HOME > 「地震に強い 屋根にしたい」について

「地震に強い 屋根にしたい」について

「地震に強い 屋根にしたい」に関するひとくちメモ
地震に強い屋根にしたいときに相談に乗ってくれる屋根リフォーム・屋根修理店を表示しています。
地震に強い屋根と一口で言っても色々あります。軽い屋根は地震に対する揺れが小さくなりますし、同じ重量でも留め付けを最新の工法で行うことで屋根が落下するのを防ぐことができます。
■ガイドライン工法とは:瓦屋根工事では、全日本瓦工事業連盟が「ガイドライン工法」を2001年より推奨しています。大震災や台風を想定し、それに耐えうる瓦屋根の施工方法をまとめています。ガイドライン工法が普及する前では「非防災瓦」が使用され、瓦は4枚に1枚しか留付けが行われていなかったこともあります。「ガイドライン工法」では「防災瓦」が主流となり、瓦も全数緊結が基本とされています。
■防災瓦とは:瓦にフックのような形状のものが付き、瓦と瓦をかみ合わせることで固定力が増すものです。
詳しくは、屋根リフォーム・屋根修理店にお問い合わせの際にお尋ねください。

「地震に強い 屋根にしたい」についての記事

「地震に強い 屋根にしたい」についての新着記事

「地震に強い 屋根にしたい」に対応できる工事店

その他の地域その他の地域
HOME「地震に強い 屋根にしたい」について