災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

大切なのはお客さまの安心感。確実な屋根修理で信頼関係を築いていく

有限会社渡辺瓦工事店

富山県 富山

富山県瓦工事業協同組合

有限会社渡辺瓦工事店

富山県富山市三室荒屋の有限会社渡辺瓦工事店は、瓦、金属問わず屋根リフォーム・屋根修理を中心に手掛ける屋根工事店です。その他屋根工事に付随した雨樋や雨押えの板金工事にも対応可能。瓦屋根職人が10名以上在籍しており、大規模な建物にも素早く着手できる強みがあります。

工事店の想い工事店の想い

PERSON会社継承については無理強いはしない。それでも、父の生業は瓦屋根だと知っていてほしい

有限会社渡辺瓦工事店(以下、渡辺瓦工事店)は、富山県富山市三室荒屋に拠点を構える屋根工事店。一般住宅のほか、公民館や社屋など大きな建物の瓦屋根や金属屋根も直します。屋根や外壁と同時に外装・内装リフォームの要望があれば、協力工事店の紹介でスムーズに改修工事が終わるよう努めます。

「戦後の瓦葺き職人は、瓦屋のある土地を渡り歩いていたそうです。祖父も会社を持つ前はそんな感じだったみたいですね。祖父が渡辺瓦工事店を開業したのは1949年。長らく瓦屋根専門でしたが、7年ほど前から金属屋根工事もやるようになりました」と、会社創立の頃について話す、三代目代表取締役の渡辺瑞樹さん(以下、渡辺さん)。

渡辺さんは、中学生の時すでに「将来は親父の瓦屋で働く」と決めていたというから驚きです。
「子どもの頃から現場に入っていて、この仕事に悪い印象は全くなかった。勉強が嫌いだったので高校卒業したら入社するつもりだったんです。けど、母に『ハクをつけるために大学に行け』とハッパをかけられて大学の工学部へ進学しました」
しかし大学卒業時、渡辺さんに「世間を何も知らないまま、実家へ入っていいのか?」という不安がよぎります。
「それまで気楽に学生生活を送っていたんですが、22歳でやっと人生に向き合うようになったというか…。甘やかされて育った自分に気付き、他で経験を積まないと何かまずいと思ったんです。そこで、就職先に家業ではなく他の建設会社を選びました」

ゼネコンでサラリーマンを8年。主に現場監督を務めましたが、そこで「新卒の現場監督」に対する風当たりの強さを感じ、社会で生きることの厳しさを知りました。
「管理の仕事なんですが、ベテランの職人さんや問屋の営業さんから見たら何もできない小僧。休憩にジュースを買いに行かされたり、簡易トイレの用便の始末をしたりの毎日。『こんなことをするために就職したのか』と泣きたくなってね。それでも、石の上にも三年の気持ちで乗り切りました」
3年が過ぎた頃、渡辺さんは金沢の学校建設の現場を上司から任されました。身に付けた知識を総動員させてもわからないことが山積みでしたが、何とか完工に至り、そこからは辛い時期を抜けて仕事にやりがいを感じながら取り組めるようになりました。

当初の心づもりであった30歳までということ、そして自分のスキルにも自信が付いたことをきっかけに、8年のサラリーマン生活に終止符を打ち1994年に渡辺瓦工事店へ入社。瓦屋根工事の職人として技術を磨くとともに、現場監督時代の知識を活かしてリフォームにも力を入れていきました。2002年に母が亡くなったことをきっかけに、会社経営が渡辺さんの主な仕事となり、瓦屋根工事以外の外装全般まで手掛けるようになりました。

今後は、若い世代へ瓦屋根葺きの技術が継承できるよう尽力したいと話す渡辺さん。しかし、会社継承については、自身の子どもに無理強いしたくないと言います。
「やりたい!って言われたら嬉しいですが、瓦屋根に興味がない、もしくはそういった作業をする気持ちがない場合は、どうしても継いでほしいとは考えていません。渡辺瓦工事店を長く続けたい気持ちはありますが、私と子どもの考えが同じとは限らないので固執せずに見守りたいですね。ただ、父の生業として、子どもたちの芯にこの瓦屋の存在があってほしい。若い経営者の方々を見ていると、展望がはっきりしていて感心します。私も会社を今後どう切り盛りするか、本気で展望を見据えないといけませんね。会社というくくりの中では、今の従業員たちも自分の子どもだと思っているので成長していってくれることに期待したいです」

