HOME > やねいろはをご利用頂いたお客さまの声を見る > S.Hさま(60代)
ご利用頂いたお客さまの声
Q今回、屋根工事を依頼しようと思った理由をご記入ください。
テレビ会議は繋がりましたでしょうか?
はい、繋がりました!
ありがとうございます!普段からお使いということで、とても慣れていらっしゃいますね。それでは早速なのですが、今回の工事を依頼しようと思ったきっかけから伺ってもよろしいでしょうか?
家を建ててから今まで修理はしてこなかったのですが、2年ほど前に瓦の漆喰が少なくなったことに気づきました。今後も住み続けることを考えたときに、今修理しておいた方が良いと思って修理をお願いしました。
そうだったのですね。漆喰が少ないというのは、どのタイミングで気づかれたのですか?
10年前くらいから訪問販売の業者に「漆喰がもうダメですよ。私たちが安く工事できますよ」と言われたりしていましたが、まだ修理の必要はないと思っていました。ただ、子どもがいなくなって部屋を移った時に2階の窓から見たら、漆喰が少なくなっているのが見えたり、周りの友達が築20年ほどで漆喰をやり直したという話も聞くようになって。そこで考えたら、うちは35年くらいになるのにまだ一回もやっていないので「これはまずいかな」と思ったんですよね。
そうだったのですね。実際に漆喰の工事が必要だと思ってからは、どのように動かれたのですか?
数年前に友達がした漆喰工事の様子や、ご近所さんの工事の様子を見ていたら、そこは足場を組まずに空いた隙間を漆喰で埋める工事をしていました。それを見て、今あるところに漆喰を足して埋める感じになるのかな、というイメージは持っていました。
なるほど。漆喰については、インターネットなどで情報収集をされたのですか?
いえ、そこまで専門的には調べませんでした。周りの工事を見て、漆喰が少なくなっている所に足したらいいんじゃないかと思い、一時期DIYで直すことも考えたんです。それまでに家の壁紙を貼り替えたりキッチンの水回りを交換したりしていたので、漆喰もホームセンターなどで買ってきて自分できるかなと思いました。
DIYも考えられていたのですね!
でも瓦がツルツル滑るようなものだったので、屋根に上がるのは危険だなと思いまして。
確かに、屋根に登るのは危なくて怖いですよね。それで専門の工事店に依頼しようと思われたのですね。工事店はどのように探されたのですか?
最初は知っている人が地場の大工屋さんに頼んだというのを聞いて、その業者を調べてみました。そしたら(工事店ではなく)建材屋さんだったので、知り合いはその業者と深いつながりがあったから頼めたのかもしれませんが、自分は難しいと思いました。それで自分が知っている建設業者に頼もうかとも思ったのですが、一から家を建てる工事に比べたら漆喰工事はその1割にも満たないという気がして気後れしてしまい。小さい金額でも工事をしてくれる専門業者がいないかと思って、インターネットで調べました。「漆喰 屋根工事」などで検索したらやねいろはがヒットしたんですね。
そうだったのですね!見つけていただいてありがとうございます。地域名などでは検索されなかったのですか?
それはやねいろはのサイトに入ってから絞りましたね。工事店が一覧で出てきて、見ていたら「日立市の人がいる!」と思って。それで伊藤工業さんの記事を見つけてプロフィールを読んでみました。まず住所を見たら、地場の私も行けるところに住所があってそこに住んでいると。さらに独り身じゃなくて子どもたちもいるな、ということは悪いことはできないな、という判断でしたね。でもプロフィールからは漆喰工事ができるかどうかは分からなかったので、やねいろはの問い合わせフォームから「漆喰工事はできますか?」と書いて送ったら、「もちろんできますよ」という返事がきて、それでは見積を、という話になりました。
なるほど。記事を読んで印象に残った箇所はありますか?
問い合わせしたときはプロフィールしか読みませんでした。その後読んだときは、「日立にいてあんまり大きくない。将来は大きくしたいけど」という話があって。正直、損な文章になっていると思いました(笑)でもそこが良いなと感じましたね。
ありがとうございます(笑)そう言っていただけと私たちも嬉しいです。
Q屋根工事をする前に、不安だったことはありましたか?  また、その不安は解消されましたか?
工事をする前に不安なことはありましたか?
