらったのですが、アンテナが倒れたままだと誰も住んでいないと思われて放火の対象となってしまうことがあるんだそうです。私もそれを聞いてなるほどと思ったので、撤去を行いました。
Q実際に屋根工事を依頼しての率直な感想をお願いいたします。
手直し方法(希望)とはどういったことだったのでしょうか?
この家には住まない予定だったので、10年くらい保てば良い工事をしてほしいというところですね。高い材料で見た目を良くしたりすることは望んでいませんし、工事箇所についても、特に不要な箇所については部材を取り付けなくても良いと考えていました。そういったところも踏まえて島田さんは「それであればここの樋は付けなくても大丈夫。でも人が通るこの部分にはあった方が良い」という風に教えてくれたのです。話をしたことを理解してちゃんと伝えてくれたこと。これが安心になりましたね。
ありがとうございます。私たちとしても、近いところのお客さまだからこそ緊張するというか。何かあればすぐに噂は広まってしまいますし。そういった意味でも気が引き締まりますね。
それにしてもA様はご自身で樋の取り付けや倉庫づくりのご経験があったのはびっくりしました。
昔ね、そんなこともやっていましたので。
農家の方はよくご自分でものをつくられていますよね。A様と初めてお会いしてたときにその話を伺って、工具を使うのが好きな方なんだな、というのはすぐに分かりました。
ええ。樋も自分で付けたこともあって、今回の樋工事も見させていただいたんですけどね。あれ、勾配なんかをつけるのも難しいんですね。職人さんが糸を引っ張って「もっとちゃんと張って」と言われているのを聞いて、これは自分でするのは難しいなと思いましたよ。とても勉強になりましたね。
そこまでしっかりと見られていたのですね。では、実際工事をしてみて良かったですか?
良かったですね。自分の子どもたちがもし屋根工事なんかで困っていたら良い人がいるよって島田さんを紹介したいと思いますよ。決めるのは本人たちですけどね。そんな機会があったらぜひ。
ありがとうございます。
これから屋根リフォームを検討されている方、そして屋根にお困りの皆さまは、ぜひこちらの例も参考にしてみてくださいね。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)