丈夫さ重視の屋根塗装と防水。材料の性能は職人の高い技術で引き出される

株式会社アーチテクター誉

東京都 東京23区

株式会社アーチテクター誉

東京都江戸川区松島の株式会社アーチテクター誉は、屋根塗装・外壁塗装、屋上防水工事をメインに手掛ける塗装工事店です。「地域で頼りにされる会社に」を掲げ、老舗ならではのネットワークを活かして屋根リフォームのカバー工法など、多様な住宅工事の窓口になっています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON 塗装から離れた貴重な2年間。塗装業への愛着を再確認し、より仕事に集中できるように

株式会社アーチテクター誉(以下、アーチテクター誉)は東京都江戸川区松島に拠点を構える塗装と屋上防水の工事店。屋根や外壁の内外装塗装全般やベランダ防水を含めた屋上防水を中心に、雨樋修理・交換なども行っています。

アーチテクター誉は前身の会社から通算し、100年を超えてこの地で塗装業を営んできました。田中洋介さん(以下、田中さん)はアーチテクター誉の代表取締役であり、四代目経営者です。幼い頃から家族の働く姿を身近に感じ、そして塗装職に就いた田中さんに、これまでの歩みと仕事への想いを伺いました。

「曾祖父の代から家業が塗装屋です。子どもの頃からペンキが身近にある生活でした。働いている大人がみんな塗装職人だったので、この仕事が好きか嫌いかとか考える暇もなく、気が付いたら私も塗装職人になっていました」

手仕事をする家族や親族に囲まれて育った田中さん。図工が好きな手先の器用な子どもで、作業場にある金槌などを自由に使わせてもらうなどして、のびのびと育ったそうです。幼い頃は家業についての意識はさほど強くなく、高校の進学先を決める際に初めて塗装業のことを考えたと言います。

「実家で働こうと決めたのは高校3年生になってからでした。夏休みには、現場でたまにアルバイトをさせてもらっていましたね。働くのが大好きで、高校時代は家の手伝いのほかに居酒屋でもアルバイトをしていました。忙しい店舗だったので、その中で自分がどう動けばよいか、考えながら仕事をこなすのが楽しかったですね」

高校卒業後は迷わず家業の塗装店へ入社しました。塗装に情熱を持って働き始めたわけではありませんでしたが、田中さんに対する家族の好意的な声を周囲の人たちから聞き、嬉しくなったそうです。

「私が入社したのを祖父がすごく喜んでくれていたみたいで。私に直接は言わないんですけどね、まわりの職人さんや同業者の方々が教えてくれたんです。でも、3年ほど経った頃に塗る以外の仕事が多くなってきて、塗装から1度離れたんですよ。せっかく塗装職人として入ったのに、私は何をやっているんだろうと疑問に思ってしまってね。でも塗装の仕事がイヤになって辞めたわけではありません。『この仕事でいいんだろうか?』という若者によくある悩みですね」

そうして2年ほど塗装から離れ、2009年に再びアーチテクター誉に戻りました。そのときに実感したのは、塗装の仕事がやはり好きだということ。家業と距離を置いた2年間が、田中さんの心情に変化をもたらしたようです。

「何気ない当たり前の作業をしている時に、ふと『あ、やっぱりこの仕事好きだな』と感じたんです。当然、日々の中で忙しいとか時間がないとか小さな不満はありましたが、仕事自体にはイヤな気持ちを抱いてないなと気が付いてね」

2度目の入社後は、寝ている間以外はずっと仕事のことを考えているほど仕事熱心に。先代のやり方と自分のやり方をすり合わせ、よりよい仕事の進め方を考えるようになりました。
今後は、この土地で仕事を長く続けるために、アーチテクター誉がこの町でできることを模索していきたいとのことです。

詳しく見る閉じる

WORK お客さまに理解していただくための見積書。専門用語はなるべく使わずわかりやすい説明を

東京都江戸川区松島の株式会社アーチテクター誉は、屋根塗装・外壁塗装と屋上防水を中心に、雨樋修理や交換なども施工する工事店です。この地で100年を超える歴史があり、確固たる技術はもちろん同業他社とのネットワークも太く、塗装以外の住宅のお悩みも迅速に解決します。

