災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

父から受け継いだスピリッツを胸に、お客さまに求められる屋根塗装を

株式会社マツミ

大阪府 茨木・高槻・箕面・伊丹

株式会社マツミ

大阪府茨木市高田町の株式会社マツミは、屋根・外壁の外装塗装や防水工事を手掛ける工事店。協力会社とのネットワークを活かし、あらゆる内外装のリフォーム・修理にも対応可能。身内の建物だと思って塗装するという考えの下、お客さまからの信頼を集めています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON親孝行になるならと決断した家業への入社。分社化で経営者となり、仕事の幅が広がった

株式会社マツミ(以下、マツミ)は、大阪府茨木市高田町に拠点を構える、屋根塗装や外壁塗装、防水工事をメインに手掛けている工事店。内外装のリフォーム・修理や空調、電気などの工事にも窓口となって対応可能です。

マツミは、代表取締役の実松大輔さん(以下、実松さん)の父が経営する会社を分社化して、1981年に設立した会社です。父の会社は実松さんの弟が引き継ぎ、現在も2社は協力体制を取って日々の工事にあたっています。

「メーカーとの取引の兼ね合いで、父の会社から分社化しました。初めは4人くらいでこじんまりとスタートしたんですよ。でもバブルの頃でしたから、仕事には困らない良い時代でしたね」
現在のマツミは社員20名を抱える大所帯。戸建て住宅だけではなく、マンション改修など大規模な現場なども切り盛りする実松さんに、これまでのお話を伺いました。

実松さんは地元の高校卒業後に大学の経済学部へ進学。当時は、父の会社を継ぐ気はなく自分の意志で学部を選択したそうです。
「大学では合気道部に入りました。そこに警察関係の先輩がたくさんいて、刑事になっている人も大勢いました。なので、私もかなり影響を受けましたね。卒業したら家を継ぐなんて全く考えていなかったので、警察官になって刑事を目指すぞ!と考えていたんです。合気道の他に剣道も子どもの頃からやっていたし、武道に長けているとその道に進みやすいですから」

実松さんが大学を卒業する頃、世の中は建設ラッシュに沸いていた時代。そのため業界では慢性的な人手不足問題があり、実松さんの父の会社も例外ではありませんでした。
「就職活動をする頃に、『人手が足りないから、一緒に働いてくれないか』と父から頭を下げられました。刑事への未練はありましたが、父が自分に頼んでくるなんてよっぽどかなと思ったんです。親孝行になるならと家業に入る決断をしました」

実松さんの父は、職人ではなく管理業務出身でした。そのため、当時も職人を束ねて人事管理や施工管理の責任者として会社を経営。父の業務を引き継ぐという意味で、実松さんも入社後は父と同様の仕事に従事しました。その10年の間に、一級建築施工管理技士や一級土木施工管理技士を取得し、現場作業に関する知識も蓄えたのです。
「職人ではなくても、仕事をする上では当然塗装や防水の知識と技術が必要です。塗装メーカーの研修に参加したり現場で職人の横について仕上げを手伝ったりしながら、作業工程や技術についても勉強しました。」

やがて1981年、父の会社の事業内容発展を目指し株式会社マツミを設立。実松さんは代表取締役に就任しました。
「建設業界が元気な時代だったので、幸運なことに設立当初から仕事が滞らず入ってきました。逆に人手不足に泣かされて、慌てて人員確保に走りましたね。でも良かったこともあるんです。父の会社がこの辺りである程度の知名度がありました。名前に『松美(マツミ)』と入っていたので、松美から分社した『マツミ』ってことで覚えてもらいやすかったんです。単に新しく立ち上げた会社だったら、信用を築くのがもっと大変だったでしょうね」

地道に会社の基盤を大きくし、年々社員を増やしてきたマツミ。現在は、社員に組織力や人間力を高める研修会への参加を促しているそうです。
「技術の高さはもちろん大事です。でも現場の仕事だけではなく、組織にどう関わっていくかということも、広い視野を持って考えてほしくて。それぞれが人間力を上げて、理念に向かっていけたら『ワンチーム』として結束の固い会社になれるかなと期待しています」

詳しく見る閉じる

WORK「安かろう悪かろう」な仕事はしない。モットーに沿って、適正価格で高品質な施工を提供

大阪府茨木市高田町の株式会社マツミは、屋根塗装や外壁塗装に加え、防水工事にも対応している塗装工事店です。

「親兄弟の建物だと思って塗る」
これは、マツミ社内での塗装工事に対するキャッチフレーズです。職人の心情として、身内の建物だと思うと作業は丁寧になるもの。その想いをお客さま全ての屋根リフォーム・屋根修理の塗装に活かしたいと考えています。
「これは、父の会社にいた頃から聞いていたキャッチフレーズです。仕事の全てに愛情を持って取り組んでもらいたいという想いからできた言葉ですね。その想いがあればこそ、お客さまに喜んでいただける高品質な施工が提供できると考えています」

また、高品質な施工を目指すのは塗装店として当然ですが、実松さんはそこへ至るまでのプロセスも大切にしたいと言います。お客さまへの対応も大事なプロセスのひとつで、丁寧な打ち合わせと近隣への配慮を欠かしません。
「完工までの過程には、技術はもちろんお客さまとのやりとりがあり、それも大切な要因です。しっかりした点検と打ち合わせで、その建物に必要な施工を選り抜いて提案します。価格についても同様です。『安さ』だけに目が向いていると高品質の工事ができないかもしれない。安かろう悪かろうな仕事をしたくないので、予算と施工内容の兼ね合いもきちんと説明しています。一度仕事をいただいたお客さまとは末永いお付き合いをしていきたいので、信頼関係を築くのも大切なプロセスですね」

