お客さまの満足の1歩先へ。独自の屋根診断書はだてじゃない。雨樋修理も。

株式会社ベルサイン

埼玉県 飯能・日高・坂戸

株式会社ベルサイン

埼玉県坂戸市に本社を構える株式会社ベルサインは、瓦屋根、金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)全般と雨樋修理に携わる屋根リフォーム・屋根修理店です。屋根や外壁の塗装、外装・内装工事などにも対応可能。全瓦連屋根診断士が在籍しており、雨漏り修理など屋根のトラブルに強いのはもちろん、住まいをトータルでみられる会社です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON 父の怪我、勤め先の閉店で迎えたターニングポイント。厳しい環境で冷静に業界を観察した

株式会社ベルサイン(以下、ベルサイン)は、瓦屋根、金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)全般と雨樋修理に携わる屋根リフォーム・屋根修理店です。前身は1927年創業の瓦製造会社。4代目である現・代表取締役の松澤勝司さんに代替わりをしたのち、瓦製造を休業。その後、屋根工事業へ参入します。そして、時代の流れに合わせて事業内容を見直し、「ベルサイン」の屋号で屋根リフォームやその他の工事も行うようになりました。
現在は、埼玉県坂戸市に本社、群馬県高崎市に営業所を構え、地域密着、住宅屋根一筋で営業をしています。雨漏り修理はもちろん、内装・外装工事も行っており、屋根と同時に住宅リフォーム工事の要望がある場合にも、迅速かつ的確に対応できます。

株式会社ベルサインの社名の由来は、「世界中に希望の鐘を鳴らす」という言葉です。
「実は、この社名の由来については、息子からひんしゅくを買っていますね」と、ベルサイン設立者である4代目代表取締役の松澤勝次さん。
「社名の由来を、外で説明するのが恥ずかしいんですよ」と、勝司さんの息子である常務の松澤聡さん。
まるで漫才のようなテンポの良いやりとりに、取材スタート時の堅い空気が一気に緩みます。
まずは、お客さまとお会いする機会の多い専務の松澤聡さん(以下、松澤さん)に、幼少期からこれまでのあゆみをお伺いしました。

「若い頃は、父の屋根修理の会社を継ぐなんて考えていませんでした。きっかけやタイミングは、人生において重要ですよね」
こう話す松澤さんは三人兄弟の長男。小学校、中学校時代は野球、高校では弓道部と、スポーツ熱心な少年時代でした。実は松澤さんの三兄弟、スポーツに関しては全員が野球から弓道へ転身するという同じルートをたどっています。
弟に影響力の強い「長男」だったのですねと問いかけると、「仕事が忙しくて父が不在がちだったので、『兄ちゃんの言うことを聞け』という雰囲気が家庭内にあった気がします。でも、私は弟たちを力で抑えつけることはしていなかった……はず。取っ組み合いになるような激しい喧嘩をした記憶もないし、仲の良い兄弟でした。もしかしたら、弟は私のあしらい方が上手だったのかもしれませんね。私と違って、弟たちは人間としての出来もいいですよ」と、懐かしそうに話してくれました。
松澤さんは高校を卒業後、就職先にビリヤード・ダーツバーでの接客業を選択しています。高校在学中から接客業に興味があり、卒業後の進路に迷いはなかったそうです。
「バーでは二年半くらい勤めました。仕事はすごく好きだったのですが、オーナーが店をたたむことになって。次に選んだのはレンタルビデオ店。畑は違うけどまた接客業でしたね。そこには4年くらい勤めました。今は工事店なのに経歴は接客業? なんて思われるかもしれませんが、若い頃は家業のことを特に気にしていなかったです。ただ、その経験は、屋根修理技術とは別のところで大いに役立っています。私は工事の窓口の業務が多いので、飲食店勤務時代と同様、お客さまが安心できる接し方を日頃から心掛けています。人との関わり方、初対面の相手との話し方などは、過去の経験が生きていますね」
そして、レンタルビデオ店に勤務中の2009年、オーナーによる閉店の動きが出てきます。さらにその時期、父である勝司さんが怪我で屋根工事ができなくなる事態に。松澤さんは、仕事をするのが大変そうな父を見て、閉店する予定の職場で働き続けるより父を助けようと決心しました。
そうした経緯で、松澤さんは2010年にベルサインの前身である、株式会社マツザワに入社します。