アーチテクター誉では、一般のお客さまにもわかる見積書づくりを心掛けています。施工を受けるのはお客さまなのに、プロしかわからない言葉が並ぶ書類は不要だと考えているのです。

「私たちの塗装工事の意図を理解していただきたいので、見積書の建築用語などはできるだけ嚙み砕いて記載し、さらに写真も添付しています。打ち合わせの中で気を付けているのは、お互いの施工イメージに誤解がないようにすることですね。私の言ったこととお客さまの想像がリンクしていればいいんですが、なかなかそれも難しいので、写真などうまく使いながらすり合わせていきます」

また、田中さんは次回のメンテナンス時期も見据えて屋根リフォームや修理の提案をします。屋根と外壁の材質を見極め、さらにお客さまの予算も考慮して、塗り替えにするかカバー工法(※1)にするかを提案します。

「今回、屋根塗り替えをするなら外壁はしないとか、外壁は塗って屋根は次回でカバー工法にするとか、色々なパターンを探ります。例えば、10年後にメンテナンスを考えているのに20年耐久の高価な塗料は必要ありませんよね。あと、屋根材は塗れるスレート(※2)と塗れないスレートがあって、それもお客さまの予算にも関わってくるので、ご希望を聞いてから建物の状態をしっかりチェックして屋根リフォームや屋根修理の提案を致します」

屋根の雨漏り修理では、3階建ての工場の事例が挙がりました。1階と2階から漏水しており、何度か修理した跡があったそう。原因がはっきりしないまま、数年が経っていたそうです。

「屋根と外壁の両方に原因があったんです。屋上が陸屋根になっている建物で、まわりをアルミの手すりや笠木(※3)が囲っている形でした。散水調査でそこからの水漏れだとわかったので、手すりや笠木を全て外し、防水をし直して仕上げました」

屋上防水工事は建物の構造にあったものを提案します。木造であればFRP防水(※4)やウレタン防水(※5)、鉄骨ならシート防水(※6)やウレタン防水などを使い分けます。

「住宅の防水工事依頼で多いのは、水漏れを起こしてからわりと月日が経っているのではないか……と予想される建物です。以前から雨漏りはしていたけど、部屋の中にまで漏水したのは昨日今日、という感じで、屋根の裏ではけっこうな水たまりができていることもあります。先日施工したのは、ベランダの排水ドレン(※7)まわりです。ドレンを交換して防水層をやり直しました」

東京都江戸川区の辺りは住宅密集地が多く、施工の際には隣近所の住民の方々への配慮が欠かせません。足場組立の際は隣家の外壁やエクステリアとの距離に細心の注意を払います。

「屋根リフォームや屋根修理に伴う塗り替えやカバー工法は、近隣へものすごく注意しますね。私たちは工事が終わればその場を去りますが、お客さまはそうはいきません。騒音や塗料の飛散などでご迷惑をおかけすると、後々まで気まずくなってしまうかもしれないので、そうならないよう気を付けています」

※1 カバー工法・・・金属屋根の重ね張りをする屋根のリフォーム方法
※2 スレート・・・セメントを固めて塗装した板状の屋根材
※3 笠木・・・塀、手摺、腰壁、パラペットなどの頂部に施工する仕上げ材
※4 FRP防水・・・塗膜防水の一種。防水用のプラスチック繊維。軽くて丈夫
※5 ウレタン防水・・・液体状のウレタン樹脂を重ね塗り、繋ぎ目のない防水層を形成する防水工事
※6 シート防水・・・塩化ビニールやゴム製のシートを施工箇所に固定する防水工事。屋上の防水によく使われる
※7 排水ドレン・・・雨水、雑排水などを排水するための管や溝

詳しく見る閉じる

MESSAGE 工事店との密なコミュニケーションが、満足・納得いく屋根リフォーム・屋根修理に繋がる

アーチテクター誉のアフターフォローはとても臨機応変。施工内容や使用塗料により保証書の発行もありますが、基本的には「何かあったらいつでも連絡を」のスタンスです。

「施工後、万が一気になる箇所があったら、早めに電話をくださいね。『すぐに連絡がもらえたら、大きな工事をしなくてよかったのに……』という事例が稀にあります。私が他の現場でお近くを通るときには、お尋ねすることもあるかもしれません。ご不在でしたら敷地外から外観を拝見させていただきますので、よろしくお願い致します」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、塗装や屋上防水の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォームや屋根修理、屋上防水工事を検討しているお客さまへメッセージです。

