真面目に正直に。施工のデメリットも包み隠さず説明し納得のいく屋根工事を

有限会社吉川商事

長崎県 長崎

長崎県瓦工事業組合

有限会社吉川商事

長崎県長崎市西海町の有限会社吉川商事は、屋根リフォーム・屋根修理を中心に太陽光工事などの自社施工も含め、屋根工事全般を手掛ける工事店です。その他の住宅工事は他社工事店と協力体制を取っており、雨樋修理や外壁などの外装工事、内装リフォーム工事など幅広いメンテナンスに対応しています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON 知人からの一喝で決心して家業継承へ。協力店との連携を更に深めお客さまの家を守りたい

有限会社吉川商事(以下、吉川商事)は長崎県長崎市西海町に位置する屋根工事店です。瓦屋根・金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)を中心とした屋根工事全般と太陽光工事を行います。その他外壁の塗り替えや張り替えなどの外装リフォームにも窓口となって対応している頼もしい会社です。

吉川商事代表取締役の吉川裕也さん(以下、吉川さん)はこの会社の三代目経営者です。幼い頃から当たり前のように瓦の仕事を見ていたため、瓦屋根職人を特別視したことはなかったそう。

「職人さんに対して子どもの頃に考えたのは、『瓦や屋根の仕事をしているんだなあ』くらいでしょうか。職人さんと顔見知りで仲が良かったので会社でよく遊んでいました。ただ、小学生くらいになると外で『吉川さんとこの息子さん?』みたいに突然知らない人から声をかけられることが多くなって、それが嫌だったのは記憶にありますよ。地元密着の仕事をしていたので、祖父と父の顔が広かったんでしょうね」

高校時代は時間のある時にアルバイト感覚で瓦屋根の仕事を手伝うようになりました。材料運びなどの雑用が主な仕事でしたが、職人と共に現場にいると、瓦屋根葺きが大変な仕事であると実感したそうです。

「高校を出たらすぐに働きたかったんですが、父から『大学へ行けるなら勉強もしておけ』と勧められて進学しました。いずれ家業には入る気でいましたが、すぐにとは言われていなかったので、卒業後は企業で営業職に就きました。そこを辞める時に父から『辞めるならそろそろうちへ来い』と誘われました。私の気持ちとしてもタイミングがちょうどよかったので、2005年に吉川商事へ入社しました」

屋根工事の仕事は、いわゆる3Kと呼ばれる過酷な仕事です。会社員からの転職は初めは体にこたえそうですが、家業をずっと見てきた吉川さんにとって、この仕事が体力的にきついのは百も承知だったといいます。

「分かっていて入社したので、気持ち的には余裕がありました。あと、これは他の地方の職人さんから聞いて知ったんですが、他の地域って材料を手で運搬することが少ないんですね。長崎の町は坂や階段が多いので材料を手で運搬することも多いのですが、他県ではそんなことないと聞いて、自分の仕事はきついんだなと気が付きました」

約8年ほど現場で経験を積み、2013年、31歳で代表取締役へ就任。20代後半で先代から事業継承について聞かれた時には、すでに継ぐ気持ちが固まっていたそうです。

「父は60歳になったら代表を退くと決めていました。でも、母は経営者の苦労を父のそばで見てきて、私に代表をやらせたくなかったみたいです。私もこの仕事を始めた時は瓦屋根の仕事に将来性はあるのかと悩みましたが、ある時、信頼している知人から『これから他の仕事をしようなんて考えが甘い』と一喝されて『腹決めてやらんばかなあ』と決めたんです」

吉川商事の専門は屋根工事です。吉川さんはこの仕事に就いてから、塗装店や板金工事店とチーム形式で仕事がしたいと考えていました。しかし、当時はそのような習慣があまりなく、先代や他社は、吉川さんの提案を受け入れてくれませんでした。

「うちは屋根工事が専門です。でも住宅のメンテナンスはそれだけじゃありませんよね。塗装店や板金工事店の職人さんとチームになってお客さまの家を守りたいと考えたんですが、父に提案しても『やれば』とそっけなくて。でも地道に信頼できる職人さんに仕事をお願いし続けていたら、最近は横の繋がりで助け合う風潮が出てきました。今後は、外壁や雨樋修理などの瓦屋根以外の外装工事をお願いできる工事店さんとの繋がりを強くして、もっとお客さまにとって頼りがいのある会社になりたいですね」