しかし、それまで接客業をしていた松澤さんが、即戦力になれるほど、屋根修理の現場はやさしくありません。入社当初は、昔堅気の職人から些細なことで怒られたり、教えを乞うても「自分で考えろ」と言われたりする毎日を送りました。
「そんな状態だったので、初めは、はっきり言って仕事がつまらなかったです。でも不思議と辞めようとは思わなかった。厳しい職人さんに対しても、理不尽な態度に歯向うことはせず『こんな人もいるのだな』と、冷静でした。その人の助手についた1年間は、技術はもちろん、厳しい職人さんへの対応力が身に付きました。それからも、色々な人について技術の基本と人付き合いを学びました。今の私の仕事の軸は、職人や外注業者の各現場への手配と、お客さまへのお問い合わせ対応です。気難しい人もいるし、会社の考えと合わない人もいる。仕事は何もかもすんなりいくとは限りません。そんな時にどうやって、トラブルなく屋根工事を回していくか。接客業、そして屋根工事業、その2つの世界で得た経験は大いに役立っています」

最後に、会社としての今後の展望を尋ねました。
「お客さまの要望を上回る屋根リフォーム・屋根修理ができる会社でありたい。そのためには、あまり会社の規模が大きくなり過ぎてはいけないと考えています。自分たちの目が、しっかり行き届く範囲で仕事をしていきたいです。屋根リフォームの技術や品質を高めていくのはもちろん、1件のお客さまにかける時間と気遣いの内容を濃くしていきたいですね。お客さまの満足は、必ず私たちに返ってくると信じています」

詳しく見る閉じる

WORK 屋根診断書に込められた会社の想い。屋根の状態を「見える化」してお客さまの心に寄り添う

埼玉県坂戸市の株式会社ベルサインは、瓦屋根、金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)全般と雨樋修理に携わる屋根リフォーム・屋根修理店です。雨漏り修理はもちろん、内装・外装工事にも対応可能で、屋根工事・住宅リフォームを同時に施工することもできます。

写真は、松澤さんの父で現・代表取締役である松澤勝司さん(以下、勝司さん)。幼い時に姉を亡くし、悲しみにくれる両親を見て、小さいながらも「姉の分も生きてみせる」と思ったそうです。それが影響しているのか、子どもの頃から何に対しても「やるなら徹底的に」という心構えを持って生きてきました。
勝司さんは、屋根職人でありながら、会社独立時には盛和塾(京セラ株式会社社長であった稲盛和夫氏による、若手経営者のための勉強会)にも参加し、経営のイロハを学びました。職人であり勉強熱心な経営者……、このような話だけを聞くと、熱く厳しい仕事人なのかと思いきや、場を和ますユーモアのある話をしたり、時折息子さんである専務の松澤さんの仕事を褒める発言したりと、とても柔和な人です。さらに、「実はね、歌手を目指したこともあるのですよ」と、茶目っけたっぷりに打ち明け、横で松澤さんが苦笑する場面も見られました。
「私の考える施工内容や、会社の方針なんかに関して、いつも専務に『本当にこれでいいのですか』って確認されます。私が楽観的に進めようとしているものを、専務が慎重に見極めてアドバイスしてくれる、そんな感じでベルサインはまわっています。専務は、やっかいな屋根リフォーム・屋根修理を抱えている職人が『もうこの施工でやるしかない』とあきらめモードに入っても、その職人にもうひと押しできる人間です。そして、結果的に当初の施工方法より最適なものを職人から導き出す。経験と性格なのでしょうね」と勝司さん。

そんな名コンビが切り盛りするベルサイン。この会社の強みを専務である松澤さんにお伺いしました。
「ベルサインには屋根診断士(※1)が在籍しているのが強みです。屋根の点検の際、診断士による屋根診断書を発行してから屋根リフォーム・屋根修理に入ります。工事最中の屋根写真も撮り、お客さまに都度説明できる体制を整えているのです。そして、屋根リフォーム・屋根修理終了後は、屋根工事完了報告書を発行します。こうして、一連の工事の流れを書面にして発行していることが、私たちの特徴だと思います」
屋根診断書と屋根工事完了報告書。この2つの書面に関して、お客さまからは「どのような屋根リフォーム・屋根修理が必要なのか、具体的にはどんな工事がされたのか、とてもわかりやすい」と言われる機会が多く、好評を博しています。ベルサインはこの書面を元に、お客さまの生活スタイルと将来を考慮して、屋根リフォーム・屋根修理の提案や作業報告の打ち合わせをするそうです。
「以前、よそで耳にした話なのですが、『自分の家なのにどんな屋根リフォーム・屋根修理をされたのかわからない、完工になったのに雨漏りが直らない』という声を聞いたことがありました。それなら、お客さまがわかるように屋根の状態や屋根修理の過程を書面にしたら良いのではないかと考えて、診断書と報告書を発行するようにしました。お客さまにとって『屋根の状態が目で見られる』というのは、とても大事なのでしょうね。この書面を、いつまでも大切に保管してくださる方もいますよ」