やはりきちんとした工事をしてもらえるか、ですね。どこを基準にするかは人それぞれだと思いますが、自分の場合は地場で仕事を一生懸命やっていて、規模も大きくなくて、長くやっているところが信頼できると思いました。暴利を貪るのであれば長くはできないと思うので、その地域でずっとやっているということは、客観的に信頼できるだろうと。
確かにその地域で信頼を築いているかは、業者選びの上で大事ですよね。ちなみに、工事店の規模としては、伊藤工業様のように一人でされている方もいれば、10名ほど従業員がいるところ、工務店のように何十人といるところなどあると思いますが、S様はその辺りをどう考えられていますか?
物量によると思います。1000万円の工事は一人業者には頼めないですし、逆に100万円以下の工事だったら一人業者の方が良いかなと思います。人件費や管理費など、大きい会社ほどその固定費が多くかかってしまうので。実は、自分も会社勤めの時に経験がありまして(笑)小さな工事でも管理費などで大きな金額の見積を出さざるを得なかったんですよね。
なるほど、ご自身の経験でもあったのですね!それで言うと、今回は100万円以下の工事で、伊藤さんお一人でされていて、しかもその方が信頼できそうだ、というところでお願いされたのですね。
そうですね!
伊藤工業様に連絡を取ってからは、どのような流れで進んでいったのですか?
まず現地調査に来られて、その場で撮った写真を見せて説明してもらいました。漆喰が剥がれていることや、屋根の谷間にある銅板に穴が空いていることなど、自分では気づかなかったところも教えてもらいましたね。
写真を一緒に見ながら説明があったのですね。その後の見積についてはいかがでしたか?
見積をもらった時に、「あれ、ちょっと高いな」と思いました。5~6年前に友達がやったのと同じような面積なのに、自分の方は倍くらいの差があったので。それで「漆喰で埋めるような工事じゃないの?」と聞いたら、「今は工法が変わっていて、昔の工法のままではすぐに傷むから粘土を取り外して施工するんです。工法はこういうのをやるのでちょっと高くなるんですよ」と。自分の考えていた漆喰工事のイメージとは違ったので、その説明を聞いて「そうなんですか」と、そこで納得が行きました。
そうだったのですね。具体的にどのようなお話だったのですか?
昔のやり方は、棟の上に粘土、その上に丸い瓦を置いて、漆喰で埋めていたそうです。ところが今は、棟に建具を等間隔で設置して、その上に棒を通して、その棒と平瓦を結んで上に丸い瓦を乗せる、その間を漆喰で埋めるのだと。そうすることで昔より丈夫になる、という話でした。そういう工事をするから、道具を屋根まで持ち上げるために足場が必要だと。近所の人は単にハシゴだけを掛けてやっていましたが、この工法でやるために登り降りの足場や道具を上げるエレベーターが必要だという説明がありましたね。
なるほど、とても分かりやすいですね!漆喰で隙間を埋めるわけではなかったと。
そうです。この家は最初に建ててから3~4年後に増築しています。なので増築したところと最初に建てたところが少し違っていて、増築したところは今伊藤さん達が施工している新工法なんだそうです。我が家は旧工法が4か所と、新工法が1か所あったので、旧工法のところは、今回新工法で施工していただいて、既に新工法の1か所は漆喰だけ直してもらいました。そしたらトラック1台分の粘土が不要になって出てきてびっくりしましたね(笑)
そんなにあったのですね!ということは、見積は新しい工法で丈夫な施工をするための金額だったのですね。
はい、伊藤さんの説明は詳しくて、とてもロジカルでしたね。
そこがS様にとって納得できたのですね。もう一つあった谷間の銅板はどのようなお話があったのですか?
銅板に穴が空いていると言われ、写真を見せてもらうと「これはひどいな」という感じでした。今は銅板の下に敷いてある防水シートのおかげで雨漏りしていないだけで、放っておくと悪化すると。「じゃあそれも見積に入れてください」とお伝えしました。銅板は酸性雨か何かで銅が侵食されて、水が流れる跡がついていました。そこを銅ではなく、他の強い金属に交換してもらいましたね。
なるほど。谷の入れ替えもプロという感じですね。
Q実際に屋根工事を依頼しての率直な感想をお願いいたします。
実際の工事はいかがでしたか?
とても良い工事をしていただきました!スケジュールも問題なく、電話でやり取りして打ち合わせの日を決めて行きましたが、トラブルは何もありませんでした。工事期間もきっちり守られていたので、終わりも予定通りになりましたね。