詳しく見る閉じる

WORK 真面目なスタッフが何よりの宝。勤勉な職人たちに支えられ、お客さまからの評判も上々に

長崎県長崎市西海町の吉川商事は、瓦屋根工事や太陽光工事を専門に行う屋根工事店です。住宅の内外装工事全般、多岐にわたるお悩み解決のお手伝いをしています。

吉川商事の職人たちは、とにかく真面目で誠実。吉川さんはお客さまから直にお褒めいただく機会が多く、経営者としてとても嬉しいと話します。

「動きがきびきびしていて、休憩時間もだらしない休み方はしていないとのお話をよくいただくんです。技術面でも同業者の皆さんから『瓦屋根のことなら吉川にまかせれば大丈夫』と言ってもらえるので、本当に喜ばしいです」

真面目で腕の良い職人の仕事は、仕上がりが格別に美しいと同業者からも高評価だそう。細かい箇所の瓦の納め方が丁寧だったり、瓦の通りがびしっとした一直線になっているなど、丈夫さに加えて外観の美しさにも強くこだわっている証拠です。

「基本的な瓦の納め方など、職人的に『ここは大事だ』という作業に関して社内で統一ルールを設けています。会社としてこれまでの経験に基づいてルールを決めているんです。例えば新築の作業で、2階建ての家の1階部分の出隅(※1)や入隅(※2)の板金工事の仕方とか。うちが瓦葺き作業をした後は、板金設置がしやすいとそんな声をよく聞きます。瓦の通りが波打っていないので、その後の作業がしやすいみたいです。足場屋さんから『ここの瓦は吉川さんがしたってわかります』と言われたりして。現場内の掃除もしっかりやって釘の1本、ゴミのひとつも残さないようにしています」

屋根修理依頼は雨漏りが発端になる場合が多いとのこと。吉川さんはまず現地調査を行い、部分修理と全葺き替えの提案を考えます。その他、お客さまがご近所さんから瓦がめくれているとの指摘を受け、点検をしてほしいとの問い合わせをいただくこともあるそうです。

「修理で済むのか、葺き替えた方が良いのか。屋根の状況によっては提案や施工方法は様々です。築年数がけっこう経っていると瓦や金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)を全て葺き替えた方が良い時もありますし。それは私の見立てでメリットもデメリットも話しますね。特に修理のみで済ませる場合は、調査の結果を隠さずお伝えします。例えば、今回の雨漏り修理で水漏れは止まるけどいずれこっちからも不具合が出るかもしれないとか、屋根を全体的に見た上でのお話をさせていただきます。全葺き替えの提案は、屋根材の状態や下地の劣化や棟瓦(※3)の崩れなどが目安かな。特に鬼瓦部分は、そこからの雨漏りが多いので、きちんとした見極めが必要ですね」

長崎県は台風が多い地域のため、ひと昔前から瓦屋根は全数釘どめ(※4)で施工し丈夫な仕上がりにするのが職人の常識です。しかし、他県では少し事情が違うと知り驚いたといいます。

「長崎の瓦職人なら釘どめで仕上げるのは当たり前です。国土交通省の発表で令和4年の1月から建築基準法で瓦の緊結が義務化されると聞いて、他の地域では今までやってなかったところもあるんだと驚きました。吉川商事では昔から釘どめで仕上げているのでご安心くださいね」

※1 出隅・・・外壁や屋根の2つの面が出合ってできる角(凸)の部分
※2 入隅・・・外壁や屋根の2つの面が出合ってできる角(凹)の部分
※3 鬼瓦・・・棟(屋根のてっぺん)の端を彩る瓦
※4 全数釘どめ(釘うち)・・・瓦1枚に対して1本の釘で留め付けを行う施工法

詳しく見る閉じる

MESSAGE お客さまへの説明は正直に。メリットデメリットを明かし、その後も快適に暮らせる家に

吉川商事のアフターフォローは、施工内容によりメーカー保証書の発行があります。万が一、施工後に不具合があった場合はすぐに連絡をしてほしいとのことです。

「気になることがございましたら、お気兼ねなく連絡をしてください。すぐに点検に参ります。よくあるのが、屋根リフォーム・屋根修理後の外壁塗装のご相談ですね。屋根がきれいになった後に外壁にも手を入れたいというお客さまは多いです」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォームや屋根修理を検討しているお客さまにメッセージです。

「嘘をつかず、誠実に仕事をしています。施工について、メリットデメリットを正直にご説明し、お客さまのご都合を考慮してご提案致します。あと、これはお客さまにぜひ知っていただきたいんですが、不具合がなくても住宅の点検はされた方が良いです。例えば、築30年の家。今まで何も工事をしたことがなくても、本当に何もしなくて良いのかという点検はぜひ受けてください。水漏れが起こってからの雨漏り修理では、生活に不便が出てしまいます。トラブルが起こる前にちょこちょこ補修をしていった方が長持ちして、快適にお住まいになれると思うんです。屋根のことはもちろん、外壁の塗装や張り替えなど住宅リフォームに関してもお問い合わせお待ちしております」

