手を抜かずに良い材料を使い、落ちない・飛ばない丈夫な屋根に

昌栄組屋根工事有限会社

三重県 津・松阪

ドローン点検

昌栄組屋根工事有限会社

三重県津市雲出本郷町の昌栄組屋根工事有限会社は、屋根リフォーム・屋根修理をメインに行う工事店です。その他、瓦工事、雨樋工事など外装の小修理、内装リフォームも歓迎。二級建築士の資格も持つ代表取締役が、住宅の構造を熟知した上で提案する施工プランに定評がある会社です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON 瓦屋根でスタートした職人生活。取得した資格を武器に内装リフォームにも強い会社に

昌栄組屋根工事有限会社(以下、昌栄組屋根工事)は、三重県津市雲出本郷町に拠点を構える屋根工事店。メインは瓦屋根の新築工事、リフォーム・修理ですが、雨樋(あまどい)工事や樋清掃、内装リフォームなど住宅に関する様々な工事に対応可能です。

「工業高校に進んだきっかけですか?僕、中学校からバスケットボールをやっていたので、そこのバスケ部が目的でした。家業を継ぐ目的も多少はあったかなと思いますが、部活メインで進学しました」

取材冒頭、家業継承のために工業高校へ?と尋ねたところ、昔を懐かしそうに振り返ってくれた昌栄組屋根工事代表取締役の横山基幸さん(以下、横山さん)。高校時代は、インターハイ出場を目指すほどのバスケットボール強豪校で汗を流したそうです。

「本当はね、中学生くらいの頃は瓦屋よりも建築デザインや内装デザインをやってみたかったんですよ。でもそれは、デザイン系の勉強ができる高校が自宅から遠くて諦めました。結局は、入った高校で建築の勉強をしたおかげで家の造りに興味が湧いて、二級建築士が取れたので良かったですけどね。卒業後は、自然な流れで家業に入りました」

昌栄組屋根工事は、横山さんの祖父が立ち上げた屋根工事店。幼い頃から祖父と父の瓦屋根職人としての姿を見て育ったため、高校卒業後すぐの入社に抵抗はなかったそうです。

「僕が入った頃の会社は瓦屋根一本でした。父が昔ながらの『見て覚えろ』的な職人だったので、僕の下積みは長かったなあ。当時の瓦屋根は土葺き(つちぶき※1)で、その土がきれいに葺けるようになるまで時間がかかりました。一棟の屋根を全部任せてもらえたのは、25歳の頃だったと思います」

そうして修行期間を経て瓦屋根職人となり、2014年に父の後を継いで代表取締役に就任。現在は瓦屋根リフォーム・修理のほか、内装リフォーム工事にも力を入れています。

お客さまからの瓦屋根のリフォーム・修理の相談、それは住宅の経年劣化を意味します。屋根の傷みが目につくようになったら、同じだけ室内設備にも劣化が始まっているもの。屋根リフォーム・屋根修理のついでにと内装リフォームに踏み切るお客さまはとても多いそうです。

「瓦屋ですが、今は内装リフォーム仕事が本当に多くなってきました。内装仕事の際は、二級建築士の知識が大いに役に立っています。元々、瓦屋根だけではなく住宅全体に関して広い視野を持ちたくて二級建築士を取得したので、選択は間違っていなかったですね」

現在、横山さんが懸念(けねん)しているのは次世代への会社の継承。建設現場での仕事はハードなイメージが強く、若い働き手が確保しにくいと嘆きます。

「昔と違って今は時間がもったいないし、手取り足取り教えるのが基本です。若い世代の考えや習慣に合わせて丁寧に面倒を見たいと考えているんですが、そもそも働きたいって人が来ないんですよね。夏は暑い、冬は寒い、そして高所作業なので危険。敬遠されてしまう業界ですよ。ただ、いつも仲間うちでは若手育成についての話をしているんです。これからは、小学校へのワークショップなんかも視野に入れて、どうにか業界の人材不足を解消していきたいですね」

※1 土葺き・・・土や粘土を用いて屋根瓦を固定する工法

詳しく見る閉じる

WORK 大工からの指名は瓦屋としての誇り。培った技術を存分に発揮し、信頼を裏切らない施工を

三重県津市雲出本郷町の昌栄組屋根工事は、瓦屋根のリフォーム・修理、雨樋工事を中心に施工する工事店です。各種内装工事にも対応しており、屋根だけではなく外装の小修理から内装の大規模リフォームまで幅広く手掛けています。

