HOME > 「瓦が落ちた」について

「瓦が落ちた」について

「瓦が落ちた」に関するひとくちメモ
台風などで屋根の一部が落ちたとき、屋根が古くなって屋根が落ちてきたときに対応してくれる屋根リフォーム・屋根修理店を表示しています。台風などが来たときは屋根リフォーム・屋根修理店に多くの問い合わせがあり一時的に対応が遅れる場合もあります。
まずは問い合わせて状況を伝えることが肝心です。■瓦はどのように固定されているのか:「一般社団法人全日本瓦工事業連盟」及び「全国陶器瓦工業組合連合会」監修のもと、屋根工事に関しての「ガイドライン」が設けられています。ガイドライン工法では大震災や台風の際にも瓦が飛ばないことが想定されており、2001年より普及しています。
■ガイドライン工法:「桟」部分の瓦については、全ての瓦を桟木に固定する「全数釘打ち」が推奨されています。「棟」部分の瓦については、「棟金具」と呼ばれる部材を用いて、棟部分の芯となる木材を固定することが推奨されています。棟部分の土台となるのし瓦は、向き合う瓦同士を緊結線で緊結し、のし瓦の上に取り付ける冠瓦はパッキン付のビスで棟補強芯材に留め付けることが推奨されています。
詳しくは、屋根リフォーム・屋根修理店へお問い合わせの際にお尋ねください。

「瓦が落ちた」についての記事

「瓦が落ちた」についての新着記事

「瓦が落ちた」に対応できる工事店

その他の地域その他の地域
HOME「瓦が落ちた」について