災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

雨漏りを応急手当でなく原因から直すことを徹底する金属屋根リフォーム店

有限会社藤原板金工作所

岡山県 倉敷・総社・井原・笠岡

岡山県板金工業組合所属

有限会社藤原板金工作所

有限会社藤原板金工作所は、創業から50年以上続く金属屋根修理や金属屋根リフォームの工事、外壁工事、雨樋工事に加え、鉄骨工事、そして内装まで幅広く手がけています。代表の藤原さんは岡山県板金工業組合の専務理事を務めるなど、技術も人格においても信頼を集めています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON創業から約50年。先代が築いた信用と信頼を裏切らない屋根リフォームを徹底

有限会社藤原板金工作所の代表取締役である藤原昌也さん(以下、藤原さん)は、祖父の代から続く板金工事にはじまり、内装工事や外壁工事も手がけています。現在では鉄骨工事から樋のかけ替えやトイレの取り付けまで、「どんなことでも対応できる」屋根リフォーム店として、地元での信頼が厚いのが特徴です。

「私の祖父が現役で活躍していた頃、祖父は1人で板金を叩いて樋をつくり、バイクで運んで工事を行なっていました。その後、祖父の後を継いだ父が『藤原板金工作所』として創業し、新築の屋根や壁の工事にも本格的に乗り出し、事業を拡大していきました。それに伴い、従業員も増えていき、現在では父の代から勤めている職人さんも一緒に働いています。私自身が高校生の頃から働いている方が、世代が代わってもずっと続けてくれることには本当に感謝していますし、『ありがたい』の一言に尽きますね。」

こう話をしてくれた藤原さん。そんな藤原さんに、まずはご自身の子どもの頃のお話を伺いました。
「子どもながら『自分がどの分野であれば勝てるのか』と常に一番を取る方法を考える癖がありました。小学生のころに、学校で水泳競技会の選手として練習をしていたのですが、自分自身は水泳を習ったことが無かったので、有名で人気のある種目では他の子たちに勝てないと思ったのです。だからこそ、当時は選ぶ子どもが少なかった『バタフライ』と『個人メドレー』を選び、『ここなら自分が勝てる』と懸命に練習をしました。その戦術と『やるときはとことんやる』性格もあって、県大会に出場できたことをよく覚えています」と藤原さん。自分が決めたことは筋を通し、信念を貫く。子どもの頃からの「どうやれば一番を取れるのか」を考え、「やるときはとことんやる」という話をする時の、藤原さんの活気あふれる表情が印象的でした。

そんな藤原さんは、3人兄弟の長男ということもあり「いつかは自分が家業を継ぐ」という意識も強くあったそう。そこで中学から高校でのお話を伺いました。
「中学生のころは部活をしたり、家業の手伝いをしたり、遊んだりと過ごしていたのですが、どこかでいつも『自分は家を継ぐんだ』という意識がありました。そこで考えた末、高校は建築科に進もうと決めました。先生からは心配もされたこともあったのですが、『やるときはやるから』と押し切って勉強をし、建築科へ入ることができました。」

高校へ進学し建築を学んだ藤原さん。その当時も高校での勉強の傍らで家業の手伝いもし、大工さんとも徐々に顔見知りになっていったそう。そして高校3年生の進路を考える時期には、「いつか家業を継ぐと考えると、金属屋根工事だけでなく、建築の全体像をみておく必要がある」と感じたという藤原さん。高校卒業後は総合建設業の会社に入社します。

「入社して初めの1年は土木関連の仕事をしていました。そこから2年目に入る時に、移動になったのが工場だったのです。しかし、当時の自分が意図しているものと異なる方向に進むことに悩み、今後について考えた時、自分は工場とは違うところで活躍したいという気持ちが固まりました。そして、ちょうどタイミングも合ったので、家業である金属屋根リフォーム工事を手掛ける当社に入ることを決めました。」

現在では、藤原さんの弟さんや、先代のころからの職人さんとともに仕事をしている藤原さん。「長く続いた会社だからこそ、これまで築いてきた信用を裏切ることはしたくないです」と話す藤原さんんの目に、祖父と父から受け継いだものを守り、伸ばしていくという強い決意を感じました。

詳しく見る閉じる

WORK屋根修理・屋根リフォームをするからには、ごまかしや、自分の納得のいかないことはしたくない

有限会社藤原板金工作所では、金属屋根工事(板金工事)に加え、内装や外壁工事、そして鉄骨工事からお風呂やトイレの取り替えまで、幅広い分野の工事に対応しています。

代表の藤原さんに強みを伺うと、「屋根修理や屋根リフォームをやるからには、絶対に雨漏りしない提案をします」と藤原さん。
「雨漏りの対処の方法は色々あると思うのですが、当社では応急手当てではなく原因から直すことしかできないと施主さんには伝えています。その時には雨漏りの原因とそこから予想されるもの全てをお伝えします。ときにはお金がかかってしまうこともありますが、ごまかしたり、自分自身が納得のいかない工事はしたくありませんし、ここは譲れません。当社が屋根リフォームを行う場合、責任は当社にあるので、その責任は必ず果たしたいのです。」

また「私自身が株式会社全日本建築板金保証センターの検査員をしており、自社・他社の屋根リフォーム工事についての検査を行い、保証書を発行しています。ご要望のある方には保証書発行も可能ですので、ご安心頂けたらと思います」と藤原さん。さらに全国建築板金競技大会で施工図の図面を書いたものが、全国で7位に選ばれた経験もあることから、資格と技術を合わせ持つことが認められ、現在では岡山県板金工業組合(金属屋根工事の専門組合)の専務理事としても活躍されています。

