HOME > 屋根の情報 > 屋根のリフォーム方法

屋根のリフォーム方法

屋根のリフォームには、「塗り替え」「カバー工法」「葺き替え」「補修工事」という大きく分けて4つの工法があります。

塗り替え

サビや色あせが目立ってきたら「塗り替え」を

セメント瓦や化粧スレート、金属屋根は、塗料を塗って色を付けています(一方で釉薬瓦やアスファルトシングルなどは釉薬を高温で焼き付けて着色しているので、色褪せは非常にしにくいです)。したがって、色あせやサビが目立ってきたら、まずは「塗り替え」を検討してみて下さい。また、塗料は色を付ける以外に防水する効果もあるので、塗り替えることで雨漏りなどにも効果があります。
一方で、長年経過した屋根だと塗料を塗ってもすぐに塗料がはがれてしまうこともあります。一つの目安ですが、20年以上経った屋根は、塗り替えても少し時間が経つと塗料がはがれやすくなるので、塗り替えの費用に合った効果が期待できません(この場合は、あとで説明する「カバー工法」か「葺き替え」になります)。したがって、塗り替えは10年毎に行うことをオススメします。

カバー工法

既存の屋根を撤去せず、上にかぶせる「カバー工法」

塗り替えでもダメな場合は、屋根材をいったん降ろして新しく付ける「葺き替え」か、すでに載っている屋根材の上に新しい屋根材をかぶせる「カバー工法」があります。ここではカバー工法について説明します。
カバー工法は化粧スレートが付けられた屋根によく用いられる工法です。なぜなら、過去に使われた化粧スレートにはアスベストが含まれており、その撤去に莫大なお金がかかるためです。カバー工法では化粧スレートなどの屋根材は撤去せず、家を取り壊すときにまとめて屋根も壊すため、屋根を葺き替えるときの工事代が安くて済むというメリットがあります。
したがって、「自宅の屋根(化粧スレートや金属屋根)が傷んできたので屋根を変えたい。ただ今は屋根にそこまでお金をかけたくない」という方に向いているのがカバー工法と言えます。元々ある屋根の上に新たな屋根材を付けるので、軽い方が良いという考え方から、カバー工法には化粧スレートや金属屋根材がよく使われます。なお、雨漏りの原因が屋根材の下にある野地板が傷んでいるといった理由ですと、雨漏りを止めるために野地板を変えないといけないので、カバー工法は使えません。

葺き替え

住まいの耐久性を向上させる葺き替え

「葺き替え」は、すでにある屋根材をいったん降ろして新しく付ける工法です。古くなった瓦やセメント瓦、金属屋根によく使われます。
古くなった瓦や20年以上経ったセメント瓦や金属屋根は塗装しても塗装がはがれてしまうため、葺き替えがオススメです。また、長年経った屋根は屋根材の下の野地板が傷んでいる可能性があり、野地板を変える場合にも葺き替えないといけません。野地板が傷んでいるかどうかは屋根工事店さんがチェックしてくれますので、屋根を付け替えるときには屋根工事店さんに相談してみて下さい。 葺き替えには、釉薬瓦や化粧スレート、金属屋根とほぼ全ての屋根材がよく使われます。

補修工事

瓦の「ズレ」や「浮き」などを直す補修工事

「補修工事」は言葉の通り、屋根が一部壊れたときや、屋根にズレや浮きが出てきたときに行う一時的な工事です。
補修工事は工事費用が比較的安く済むこともあり、「何年か後に新しい家を建てることを考えているけど、今はとりあえず雨漏りを直したい。応急処置で良い。」といった方に人気です。
一方で、長年経った屋根ですと、補修工事を何度も行わなければならないため、結果的には早めに葺き替えなどをしていた方がトータルの工事費用を安く抑えられたといったこともあります。補修工事と葺き替え(またはカバー工法)のタイミングを見極めることが重要と言えます。