雨漏り対処で一番留意しなければいけないことは? と尋ねたところ、「何より原因究明が第一です」と、実松さんは言い切りました。
「大切なのは原因を潰すこと。雨水の侵入箇所は見た目ではわかりにくいので、散水検査(※1)で原因を特定してから補修を行います。屋根の場合、屋上やベランダの防水加工の経年劣化や剥がれ、スレート屋根のフックボルトの錆の進行が原因となっているケースもありますね。その場合は、既存の防水層を剥がして下地処理をしてから新しい防水層を施工したり、シーリング材(※2)で雨水の侵入箇所を塞いでプラスチック製のキャップをかぶせたり、原因に合わせて適切な補修を行っています」

さらに実松さんは、施工マニュアルや仕様手順書に沿った工事も重視しています。
「屋根の塗り替えの場合、大切なのは実は乾燥。塗膜に適切な厚みを持たせるためには、適度な乾燥時間が不可欠です。メーカーの施工マニュアルは、その塗料の効能を最大限に引き出すための手順が書いてあります。使用手順書に沿って作業することは、高品質な施工に繋がるんです」

ここ大阪府茨木市高田町を含む北摂地域は、山が近いために夏は暑く冬は寒いという気候特性があり、塗装の作業にも影響を与えています。
「7月から8月にかけては気温が高く、塗料が乾きやすいです。ただ、足場や養生、または塗料の匂いで窓が開けられなくなり、お客さまの生活が不便になる時期でもあります。それに配慮して、真夏の塗り替えは避ける傾向にありますね。そして、気温5度以下の真冬も塗料が乾燥しにくくなる季節。冬場は現場に温度計を持っていき、5度以上になったら工事を始めるようにしています」

※1 散水検査・・・雨漏りなどの調査のため、実際に水をかけて水漏れ箇所を確認する検査
※2 シーリング材・・・サッシ周りなどの目地や隙間に、雨や汚れが浸入しないように充填する材料

詳しく見る閉じる

MESSAGE自社でできることのみに固執せず、協力会社と連携してお客さまの満足いく施工を目指す

マツミは、施工後の定期点検をアフターサービスとして実施。施工内容によって保障期間は異なりますが、保証書も発行しています。
「完工後は、使用塗料のメーカー保証や、独自の無料保証期間を設定して定期点検を行っています。保障期間が過ぎても、不具合が気になったら連絡をくださいね」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根塗装の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォーム・屋根修理を検討しているお客さまへメッセージです。
「数多くの工事店がある中で当社を選んでいただけたら、こんなに嬉しいことはありません。また、塗装だけでは直しきれない屋根の劣化は、信頼の置ける協力会社と組んで責任を持って施工します。お客さまに喜ばれるよう、気持ちを込めて塗装・修理にあたりますのでお気軽にお問い合わせください」

現在では、実作業で現場に行くことが少なくなったという実松さん。しかし、それでも今なお、職人の作業チェックやお客さま対応で走り回る日々のようです。職人の高い技術と実松さんの管理者としての能力、マツミはこの2つを絶妙なバランスでやり繰りし、これからもここ大阪府茨木市で活躍し続けるでしょう。

(2020年6月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(株式会社マツミ)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(株式会社マツミ)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(株式会社マツミ)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(株式会社マツミ)

一番の強み 各工程に特化した職人の力を結集し、高品質な塗装工事を提供できるところ
会社名 株式会社マツミ
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:21名
建設業許可 土木工事業、建築工事業、大工工事業、左官工事業、とび・土工工事業、石工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロツク工事業、工鋼構造物事業、鉄筋工事業、舗装工事業、しゅんせつ工事業、板金工事業、ガラス工事業、塗装工事業、防水事業、内装仕上工事業、熱絶縁工事業、建具工事業、水道施設工事業、解体工事業(大阪府知事(特-R2)第81743号)
保有資格者 一級塗装技能士:2名
一級建築施工管理技士:2名
外壁診断士:1名
有機溶剤作業主任者:6名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:3名
高所作業車運転者:7名
職長安全衛生責任者:4名
石綿取扱作業従事者:4名
足場の組立て等作業主任者:3名
玉掛作業者:3名
ものづくりマイスター(塗装):1名
特徴 リフォーム業
屋根塗装工事業
外壁塗装工事業
対応地域

滋賀県

京都府

大阪府

兵庫県

奈良県

和歌山県

アフターフォロー体制 日新火災海上保険株式会社の統合賠償責任保険ビジサポに加入済です。施工後には定期的な点検や診断を行っています。何か不具合があった場合はご連絡を頂ければ迅速に伺います。
また工事内容に応じて、保証書も発行しています。
代表者 実松 大輔
代表者経歴
(名称は当時のもの)
株式会社マツミ 代表取締役
ダイフレックス防水工事業協同組合 所属
コニシべステム工業会連合会 所属
全国ハーゲン防水美装工業会 所属
1970年3月:茨木市立西中学校 卒業
1970年4月:大阪府立春日丘高等学校 入学
1973年3月:大阪府立春日丘高等学校 卒業
1974年4月:関西大学 入学
1978年3月:関西大学 卒業
1978年4月:松美化建工業株式会社 入社
1981年7月:株式会社マツミ 設立 代表取締役 就任
所在地 〒567-0011
大阪府茨木市高田町25-11 大きな地図で見る
営業時間 月曜日~土曜日(第1、第3土曜日) 8:00~17:00
定休日 第2、第4土曜日、日曜日、祝日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店