災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

屋根にぴったりな部材の提供で、手仕事のこだわりと楽しさを伝えたい

有限会社西嶋板金工業

山口県 下関・宇部

山口県板金工業組合

有限会社西嶋板金工業

山口県下関市豊田町の有限会社西嶋板金工業は、金属屋根のリフォーム・修理工事全般、雨樋工事を中心に手掛ける屋根工事店。既製品に頼らず、住宅に合ったオリジナルの屋根部材を現場で作り出すこだわりよう。雨漏りに強く美しい屋根を生み出す作業に、労力をいとわない会社です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON自動車部品設計士からの屋根工事業継承。畑違いでも、ものづくりの面白さは同等だった

有限会社西嶋板金工業(以下、西嶋板金工業)は、山口県下関市豊田町に位置する金属屋根のリフォーム・修理工事全般、雨樋工事を中心に手掛ける屋根工事店。板金形成機を現場へ持ち込み、金属板を住宅に合わせてぴったりのサイズに加工できる強みがあります。

「ちょっと自慢になりますが昨年、全国の板金競技大会で第5位でした。今ね、この大会への出場に子どもみたいに夢中になってます。他の出場者の年代も近いし楽しくてしょうがないです」と、嬉しそうに2018年全国建築板金競技大会技能競技の部の賞状を見せる、西嶋板金工業専務取締役の西嶋拓也さん(以下、西嶋さん)。

西嶋板金工業は、西嶋さんの祖父が1972年(昭和47年)に創業した屋根工事店。祖父は金属屋根工事店で勤めたのち、「オレにもできそうだ」と独立したそうです。
「祖父は真面目な人でしたが、臨機応変、ともすれば向こう見ずな人だったみたいです。現社長の私の父は、完全にその血を受け継いでいます。寺社仏閣の屋根葺き替えもできる技量のある人ですが、そもそも神社の屋根をやるようになったのは、1990年(平成2年)に近所の豊田神社の葺き替えの話が出た際に『西嶋さんできる?』と打診されて、ノウハウもない中で引き受けたのが始まりなんです」
受注をしたからには完遂すべしと、西嶋さんの父は必死に神社の屋根を観察し、独学でその仕事をやり遂げました。1件を完工すると、その後も地域の寺社仏閣の屋根リフォーム・修理の話が舞い込むようになり、以来、30年近くこの地域で寺社仏閣の屋根リフォーム・修理の仕事を受けてきたのです。

そんな父の息子である西嶋さんはというと、建設機械、いわゆる「働く車」が大好きな子どもでした。「保育園の時からピアノ、小学校では和太鼓、音楽と車が好きな幼少期でしたね。中学生になってからは『働く車熱』の延長か、スポーツカーに興味を持ちました」
高校進学時は、「いずれ屋根工事店を継ぐから」と建築科のある学校を選択。しかし大学進学時は「車」への思いが再燃し、工業大学へ進みました。
「学生フォーミュラ大会に仲間と設計したフォーミュラカーで出場して、在学中はすっかり車にハマっていました。そこで溶接や機械加工の技術を身に付けたので、自動車部品設計ができる会社で、メーターなどハンドル周りの計器を設計する仕事に就いたんです」
西嶋さんは自分の作ったものが世に出る喜びを味わい、こんな楽しい仕事はないと感じていました。やがて2014年、自動車会社で勤務して5年が経った頃、父と話し合いを重ね、家業を継ぐ決心をして西嶋板金工業へ入社します。

実は西嶋さん、そこで生まれて初めて歯痒い思いをしたそうです。
「それまで、私はなんでもある程度こなせていたんです。大学もすんなり進学したし、大学でフォーミュラカーを作っていた経験を活かして、会社でも楽しく仕事をしていました。会社の先輩は丁寧に新人の面倒を見てくれたけど、職人の世界では、仕事は『誰かが教えてくれる』ものではなかったし、やってみてもなかなか上手くいかない。ぼんやりしてたら誰も助けてくれないわけです。見て真似て、その繰り返しで技術が身に付く。それに気がついて、そこから努力努力の日々でした」