そして、仕事をする上で大切にしていることを尋ねたところ、やはり上記の話に絡む回答。
「屋根リフォーム・屋根修理業者としての目線で工事を進めるのではなく、お客さまの目線で物事を考えます。まず、お客さまが困っているトラブルを1番に聞きたいですね。屋根の不具合の程度によって、施工方法は様々なので、どうしたら満足していただけるかを考え、選択肢を複数用意することも心掛けています。自分だったらどうして欲しいか?と想像して動くようにしています」
さらに、松澤さんは続けます。「お客さまも大事なのですが、私たち会社の人間も……職人も大事、社員も大事です。円滑に仕事ができるよう、社内でのコミュニケーションも仕事をする上で大切にしています」
これは、お客さまと自分たち、双方の満足が仕事の成功に繋がるという松澤さんの考えです。屋根修理の現場ではもちろん、社内での気持ちの良い挨拶や、安全管理などがこれにあたります。
「挨拶や安全第一は、この業界では当たり前のことですけどね。当たり前過ぎるために、きちんと意識していかないと忘れてしまうので、皆で共有して常に心に留めています。また、社内のチームワークを高めるために、食事会などを催して親睦を深めるようにしています。お客さまや外注の屋根工事店さんから『ベルサインさんの職人さんは、人柄がいいね』なんて言われると、嬉しくてしょうがないですね」

次に、最近の屋根修理や屋根リフォームに至った雨漏り修理事例についてです。
「テレビのアンテナにまつわる事例があります。1つは、室内の雨漏り染みの真上にあたる部分の屋根瓦が割れていました。割れた時の状況は判断できかねますが、テレビアンテナ撤去の工事の際に割れてしまったのではないかという結論になりました。もう1つ、テレビのアンテナの留め具が緩み、倒れて屋根瓦を割ってしまった事例もありました。もし、屋根メンテナンスの機会があれば、テレビアンテナの状態にも気を配った方が良いですね」
また、雨漏りの原因が特定しにくい例もあります。室内の天井に間違いなく雨漏りのシミがあるものの、屋根瓦には異常がない状態。松澤さんが屋根裏を点検したところ、野地板(※2)が割れてその下にある断熱材が水を吸っていました。
「なぜそんな事態になったかはわかりませんが、それは、野地板の割れている箇所の上にあたる瓦をはがして、下葺き材(※3)を張り直しました。屋根裏からは断熱材を交換、割れた野地板も内側から板を張り増ししました。今は雨漏りがそれで完全に止まったか様子見をしています。天井のクロスには染み、ボードも傷んでいたので取り換えたいとおっしゃっていましたが、それは雨漏りが完全に直っているのを見極めてからと提案して、今は経過観察中です」
また、屋根のリフォーム工事の事例もお聞かせくださいました。それは工務店からの相談で、劣化したセメント瓦を屋根塗装で修繕できないかという案件でした。松澤さんが築年数の経った住宅の屋根を点検したところ、セメント瓦の表面が経年劣化をしていました。屋根塗装で済ませてしまっては、数年後にまた修繕になる可能性があると判断し、いつもと同様に診断書を作成。2パターンのリフォーム方法を提案したところ、お客さまは「屋根がこんなに傷んでいると思わなかった」と驚き、屋根の全面リフォームを決断したそうです。
ベルサインでは、雨漏り修理の検査の際には、必ず屋根全体の点検・診断をするようにしています。それは、雨漏りの原因は1つではない場合が多いからだと松澤さんは言います。
「雨漏りを修理したのに、数ヵ月後にまた別の場所から雨漏りをする。築年数の経った住宅では、こういったことがよくあります。ポイントで修理しても、屋根瓦全体が劣化していたり、野地板が傷んでいたりしては雨漏りと屋根修理のいたちごっこです。屋根に職人が登るなんてそうそう無いので、1ヶ所の雨漏り修理の際には、お客さまも屋根全体の現状が把握できるように、屋根リフォーム業者に依頼したほうがいいですね」

ここ埼玉県坂戸市の屋根リフォーム・屋根修理に関連する地域の特性については、関東地域でここ何年か起きている突然の大雪への対応が挙げられました。
「屋根に関するもので言えば、やはり雪止め金具です。住宅密集地では、落雪で隣家に迷惑をかける場合も多いです。雪止め金具は、絶対に必要と断言はできないですが、お隣さんの外壁を傷つけてしまってから『しておけばよかった』と後悔しないよう、設置して損はありませんので、ぜひお勧めします」