内装リフォームなどの仕事が多くなっても、昌栄組屋根工事のかけがえのない武器はやはり瓦屋根の技術。和瓦から洋瓦まで、どんな瓦屋根にも対応しています。4、5年に一度は、高い瓦葺き技術が不可欠な寺の山門や本堂の工事依頼もあるほどで、新築から葺き替えまでこなす技術力は、ここ三重県の瓦屋根工事店として揺るがない地位を確立しています。

「寺社仏閣は、ほぼ工務店さんからの依頼ですね。以前、伊勢の大工さんが『瓦屋根は昌栄組屋根工事にさせてもらうで』と指名してくれて。こんな光栄なことってありませんよね。
いつだったか瓦屋根の葺き替えに行ったら、小屋組みから直さないといけない状態の現場がありました。お客さまと相談の上、建物から屋根まで新築のようにきれいに工事しました。うちは瓦屋根以外にも施工ができる体制が整っているので、対応幅の広さも大きな強みですね」

また、雨漏り修理の依頼頻度は高く、取材当日も応急処置をしてきたばかりとのことでした。
「雨漏りはお客さまにとって不安でしかありませんよね。できるだけ早く行きたかったので先ほど見てきました。そこは、寄棟(※2)屋根の隅棟(※3)からの水漏れでした。のし瓦の間にコーキング(※4)が打たれていたんですよ。コーキングは良い材料なのですが、防水材なので、しっかり雨水の出口を塞いでしまっていました。雨水が上手に流れていかないので、おかしなところに水が溜まってそれが雨漏りになっていたんですね。かなり経年劣化も進んでいたので、葺き替えにしましょうとなって見積もりの最中です」

雨漏りの原因発見のコツは、何よりも雨天のその時に現場へ行くのが大切だと横山さんは言います。晴天続きの際は散水調査を試しますが、短時間の散水では確かな手ごたえがない場合が多いそうです。

「散水検査だと、ずいぶん時間が経ってから水が落ちてくる場合もあるんです。やはり雨降りの日、水漏れを起こしているその時に点検するのが一番早いですね。あと、雨漏り修理が終わったその場でお客さまは代金を払おうとするんですが、私は次の雨で再度チェックして水漏れが止まったのを確認してから請求する感じです。それくらい、雨漏り修理の完遂は難しいものですね」

その他、昌栄組屋根工事には「使わなくなった太陽熱温水器を屋根から下ろしてほしい」など、屋根工事以外の依頼も舞い込みます。横山さんはそのような些末な仕事にもひとつひとつ丁寧に対応しているとのこと。

「屋根の上なんて滅多に見るものではないし、職業柄やっぱり点検してしまうんですよね。見たら塗装が傷んでいたのでお客さまに『そろそろ手を入れた方がいいよ』とアドバイスしたら、翌日電話がきて『塗装して』と。塗装はメインではないのですが、それがまちの工事店としての役割かなと考えています」

昔、親方に「瓦屋根を綺麗に葺くのはあたり前だが、その土地、風土にあった葺き方をしないと雨漏りをする」と言われたそうです。これはどういったことなのでしょうかと聞くと、横山さんは教えてくれました。
「三重県は広いんですよ。伊賀は山間部、津は海沿い。土地の違いで和型の葺き方が違ってくるという例えです。今は乾式工法やガイドラインがあるので、そんな事態にはなりません。土地によっては積雪の違いや風向きの違い、雨の降り方が違います。気候の違いを知った上で葺くのが大切、瓦屋根は面白いですね」

※2 寄棟・・・屋根面が4方向に傾斜する屋根形式
※3 隅棟・・・傾斜のある棟
※4 コーキング・・・継ぎ目の隙間を埋める目地材

詳しく見る閉じる

MESSAGE ひとりの職人が施工者であり責任者。現場でお客さまからの要望を直接吸い上げて施工

昌栄組屋根工事では、完工時に施工の種類により保証書の発行があります。その他、何か不具合があればいつでも対応しています。

「祖父の代からの会社なので、何十年前にやった瓦屋根のケアは、お客さまからの連絡で適宜お伺いしています。1年、3年とかの定期点検を考えたこともあるんですが、雨漏りに対しては止まるまで責任を持ちますし、葺き替えの屋根の出来には自信があるので、今のところ都度対応ですね。古い付き合いのお客さまには、近隣を通った際にお声がけする時もあるかな」