詳しく見る閉じる

WORK瓦・金属、様々な屋根材の長所短所を見極めて、住まいと暮らしに合ったプランを打ち出す

富山県富山市三室荒屋の有限会社渡辺瓦工事店は、瓦屋根、金属屋根の屋根リフォーム・屋根修理をメインに手掛ける屋根工事店です。

渡辺瓦工事店の強みは、腕の良い職人が揃っていること。二度の瓦技能グランプリ(※1)の出場経験があり、実力は折り紙付きです。
「渡辺瓦工事店は職人に恵まれています。私も瓦組合の技術委員長をしています。その関係で『瓦葺きのことは渡辺に聞け』と言ってもらえるのが本当に嬉しいんです」
瓦グランプリへ出場する職人は、競技用瓦葺きの練習が必要になります。仕事の合間を縫って時間を作るため、会社のバックアップは不可欠。会社として、職人を育てる懐の深さも試される競技会なのです。
「息子を甲子園に出す親の気持ちです。2回目の出場で敢闘賞を取れましたが、やはり層が厚い!良い経験になりました」

お客さまに対して配慮しているのは、なるべく予算に沿った屋根リフォーム・屋根修理工事を提案すること。また、挨拶など基本的な礼儀についても現場へ出入りする職人たちに徹底しています。
「もちろん、安かろう悪かろうな工事はしません。お客さまの都合をくみ取ってどれだけ良い材料を使えるかを考えています。そして挨拶・態度は基本中の基本ですね。安心して私たちに依頼してもらうために、明るい雰囲気を大切にしています」

実際の屋根リフォーム・屋根修理で多いのは、風雪や水の流れを顕著に受ける棟(※2)と谷(※3)の劣化。
「棟の瓦が崩れて葺き土が抜け、ずれたのし瓦がじょうごのようになって水をはけずに集めてしまうんです。そこまでになると棟の積み直しになりますね。他に多い例は、谷板金の銅板に穴が空いて雨漏りをするパターン。銅板が流行ったのが20~25年前です。その経年で谷銅板が順次劣化してきている状態ですね。銅板は柔らかいので水の道筋で表面が削れたり、電蝕などによって穴が空きます。それらはステンレスに順次取り換えています」
他には、入母屋(※4)の破風尻(※5)の部分。隅棟(※6)と袖瓦(※7)・平瓦(※8)が取り合うため、袖瓦と平瓦の微妙な形状の違いなどにより、そこからのわずかな漏水が下地を弱らせ、次第に大きな被害になっていきます。

雨漏り以外の屋根リフォーム・屋根修理の事例では、コロニアル(カラーベストの商品のひとつ)への金属屋根カバー工法が増えています。渡辺さんは、瓦屋根と金属屋根の屋根素材の強みと弱点を知った上で、様々な屋根素材を使い分けます。
「北陸地方は積雪があるので、私は10年ほどでリフォームが必要になるコロニアルは勧めていません。でも、新築プランではコロニアル屋根と決まってしまっている場合も結構あります。また、ご年配の夫婦だけがお住まいの家ではリフォームの際に『10年もてばいい』というニーズでコロニアルを選択する例があるので、状況に応じて材料選定をします。コロニアルは完全に剥がして葺き直しすると処分費がかかるので、カバー工法にした方が価格の折り合いがつきやすいです」

富山県の気候の特徴は湿気が多いこと。さらに年間通して雨が多く冬は湿った雪が積もります。そのため屋根材の裏が結露しやすく、通気性の悪い屋根材は下地材が腐食しやすく、通気性の良い屋根材は吹き込みが心配になります。それぞれの屋根材にあった対処が求められます。