※1 屋根診断士…屋根に関する知識と確かな技術を持った屋根の専門家
※2 野地板…屋根材の下地のこと
※3 下葺き材…屋根材の下、野地板の上に敷く防水のためのシート。一般的にはルーフィングと呼ばれる

詳しく見る閉じる

MESSAGE 駆け引きも押し売りもしない。お客さまの満足を第一に考え、皆が笑顔になれる提案を

ベルサインのアフターサービスは、施工完了の際に「連絡をいただければすぐに伺います。屋根は、5年、10年で点検をすると、長持ちします」と伝えて、連絡があればその都度対応しています。さらに、今後は「にこにこ通信」というベルサインの広報誌を、郵便で送る計画も立てているそうです。

最後に「やねいろは」をご覧になっている屋根トラブルをお抱えのお客さま、そして屋根リフォームをお考えのお客さまへメッセージをお願いしたところ、松澤さんと勝司さんはこう言いました。
「ベルサインは押し売りを絶対にしません。営業マンとの相性もありますから、他にも気になる屋根工事会社があれば、見積もりをとって打ち合わせをしてみたら良いと思います。私たちは、お客さまの満足を第一に考えています。そして、その満足のもう1歩先を目指した屋根リフォーム・屋根修理を提案していきます。私たちは、時間が経ってもお客さまの顔と名前や、屋根リフォーム・屋根修理の内容を覚えているのです。それができるのは、もしかしたら屋根診断書を作成しているからかもしれませんね。実は、屋根診断書の作成にはコツがあるのです。お客さまの住まいや家族構成を思い浮かべて、ストーリー性を持たせるようにしています。これを見て『ベルサインに、屋根リフォーム・屋根修理をお願いしたい』って思ってくれたら、こんな嬉しいことはありません。修繕でもリフォームでも気軽にお問い合わせください」

大胆で明るく竹を割ったような性格の代表取締役と、慎重派で人の心を開く術を持った専務。この2人からは、古い歯車と新しい歯車が良質な潤滑油で絶妙にかみ合っている、そんな雰囲気が醸し出されています。この場合の歯車は、単なる会社の一片という意味ではありません。その歯車には従業員や職人、外注業者という歯車が幾重にもなり、強大なチームワークとなって会社を動かす源となっているのです。
株式会社ベルサインは、そのチームワークと独自の屋根診断書を武器に「お客さまの満足の、もう1歩先へ」というその理念を、これからも体現し続けるでしょう。

(2018年6月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(株式会社ベルサイン)3件

before

after

屋根工事(取替)

工事種別: 屋根工事(取替)

価  格: 40~50万円

施工長さ: 25~50m

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(株式会社ベルサイン) 0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(株式会社ベルサイン)

2018.09.12 日記 事務所 本棚

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(株式会社ベルサイン)

一番の強み お客さまの満足が第一、そしてお客さまの要望の一歩超えた工事を行うところ
会社名 株式会社ベルサイン
対応工事
屋根
瓦屋根
金属屋根
その他
雨樋
太陽光
塗装
外壁塗装
屋根塗装
屋上防水
従業員数 社員:4名 専属外注:8名
建設業許可 屋根工事業(埼玉県知事(般―22)第65046号)

保有資格者 屋根診断士(一般社団法人):5名
職長安全衛生責任者:2名
二級かわらぶき技能士:1名
特徴 リフォーム業
瓦屋根工事業
金属屋根工事業
その他屋根工事業
雨樋工事業
対応地域

群馬県

埼玉県

アフターフォロー体制 リフォーム瑕疵保険(事業者登録証)、全瓦連第三者賠償保険制度に加入しています。
工事後には、自社作成の情報誌の送付を行っています。
代表者 松澤 聡
代表者経歴
(名称は当時のもの)
株式会社ベルサイン 常務
2001年3月:喬木村立喬木中学校 卒業
2004年3月:長野県立飯田工業高等学校 卒業
2004年4月:地元のビリヤードBARにて勤務
2006年10月:地元のレンタルビデオ屋にて勤務
2010年10月:株式会社イシジマ(現・株式会社ベルサイン) 入社
所在地 〒350-0204
埼玉県 坂戸市 紺屋 120-102号 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~19:00
定休日 日曜日、祝日、年末年始休業、夏季休業(お盆休み)、大型連休(ゴールデンウィーク)
  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A
HOME屋根工事店 埼玉県・すべての屋根工事 > 飯能・日高・坂戸・すべての屋根工事 > 飯能・日高・坂戸・屋根工事 > 飯能・日高・坂戸・瓦屋根 株式会社ベルサイン
災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