最後に「やねいろは」をご覧になっている瓦屋根の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォーム・修理、内装リフォームなど検討しているお客さまにメッセージです。
「昌栄組屋根工事は、ひとりの職人が打ち合わせから施工まで責任を持ちます。その利点は、窓口が1つなので、お客さまの要望にすぐ動けることです。瓦屋根に関する質問、お気軽にお問い合わせください」

施工の話では身振り手振り交えて熱心になりますが、ご自身の話になるとのんびりと答える横山さん。
事業拡大は考えていないと言いますが、「現状維持ってのが一番難しいのかもしれません」と時折経営の真髄を突く発言を漏らします。広い視野を持ちながら、目の前の仕事に愛情を持って取り組む姿に責任感の強さを見た時間でした。

(2020年10月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

特集特集(昌栄組屋根工事有限会社)

昌栄組屋根工事有限会社は、 「やねいろはでクチコミのある工事店」 の特集に取り上げられています。

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(昌栄組屋根工事有限会社)1件

before

after

屋根工事(取替)

工事種別: 屋根工事(取替)

価  格: 250~275万円

施工面積: 175~200m²

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(昌栄組屋根工事有限会社) 1件

総合評価

star star star star star 5.00

コミュニケーション star star star star star 5.00
工事の技術 star star star star star 5.00
アフターフォロー star star star star star 5.00
提案力 star star star star star 5.00
価格の満足度 star star star star star 5.00
マナーの良さ star star star star star 5.00
清潔感 star star star star star 5.00

新着クチコミ

star star star star star 5.00

三重県 津市

K.K

30代  男性

屋根
瓦屋根
金属屋根
その他
雨樋
太陽光
塗装
屋根塗装
外壁塗装
屋上防水

投稿者からのコメント

屋根がきれいになり毎日安心して暮らせるようになりました。ありがとうございました。

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事店日記屋根工事店日記(昌栄組屋根工事有限会社)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(昌栄組屋根工事有限会社)

一番の強み 三代続く瓦工事店に建築士の知識が加わり、高い技術と広い知識で瓦から内装まで幅広く対応できるところ
会社名 昌栄組屋根工事有限会社
対応工事
屋根
瓦屋根
金属屋根
その他
雨樋
太陽光
塗装
外壁塗装
屋根塗装
屋上防水
従業員数 社員:3名
建設業許可 屋根工事業(三重県知事許可(般―29)第1935号)
保有資格者 一級かわらぶき技能士:2名
瓦屋根診断技士:1名
瓦屋根工事技士:1名
巻上げ機運転者:1名
丸のこ等取扱従事者:1名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:1名
職長安全衛生責任者:1名
石綿取扱作業従事者:1名
足場の組立て等作業主任者:1名
玉掛作業者:1名
二級建築士:1名
特徴 リフォーム業
瓦屋根工事業
その他屋根工事業
対応地域

三重県

アフターフォロー体制 全瓦連第三者賠償保険・瑕疵担保責任保険に加入しています。
施工の種類により保証書の発行があります。その他、何か不具合があればいつでもご連絡ください。
代表者 横山 基幸
代表者経歴
(名称は当時のもの)
昌栄組屋根工事有限会社 代表取締役
三重県屋根工事業組合連合会 所属
1988年3月:津市立南郊中学校 卒業
1988年4月:三重県立津工業高等学校 入学
1991年3月:三重県立津工業高等学校 卒業
1991年3月:昌栄組屋根工事有限会社 入社
2014年4月:昌栄組屋根工事有限会社 代表取締役就任
所在地 〒514-0304
三重県 津市 雲出本郷町 1801 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~日曜日、祝日 8:00~20:00
定休日 年末年始
  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A
HOME屋根工事店 三重県・すべての屋根工事 > 津・松阪・すべての屋根工事 > 津・松阪・屋根工事 > 津・松阪・瓦屋根 昌栄組屋根工事有限会社
災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