災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

屋根修理から装飾品もおまかせ。三代に渡る銅板加工技術が最大の強み

有限会社植木商店

大阪府 茨木・高槻・箕面・伊丹

大阪府板金工業組合

有限会社植木商店

大阪府茨木市平田の有限会社植木商店は、屋根や雨樋の修理、銅板加工を主に扱う1933年(昭和8年)創業の金属屋根工事店です。一般住宅から神社仏閣の屋根修理はもちろん、屋根装飾品・雨樋加工の依頼も多く、その金属板加工技術の高さから業界では一目置かれている会社です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON修業で広がった仕事の幅。今後も様々な屋根に対応できるよう、新しい技術を導入したい

有限会社植木商店(以下、植木商店)は、大阪府茨木市平田に拠点を構える1933年(昭和8年)創業の老舗金属屋根工事店です。創業当時から金属板加工を主に手掛けていましたが、特殊な技術を要する銅板装飾品に関する技術の導入は、現在の三代目代表から。芸術品とも謳われる屋根飾りを手掛ける機会も多く、伝統と技術を兼ね備えた力のある会社です。

様々な形の銅板が壁一面に並び、その下の机は、素人目には何に使うのかわからない多くの道具に囲まれています。植木商店を訪れて見学させてもらったその場所は、さながら芸術家のアトリエのような作業所でした。作業机に座っているのは、三代目代表の植木洋一さん(以下、植木さん)です。銅板に向かう横顔は厳しく、昔気質の「職人」を思わせる風貌。しかし、取材が始まると拍子抜けするくらいの明るい対応でした。
「家を継いだ理由? きっかけも理由も思い当たらんなあ。ひとつだけ覚えているのは、満員電車の通勤がイヤやったってこと。高校を卒業する時、電車通勤しないで働ける近場の会社を探したんや。結果、奈良の会社で寮生活やったけどね」と、ひょうひょうとこちらの質問に答えます。

植木さんは高校卒業後、いずれ家を継ぐだろうと見据えて奈良の板金加工会社へ就職。実は、植木さん自身はすぐに植木商店へ入社するつもりでした。しかし父親に「外で修業してこい」と言われ他社へ就職したそうです。
「結果的には、修行は大正解でしたね。それまでの植木商店の銅板加工に、私が習得してきた装飾物関係の技術も加わったことで仕事の幅が広がりました。昔に比べたら銅板の出番は減ってきたけど、それでも屋根リフォームの際には『今までと同じ銅板で』という要望も根強く残っています。せっかく身に付けた技術、廃れさせたくないですね」

これからの会社の展望は?の質問に、植木さんは少し考えた後にこう答えました。
「銅板や金属板加工の技術を磨きつつ、違う形の仕事の受け方も考えていきたいです。銅板屋根の新築工事、リフォーム等の注文が減ってきているので、他の金属屋根修理やリフォームの仕事も増やさざるを得ないというのが本音ですが…。ホームページも新しくしましたし、新しい技術や工法を臆せず取り入れていきたいと思っています」

詳しく見る閉じる

WORK銅板の美しさを活かし、より耐久性の高い屋根に。技術や知識の更新は絶対に怠らない

有限会社植木商店は、銅板加工を用いた屋根、雨樋修理工事を得意とする金属屋根工事店です。既製品では対応できない細かな金属部材を加工する技術を持っており、オーダーメイドな屋根修理が可能です。また、住宅部材だけではなく、寺社仏閣の「アンコウ」と呼ばれる装飾品等を手掛ける機会も多く、その技術を流用して一般住宅のエクステリアを彩る装飾品も受注できます。屋根修理・リフォームだけにとどまらない間口の広さが特徴の会社です。

植木商店の強みは、なんといっても銅板加工技術。屋根や雨樋用の部材から、屋根を彩る装飾品加工も可能です。
「専門の職人が減ってきているせいか、銅板の加工に関しては相見積もりではなくピンポイントで問い合わせがくることが多いです。銅板仕事が少なくなってきているのと同時に、競合も少なくなってきているんですよね。嬉しいような寂しいような複雑な気持ちです。職人もどんどん高齢化しているし、だからこそ、私はこの技術を大切にしていきたいんです」

植木さんが仕事をする上で大切にしているのは、お客さまに対するわかりやすい説明です。
「普段、工務店さん等、専門家と話をする機会が多いので、一般のお客さまとの打ち合わせでは、つい同じような説明をしがちです。でも、専門用語を言い換えたり、言葉で説明しにいく場合は写真を見せたりして、工事内容にご納得いただけるよう気を付けています」
植木商店では最近ドローンを導入。屋根の撮影がしやすくなったことで修理箇所が一目瞭然になり、お客さまとの打ち合わせがスムーズになったそうです。
「自分がこの会社に銅板加工の新しい技術を持ってきたように、これからも新しくて便利なものは積極的に取り入れていきたいですね。道具も技術も日々進化しているので、苦手意識はもたずに流れについていこうと思います」