西嶋さんは、今後は西嶋板金工業でしかできない仕事を生み出したいと言います。最近の屋根リフォーム・修理工事は既製品の屋根素材を使うのがスタンダードですが、西嶋板金工業では金属板の成型機を現場へ持ち込み、その住宅にぴったりの屋根材を作ります
「その修理箇所にあったサイズの部材が使えるので、継ぎ目がありません。雨漏りにも強くて美観にも繋がります。継ぎ目のない軒は、本当に美しいですよ。世の中の人は板金屋って何? 金属屋根って何?って人が多いと思うんですが、この技術の素晴らしさをもっと世の中に伝えていきたいですね」

詳しく見る閉じる

WORK既製品はなるべく使わない。継ぎ目のない部材で、雨漏りに強く見た目も美しい屋根に

山口県下関市豊田町の西嶋板金工業は、金属屋根のリフォーム・修理工事全般、雨樋工事を中心に手掛ける屋根工事店です。

西嶋板金工業の強みは、現場でその住宅にあった屋根部材を作れること。
「なるべく既製品を使わずに施工します。水切り(※1)、唐草(※2)共に6mくらいまでなら継ぎ目なしで成型できます。施工も、短いものをいくつも付けるより、長いものを一度で取り付けたほうが継ぎ目からの漏水を防ぐことができます。既製品は、誰が施工しても同様の仕上がりになるとても便利なものです。でも、私は美観や屋根の機能にこだわりたいんです」

西嶋さんは、マニュアルにも頼るけど、それありきでは技術は向上しないと考えています。例えば、立平葺きの屋根の軒先のおさめは、余分なところをハサミで落としてから、唐草をつかみ(はさむこと)ます。しかし、最近は強くはさみ過ぎたことにより、はさんだ狭い箇所に水がまわってしまう毛細管現象で雨漏りを起こす事例が多くなっているのです。
「溜まった水は当然雨漏りの原因になります。わたしはぎゅっとつかまずに直角にまげるだけ。それにもコツがあって鼻隠し(※3)に固定すると、唐草を強くつかまなくても強度が出るんです。横葺きも同様ですね」

仕事をする上で大切にしているのは「常に自分の家だと思って施工する」気持ち。また、次の業者が自分と同じ場所を工事するときに困らないように、養生を残しておく場合もあるそうです。
「仕事に慣れてきた頃に、こう考えるようになりました。自分だけで仕事をしているんじゃない。自分が残しておいた養生で、次に来る職人さんがスムーズに仕事に入れるなら、それはいいことじゃないかと思ってね。あと、屋根の上は職人しか見ないけれど、足跡だらけにして帰りません。徹底的に掃除をして引き渡しますよ」

雨漏り対処では、なぜ雨漏りしたのか?どこから流れてきているのか?の原因究明が大切。見た目だけを直しても、根本的な解決にはならないと西嶋さんは言います。
「明らかに屋根がずれたり割れたりしている場合は、原因も一目瞭然なんですが、やっかいなのは、屋根が正常なのに雨漏りをしている状態です。水が入った場所を突き止め、そしてなぜ水が入ったのかを検証して修理します。雨漏りだけは何軒見ても慣れないですね。水の流れを見切るには、職人の経験値がものを言います。住宅によって原因が様々なので、これだ!という確信がなかなか持てないんです。先日、屋根内部の結露による雨漏りがあったんですが、それは屋根の修理というよりも、通気工法を施したら解決しました。雨漏りは修理そのものよりも原因究明が大切だと痛感しました」