肉体的に過酷だといわれている住宅工事の仕事。しかし、吉川さんは幼い頃から家業のそばで暮らしてきたため、どんな苦しい状況にも「住宅工事の仕事はそういうものだ」と前向きに捉えてきました。そのどっしりとした様子は、そのまま仕事に現れています。あらゆる状況に対して背かず、正直に向き合っていく姿勢に計り知れない頼もしさを感じた取材でした。


(2022年2月取材)

詳しく見る閉じる

・当社及び記事作成者は、当サイトに掲載されている記事や情報の内容に関しては十分な注意を払っておりますが、それらについての正確性や確実性、安全性、効果や効能などを保証するものではございません。

・当サイトに記載された情報のご利用については、ユーザー自身の責任において行われるものとし、ユーザーが当サイトから入手した情報に基づいて直接的または間接的に被ったいかなる損害について、当社および記事作成者は一切の責任を負いません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料相談)

取材後記

有限会社吉川商事

職人への強いリスペクトを抱く

吉川さんからお話を伺って感じたのは、「技術自慢や功績自慢をしない経営者さん」だということ。吉川商事が手掛けた瓦屋根の仕上がりの良さが口コミになっているとの言及はありましたが、それらは全て「自社の真面目な社員(職人)のおかげ」だと言い切っていました。きっと、自分のまわりで働く人たちを心から頼りにし尊敬しているから、そんな言葉が出てくるのだと思います。

持ちつ持たれつで仕事を

「屋根工事を専門に外装工事全般で頼られる会社になりたい。そのためには他社さんとチーム体制で働きたい」吉川さんのこの想いは、やはり社員さんへの気持ち同様、職人として他の業種の職人を信じているためなのではないでしょうか。互いの専門分野を大切にしつつ、お客さまの家を守るための最高の工事を届けたいと考えている、目先の仕事だけにとらわれない素晴らしい考え方だと感激しました。

特集特集(有限会社吉川商事)

有限会社吉川商事は、 「「やねいろは」事務局オススメ工事店」 の特集に取り上げられています。

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(有限会社吉川商事)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(有限会社吉川商事) 0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(有限会社吉川商事)

工事店日記はありません。

・当社及び記事作成者は、当サイトに掲載されている記事や情報の内容に関しては十分な注意を払っておりますが、それらについての正確性や確実性、安全性、効果や効能などを保証するものではございません。

・当サイトに記載された情報のご利用については、ユーザー自身の責任において行われるものとし、ユーザーが当サイトから入手した情報に基づいて直接的または間接的に被ったいかなる損害について、当社および記事作成者は一切の責任を負いません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料相談)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(有限会社吉川商事)

一番の強み 他社が見ても「ここは綺麗だから吉川さんが施工した屋根だ」と分かるほど、細部まで丁寧さや綺麗さにこだわった施工をするところ
会社名 有限会社吉川商事
対応工事
屋根
瓦屋根
金属屋根
その他
雨樋
太陽光
塗装
外壁塗装
屋根塗装
屋上防水
従業員数 社員:12名
建設業許可 大工工事業、屋根工事業(長崎県知事許可(般―3)第8311号)
保有資格者 一級かわらぶき技能士:3名
二級かわらぶき技能士:1名
一級建築施工管理技士:1名
建設マスター(屋根工):1名
瓦屋根診断技士:2名
瓦屋根工事技士:2名
巻上げ機運転者:5名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:3名
職長安全衛生責任者:4名
石綿取扱作業従事者:5名
足場の組立て等作業主任者:5名
職業訓練指導員:1名
特徴 リフォーム業
瓦屋根工事業
金属屋根工事業
その他屋根工事業
太陽光工事業
対応地域

長崎県

アフターフォロー体制 三井住友海上火災保険株式会社の賠償責任保険に加入しています。
施工内容により、メーカーの保証書を発行しています。
気になる箇所がございましたら、お気軽にご連絡ください。
代表者 吉川 裕也
代表者経歴
(名称は当時のもの)
有限会社吉川商事 代表取締役
長崎県中小企業家同友会 所属
西そのぎ商工会 所属
2005年4月:有限会社吉川商事 入社
2013年9月:有限会社吉川商事 代表取締役就任
所在地 〒851-3101
長崎県長崎市西海町1700-27 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~17:00
定休日 日曜日、祝日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)
  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A
HOME屋根工事店 長崎県・すべての屋根工事 > 長崎・すべての屋根工事 > 長崎・屋根工事 > 長崎・瓦屋根 有限会社吉川商事
災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