また、仕事に対する価値観を伺うと、「まずは人として相手に届く大きな声での挨拶が基本です。挨拶をされて怒る人はいませんから。あとは、現場などでは自分から進んで一緒に仕事をする人の中に入っていくことが大事だと考えています。話が得意な人はそうすることで仲良くなり、横のつながりも生まれてくると思います。一方で、話が得意じゃない人だって、進んで片付けをしたり、先に先に動いていくことはできますから。そうやって中に入っていくことも大切だと思い、若い社員が入って来た際にはこう伝えていますね。」と藤原さん。

また、屋根リフォーム工事の際に心がけていることを伺うと、「朝の時間は必ず守ることを徹底しています。7時には出社、8時からは現場で作業など、仕事を始める時間はしっかり定めて工期を守ることを意識しています。また突然天候が崩れることもあるので、しっかり現場で時間配分をして、その日にやれるところまでやって仕事を終えるという点も大切にしています。」

「またどんな屋根修理が最善かを社員で共有し、そして今後に活かしていくために、屋根リフォームの工事前と工事中、そして工事後の写真をとることを徹底しています。こうしておくことで施主さんにも原因を説明でき、何かあった際にも確認をすることができますので。これも当社ではベテランと若手に関係なく、全員が徹底して行なっています。」

雨漏りに関して、どういった対処をしているかを伺うと、「当社で施工したものであれば、予測できるのですが、他社の施工した屋根から雨漏りというのは原因が予想できないので、しっかり調査を行います。」と藤原さん。「以前あったのは、ゲリラ豪雨の際に雨漏りするというものでした。普通の雨であれば屋根の軒と軒がぶつかる部分(谷とも言う)で溜まるはずの雨水が、ゲリラ豪雨のような大雨の場合にはそこから溢れ出てしまうことがありました。これは谷部分の深さを出すという構造自体を替えなければ直らないので、施主さんにこれを伝え、屋根を切って谷を下げて深さを出し、さらに板金を箱形に加工することで対処をしました。」

このような建物に合わせた板金加工ができるのも、長年培ってきた技術と知識があってのもの。それに加え、実際に施主さんにも理解しやすいように写真を撮って、それを元に説明するという点は「絶対に雨漏りをしない工事」を徹底する藤原さんだからこそ為せるものだと感じました。

詳しく見る閉じる

MESSAGE永年勤続のベテラン屋根職人と若い力でどんなお困りごとにも素早く対応

藤原さんにアフターサービスについて伺うと、「屋根リフォーム後に不具合があればもちろん対処します。またご要望があれば保証書も発行いたします。当社には40年近く働いていて、金属屋根の組合から永年勤続で表彰を受けた職人や、反対に若い職人もいますので、技術もしかり、人数が多い分機動力もあります。何かあれば屋根職人のベテランの技と若い力ですぐに対応していきます。」と藤原さん。
最後にメッセージをお願いすると、「板金屋根だけでなく、外壁や内装など家全般のリフォームに関してもご相談に乗ることができますので、小さなお困りごとでもお気軽にご相談ください」と藤原さん。

祖父の代から続くものを継承しながらも、デジカメで屋根修理・屋根リフォームの写真を撮っては今後に活かすことを徹底し、常に雨漏りさせない工事を目指す「先駆者としての道」を進む藤原さん。その姿に今後の躍進を確信しました。

(2016年10月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(有限会社藤原板金工作所)4件

before

after

樋工事(補修)

工事種別: 樋工事(補修)

価  格: 5~10万円

施工長さ: 0~25m

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(有限会社藤原板金工作所)1件

総合評価

star star star star star 4.90

コミュニケーション star star star star star 5.00
工事の技術 star star star star star 5.00
アフターフォロー star star star star star 5.00
提案力 star star star star star 5.00
価格の満足度 star star star star star 3.90
マナーの良さ star star star star star 5.00
清潔感 star star star star star 5.00

新着クチコミ

star star star star star 4.90

岡山県倉敷市

T.K

40代 男性

  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装

投稿者からのコメント

工事のことはもちろん、+αで対応して頂きとても良かったと思います。

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事店日記屋根工事店日記(有限会社藤原板金工作所)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(有限会社藤原板金工作所)

一番の強み 工事をやるからには、絶対に雨漏りしない提案をするところ
会社名 有限会社藤原板金工作所
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:5名
建設業許可 板金工事業(岡山県知事許可(般―16)第17179号)
大工・左官・タイル・屋根・塗装・ガラス(岡山県知事許可(般―20)第17179号)
防水・建具・熱絶縁・内装仕上・石工事業(岡山県知事許可(般―20)第17179号)
保有資格者 二級施工管理技士(仕上げ):1名
一級建築板金技能士:1名
特徴 屋根工事業
リフォーム業
対応地域

岡山県

アフターフォロー体制 人数も多いので、不具合があればすぐに対応いたします。
代表者 藤原 昌也
代表者経歴
(名称は当時のもの)
有限会社藤原板金工作所 代表取締役
1984年3月:岡山県立水島工業高等学校 卒業
1984年4月:児島建設株式会社 入社
1985年3月:児島建設株式会社 退社
1985年4月:藤原板金工作所 入社
1991年3月:有限会社藤原板金工作所 取締役 就任
2002年3月:有限会社藤原板金工作所 代表取締役 就任
所在地 〒710-0133
岡山県倉敷市藤戸町藤戸1820-7 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日

最近チェックした屋根工事店