そこがスムーズに行くかは大事ですよね。工事以外の所で気を揉むのは疲れてしまいますし。
はい、それで言うと1点気を揉んだのは「足場屋さんが3日間のうちのどこかで来ます」と言われたことですね。「この日に来ます」ということではなかったので、いつ来るのかな?と思っていました。まあ足場屋さんも現場を掛け持ちしながらだと思うので、なかなか時間単位で動けるものではないだろうとは思いましたが。
なるほど。時間までは難しくても、日にちは決めてもらえると助かった、ということですね。
あと感動したのは、こちらが「家のトイレや水回りを使っていいよ」と言っても、絶対に中に入ってきませんでした。立派だなと思いましたね。1日だけ、伊藤さんに「工事開始の時にはいないよ、最中には帰って来ます」と伝えた時もありましたが、問題なく工事をしていただきました。「外回りをやっているから中には絶対に迷惑をかけない」みたいな矜持があるんでしょうね。本当に立派だと思います。
S様の伊藤工業様に対する信頼は、アンケートからも伝わって来ました。「絶対的な自信をもって紹介できる」というお言葉をいただいていますが、具体的にはどのようなところでそう思われたのですか?
やはり工事内容が金額に見合うと思ったのと、人当たりの良さ、彼の自信を感じたことですね。「もう漆喰周りで絶対に問題は起きません」と言われて。言葉だけなら誰にでも言えますが、伊藤さんのは本当の自信から出た言葉だなと感じました。
なるほど、S様の直感が働いたということですね。これまでのご経験が豊富というところもあるのでしょうね。
僕も(仕事で)色々なお客さんに会ってきたのでね(笑)もし伊藤さんのことが「ちょっとな、、、」ということであれば、やねいろはの他の工事店にお願いしようと思っていました。そうならなかったのは伊藤工業さんの文章に惹かれての結果でもありますね。
私たちもまさにS様のように、文章を読んで職人さんのことを知ってから依頼しようと思ってもらえることを目指しているので、とても嬉しいです。
あの文章は良かったですね。何となく引っかかって、私にはビビッと来たんですよね。どこの部分というのは覚えていませんが、家族のためにも地場で足を踏ん張って頑張っていると。「家族のためにも」というところが(ビビッと)来たのかな。「家族のためにもう少し大きくしたい」というのがあって、それだけ家族のために頑張る人が、下手なことはできないだろうと。下手なことをやっていたら後ろに手を回すことになるから、そうなったら家族のためとは言えないので。
なるほど、そしてそのイメージは工事が終わるまで変わらなかったのですね。伊藤工業様へ、最後にメッセージはありますか?
今のようにどこまでも実直にやってほしいですね。あとは良い施工をしてくれたという感謝です。
その感謝の言葉が一番喜ばれるかもしれませんね。
喜ぶというより、それくらいの満足いく工事内容を提供してこその職人だと思っているかもしれませんね。
なるほど、それぐらいの自信があると!
そうそう(笑)技術的なこだわりがとても強い方だと思いました。その後ろには、家族というものを絶対に守らないといけないっていう強い想いがあると思います。私からは頑張ってとしか言えないですけどね!
外装や屋根にお困りごとがある方、ご近所に知り合いの工事店がいない方、新築時の工事店にご相談ができない方、ぜひご参考にしてみてくださいね。

この工事店にすぐに問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根のことで困ったときは
「やねいろは」へご相談ください!

「やねいろは」は当社規定の掲載基準をクリアした、顔が見れる地元の屋根工事店のみ掲載。お客様自身が直接、地元の屋根工事店に依頼が可能です。屋根工事依頼をお考えの方は、ぜひご活用ください。

地元の屋根工事店を探す

あなたの地元の屋根工事店を自分で探せます。気になる工事店があれば、工事店にお問い合わせすることも出来ます。

電話でのお問い合わせ

0120-920-302

受付時間9:00~18:00(土日祝日を除く)

屋根トラブルでお急ぎの方や電話でご相談したい方は、上記フリーダイヤルにお気軽にご連絡ください。
※ご利用の際は、利用規約に同意したものとみなされます。

  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A
災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