HOME > 「屋根が 色あせてきた」について

「屋根が 色あせてきた」について

「屋根が 色あせてきた」に関するひとくちメモ
屋根が色あせてきたときに対応してくれる屋根工事店を表示しています。
家を建ててから何十年も経つと屋根が色あせてくる場合があります。屋根は雨風や紫外線が一番に当たる、家の中で最も過酷な場所です。色あせは見た目が良くないこともありますが、屋根の塗装がなくなると塗装による防水効果(塗膜で水をはじく効果)がなくなり、水が家に侵入しやすくなります。また、屋根材の色あせは塗膜の劣化の初期段階に出てくるもので、防水効果の低下につれて屋根の表面に苔の発生や汚れの蓄積が起こり、そのまま放置しておくと屋根材そのものの劣化も進行してしまいます。
そこで、一部の屋根材(いぶし瓦など)を除き、大半の屋根材は定期的な塗装が必要となります。塗装の頻度は、どんな屋根材を使っているか、その耐用年数によって異なりますが、短いもので10年弱、長いもので30~40年程度と言われています。
また、なかには20~30年以上経った屋根は塗装しても数年で塗装が剥がれやすくなってしまうこともあるので、その場合は屋根材そのものの取り替えや別の屋根材で今の屋根をカバーする方が長い目で見てコストが安くなります。
まずは工事店に見てもらいましょう。

「屋根が 色あせてきた」についての記事

「屋根が 色あせてきた」についての新着記事

「屋根が 色あせてきた」に対応できる工事店

その他の地域その他の地域
HOME「屋根が 色あせてきた」について