最後に、山口県下関市の気候の特性と屋根リフォーム・修理の特徴についてです。
「海側は風が強いので釘を多めにする場合もありますが、この辺りは気候が穏やかなのでさほど施工に神経質にはなりません。けらば(※4)へ吹き込む風対策をするくらいかな。全体的にスタンダードな施工で問題ないので、お客さまの住宅に合ったリフォーム・修理のプランを考えます」

※1…水切り 屋根の軒先部、ケラバ部、壁際部に伝ってきた水を外側に排出するもの
※2…唐草 軒先(屋根の端)やケラバ(屋根の斜めになっている側の外壁からはみ出ている部部分)に取り付ける水切り用の板金のこと
※3…鼻隠し 雨樋を取り付けている屋根の先端の板
※4…けらば 屋根の斜めになっている側の外壁からはみ出ている部部分

詳しく見る閉じる

MESSAGE他では真似できない独自の屋根部材で、お客さまの満足のいく屋根リフォーム・修理を提供

西嶋板金工業のアフターサービスは、「何か気になることがあれば、いつでもご連絡を」と臨機応変。
「最近の部材は丈夫です。職人がしっかり施工すれば、1年や3年でどうにかなることはないと思います。ただ、台風や豪雨などが続くと見逃した劣化部分から雨漏りをする場合があります。何かありましたらいつでも連絡してください。すぐに点検に参ります」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根の雨漏りや不具合でお困りのお客さま、そして屋根リフォーム・修理工事を検討しているお客さまへメッセージです。
「西嶋板金工業は、既製品ではなくお客さまの住宅ぴったりの部材で施工できます。どこよりも安いという金額ではありませんが、美観や機能性にこだわった屋根リフォーム・修理をしています。また、現場は、掃除を徹底的にするよう心掛けているので、職人が来た時よりも帰る時のほうが綺麗になります。屋根の不具合などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね」

西嶋さんは自動車部品の設計者を経て、今は金属屋根職人。畑違いの業種ですが、今も昔も自分で作り出すものに強い愛情を持っています。西嶋さんのその熱意は、こだわりぬいたデザインの住宅にお住まいのお客さまに、きっと満足いく屋根リフォーム・修理を施すでしょう。

(2019年9月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(有限会社西嶋板金工業)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(有限会社西嶋板金工業)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(有限会社西嶋板金工業)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(有限会社西嶋板金工業)

一番の強み 細部まできめ細やかにこだわった金属屋根・外壁をお客さまに提供できるところ
会社名 有限会社西嶋板金工業
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:5名 専属外注:0名
建設業許可 建築工事業、屋根工事業、板金工事業(山口県知事許可(般―29)第16202号)
保有資格者 一級建築板金技能士:4名
高所作業車運転者:4名
職長安全衛生責任者:2名
足場の組立て等作業主任者:2名
玉掛作業者:4名
金属屋根工事技士:1名
アーク溶接作業者:3名
小型移動式クレーン運転技能講習修了者:4名
フォークリフト運転技能講習修了者:1名
登録建築板金基幹技能者(建築板金):1名
特徴 リフォーム業
金属屋根工事業
樋工事業
対応地域

山口県

アフターフォロー体制 工事後、ご連絡いただければすぐに伺います。お気軽にご連絡ください。
AIG損害保険株式会社の事業総合賠償責任保険(STARs)に加入しております。
代表者 西嶋 拓也
代表者経歴 有限会社西嶋板金工業 専務取締役
2002年3月:下関市立豊田東中学校 卒業
2002年4月:山口県立下関中央工業高等学校 入学
2005年3月:山口県立下関中央工業高等学校 卒業
2005年4月:久留米工業大学 交通機械工学科 入学
2009年3月:久留米工業大学 交通機械工学科 卒業
2009年4月:株式会社ホンダテクノフォート 入社
2014年12月:株式会社ホンダテクノフォート 退社
2015年1月:有限会社西嶋板金工業 入社
2019年1月:有限会社西嶋板金工業 専務取締役就任
所在地 〒750-0442
山口県下関市豊田町稲光476 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日、祝日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店