「アーチテクター誉が1番だと言われる仕事を心掛けています。施工で留意しているのは、耐久性です。塗料の性能を発揮できる状態をつくるのが、私たちの仕事です。長持ちする屋根をご希望でしたら、ぜひお問い合わせください」

住宅の悩みは、どんどん工事店に話すべきだと言っていた田中さん。相談をして回答をもらう、その一連のやり取りで信頼関係を築くことが、屋根塗り替えに失敗しないポイントだそう。その言葉から、普段の打ち合わせの丁寧さが垣間見えた気がしました。

(2021年8月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

取材後記

株式会社アーチテクター誉

フレンドリーで話しやすい代表取締役

「実はね、継ぐとか継がないとか、若い頃はなんにも考えてなかったんですよ」と笑う田中さん。子どもの頃の家業への印象を尋ねたところ、ばつが悪そうに、でもちょっと楽しそうにそう答えてくれました。マイナスイメージになる過去の思いを堂々と話せるのは、現在の仕事に自信が持てている証拠なのではないでしょうか。老舗塗装店の四代目として、山あり谷ありの道を歩いてきた人の言葉はとても興味深かったです。

先代の想いが込められた社名

アーチテクター誉の社名の名付け親は先代とのこと。「技術者としての誇り」という意味が込められているそうです。「法人化のときに、じいちゃんがこの土地で大切にしてた社名を残したくて」と話す田中さんはとても柔和な顔をしていました。家業を継ぐも継がないも、若い頃は何も考えていなかったと言われていましたが、インタビュー中に田中さんが話される言葉の端々から、会社をとても大切にし、地域との繋がりに誇りを感じていることがしっかりと伝わってきました。

特集特集(株式会社アーチテクター誉)

株式会社アーチテクター誉は、 「「やねいろは」事務局オススメ工事店」 の特集に取り上げられています。

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(株式会社アーチテクター誉)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(株式会社アーチテクター誉) 0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(株式会社アーチテクター誉)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(株式会社アーチテクター誉)

一番の強み お客さまに安心していただいて施工に入るために、見積書へ写真を添付したり、建築用語はできるだけ嚙み砕いて記載するなど工夫をしているところ
会社名 株式会社アーチテクター誉
対応工事
屋根
瓦屋根
金属屋根
その他
雨樋
太陽光
塗装
外壁塗装
屋根塗装
屋上防水
従業員数 社員:3名
建設業許可 塗装工事業、防水工事業(東京都知事許可(般―2)第152836号)
保有資格者 一級建築塗装技能士:2名
有機溶剤作業主任者:3名
高所作業車運転者:1名
職長安全衛生責任者:3名
石綿取扱作業従事者:3名
足場の組立て等作業主任者:3名
ゴンドラ操作者:2名
特定粉じん作業者:2名
フルハーネス特別教育修了者:3名
雨漏り鑑定士:1名
ITCサーモグラファーレベル1:1名
一級FRP防水施工技能士:1名
特徴 リフォーム業
雨樋工事業
屋根塗装工事業
外壁塗装工事業
屋上防水工事業
対応地域

千葉県

東京都

アフターフォロー体制 株式会社日本住宅保証検査機構のリフォームかし保険に加入しています。
施工内容により保証書を発行しています。
気になる箇所がございましたら、お気軽にご連絡ください。
代表者 田中 洋介
代表者経歴
(名称は当時のもの)
株式会社アーチテクター誉 代表取締役
株式会社日本塗装名人社 江戸川店 所属
雨漏り119 江戸川店 所属
塗魂ペインターズ 所属
2008年9月:アーチテクター誉 入社
2015年7月:アーチテクター誉 代表就任
2020年7月:株式会社アーチテクター誉 設立 代表取締役就任
所在地 〒132-0031
東京都 江戸川区 松島 2-4-3 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)
備考 断熱セラミック ガイナ 認定施工店
アドグリーンコート 認定施工店
プラザオブレガシー 認定施工店
ウォールバリア多彩仕上工法 認定施工店
日本ペイント株式会社 ハナコレマイスター 登録店
アステックペイント 加盟店
  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A
災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