HOME > 屋根の情報 > 太陽光を屋根につける前に

太陽光を屋根につける前に

近年、太陽光発電システムがついた屋根を多く見るようになりました。政府の補助金や固定価格買取制度も手伝って、太陽光発電システムは急速に普及しています。
その前に一歩立ち止まって、まずは太陽光発電システムを屋根につけることのメリット・デメリットを考えてみましょう。
メリット
  • 発電した電気を使えて、余った電力は売電もできる
  • 環境を汚さない
  • 月々の電気代が安くなる
  • 災害・停電時の非常用電源として使える
  • 断熱効果も期待できる
デメリット
  • 施工業者のレベルが低い場合に雨漏りのリスクがある
  • 夜は発電しないし、蓄電できるわけではない
  • 常に発電しているわけではない
  • 設置費用が高い
  • 発電量が不安定
  • 屋根に一度付けてしまうと屋根材の補修(メンテナンス)がほぼ不可能
    (太陽光モジュールを補修前に一度取り外さないといけない)