また、大阪は住宅密集地が多く、住宅間が足場も組み立てられない狭さである場合も多いそうです。
「家の前を通行止めにしないと修理工事ができない、隣の敷地に足場がどうしてもはみ出してしまう、そんな事態になるのはしょっちゅうです。そんな時はなるべくスムーズに工事が進められるよう、施工前後の近隣のお宅への挨拶は丁寧に行うようにしています」

そして、最近植木さんが大変だと感じているのが、夏の暑さ。金属屋根の上は、真夏の炎天下では50度近くなる場合もあるので、職人の体調管理には細心の注意を払っています。
「屋根の上での作業は危険です。直射日光を浴びるし、金属屋根の表面が高温になるので、ケガの防止のためにも作業着は長袖長ズボンが基本です。涼しい素材を選ぶようしていますが、やはり暑い。お客さまの敷地内で病人やケガ人を出したくないので、十数年前に比べると、こまめな休憩と水分補給をするようになりました」

また、屋根の谷樋によく使われている銅板ですが、昨今は「雨に弱い」という説が流れ、リフォームの際にステンレス製のものに交換する話もよく浮上します。しかし、植木さんはその説についてこう考えています。
「銅板自体は決して弱いものではないはず。金属屋根の寿命は30年ほど、銅板屋根だとさらに長く60年ほど。本当は腐食に強い素材です。ただ、瓦屋根と組み合わせて谷樋で使うのが問題なのかなと思います。瓦屋根の長所は、雨水が一点に集まる構造です。谷樋はその構造により1か所で水を受け続けます。1か所に集中しているのですから、その部分が寿命より早く穴があくのは当たり前ですよね。銅板は施工しやすいし、経年で色が変化して美しいので、昔の職人は谷樋という目立つ場所に銅板を用いたのではないでしょうか。瓦屋根材料の、一時期の流行りだったのではと思います。その時期の建物が一斉にリフォームの時期を迎え、谷樋の交換が必要になったことで『銅板は弱い』説に繋がっているのではと思います」

詳しく見る閉じる

MESSAGE味わい深い住宅外観のお手伝い。美しい銅板と異素材を組み合わせて耐久性の高い屋根に

植木商店のアフターサービスは、不定期ではありますが、近隣を通った際のお声がけ。
「なかなか、何年に1度というお約束ができないのが現状です。しかし屋根修理の後、何か気になることがあればいつでもお電話ください。すぐに点検に参ります」と、柔軟な対応です。

最後に「やねいろは」をご覧になっている、雨漏り等の屋根の不具合でお困りのお客さま、屋根リフォームをお考えのお客さまへ、植木さんからメッセージです。
「金属屋根の雨漏り修理から、銅板装飾品の加工まで承ります。ドローンを使った屋根点検も行っていますので、ご自宅の屋根の全貌をご覧になりたい方は一度ご相談ください。また、現在瓦屋根の谷樋に銅板を用いていて、そろそろ修理やリフォームをお考えのお客さまがいらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせください。瓦屋根と銅板の味わいがお好きでしたら、銅板とステンレスをうまく使って耐久性のある谷樋に仕上げることもできます。金属屋根と銅板に関することなら、何でも言ってくださると嬉しいです」

「銅板は雨に弱い」説に対する冷静な分析。植木さんのお話しの端々から、銅板加工の技術に誇りを持っている様子が感じられました。かといって、頑固に伝統技術を温める続けるわけではなく、ドローン導入や新しい金属屋根修理の技術等にも興味津々。この少しの頑固さと程よい柔軟性は、難しい造りの屋根にも嬉々として挑んでくれそうな、そんな期待が膨らむ取材となりました。

(2019年7月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(有限会社植木商店)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(有限会社植木商店)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(有限会社植木商店)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(有限会社植木商店)

一番の強み 金属屋根・壁の修理と同時に、内装リフォーム・修理の依頼を受けられるところ
会社名 有限会社植木商店
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:4名 専属外注2名
保有資格者 一級建築板金技能士:1名
二級建築施工管理技士:1名
建設マスター(板金工):1名
全技連マイスター:1名
特徴 リフォーム業
屋根工事業
樋工事業
対応地域

京都府

大阪府

奈良県

アフターフォロー体制 工事後、ご連絡いただければすぐに伺います。お気軽にご連絡ください。
代表者 植木 洋一
代表者経歴 有限会社植木商店 代表取締役
1978年3月:茨木市立東中学校 卒業
1978年4月:大阪府立茨木工業高等学校 入学
1981年3月:大阪府立茨木工業高等学校 卒業
1981年4月:有限会社錺社 入社
1986年1月:有限会社錺社 退社
1986年2月:有限会社植木商店 入社
2008年6月:有限会社植木商店 代表取締役 就任
所在地 〒567-0845
大阪府茨木市平田2-35-16 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~17:00
定休日 日曜日、祝日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店