※1 瓦技能グランプリ…日本一の屋根瓦職人を決める大会
※2 棟…屋根が交差して山型に稜線になったその部分
※3 谷…屋根面と屋根面のつなぎ部分のうち、文字通り「谷」になっている部分。水が流れる排水機能を持つがゆえに、屋根で最も雨漏りがしやすい部位。
※4 入母屋…屋根の形式のひとつ。棟を取り囲む庇(ひさし)屋根が特徴
※5 破風尻…屋根の見切れ部分の納まりの名称。尻は端部分
※6 隅棟…傾斜のある棟
※7 隅瓦…隅棟に使う瓦
※8 平瓦…長方形で両側がわずかに反り、断面がゆるやかな弧を描くもの

詳しく見る閉じる

MESSAGE打ち合わせで詳細な説明は不可欠。できることもできないことも真正面から向き合っていく

渡辺瓦工事店のアフターサービスは、お客さまの要望により点検を行います。
「経年劣化による不具合は新たな見積もりになりますが、施工後10年以内は極端な天災以外は無償で対処いたしますし、それ以降であっても迅速に対応いたします」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォームや屋根修理を検討しているお客さまへメッセージです。
「常に考えているのは、どうしたらお客さまが安心して施工を受けられるか。たとえ無理な仕事でも一緒に考えていきたい。これは難しい工事だ、じゃあどうしたらできるか?と考え、できない場合には、お客さまが納得できる説明をします。その説明を信頼してもらうためには、私たちの知識と経験も必要です。日々、それを意識しながら仕事に向き合っています。屋根や外壁、お住まいのこと何でもかまいません。お問い合わせお待ちしております」

「安心感」。渡辺さんが取材中に幾度となく口にした言葉です。渡辺瓦工事店がメインに手掛けるのは、住まいが1番風雨にさらされる屋根。屋根を丈夫に美しく保つ、それはすなわち住んでいる人の安心感に繋がります。渡辺瓦工事店の技術でお客さまの暮らしが安心快適になりますように……そんな会社の想いをしかと受け止めた取材でした。

(2020年1月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(有限会社渡辺瓦工事店)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(有限会社渡辺瓦工事店)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(有限会社渡辺瓦工事店)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(有限会社渡辺瓦工事店)

一番の強み 地元の老舗瓦店の観点で、瓦屋根と金属屋根の各特長を活かした総合提案ができるところ
会社名 有限会社渡辺瓦工事店
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:16名 専属外注:2名
建設業許可 建築工事業、大工工事業、屋根工事業、板金工事業、塗装工事業、防水工事業、解体工事業
(富山県知事許可(般―31)第9399号)
保有資格者 一級かわらぶき技能士:8名
二級かわらぶき技能士:2名
一級建築施工管理技士:1名
瓦屋根診断技士:2名
瓦屋根工事技士:2名
巻上げ機運転者:2名
高所作業車運転者:1名
職長安全衛生責任者:3名
石綿取扱作業従事者;6名
足湯の組立て等作業主任者:3名
玉掛作業者:7名
特徴 リフォーム業
瓦屋根工事業
金属屋根工事業
その他屋根工事業
樋工事業
太陽光工事業
対応地域

富山県

アフターフォロー体制 アフターフォロー体制(加入保険含めて) 
一般社団法人全日本瓦工事業連盟の第三者賠償責任保険に加入済みです。
施工後1年間は無償点検を行っています。
その後も何かありましたらお気軽にお声かけください。
代表者 渡辺 瑞樹
代表者経歴 有限会社渡辺瓦工事店 代表取締役
1979年3月:大山町立上滝中学校 卒業
1979年4月:富山県立富山南高等学校 入学
1982年3月:富山県立富山南高等学校 卒業
1982年4月:日本大学生産工学部建築工学科 入学
1986年4月:日本大学生産工学部建築工学科 卒業
1986年4月:鉄建建設株式会社 入社
1994年10月:鉄建建設株式会社 退職
1994年10月:有限会社渡辺瓦工事店 入社
1995年5月:有限会社渡辺瓦工事店 取締役 就任
2002年4月:有限会社渡辺瓦工事店 専務取締役 就任
2012年4月:有限会社渡辺瓦工事店 代表取締役 就任
所在地 〒930-1314
富山県富山市三室荒屋215-2 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日、祝日 8:00~17:30
定休日 日曜日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店