災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

地域密着第一。地元神奈川へ抱く愛情を糧に、屋根リフォーム・修理に励む

株式会社マルセイテック

神奈川県 厚木・海老名・大和・綾瀬

株式会社マルセイテック

神奈川県大和市中央の株式会社マルセイテックは、金属屋根リフォーム・修理を含む住宅工事全般を行う住宅リフォーム店です。自社の金属屋根職人が多く在籍し、技術者層が厚いのが自慢。お客さまに選ばれる地域密着の会社、地域NO.1工事店を目指す躍進的な会社です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON転職での苦い経験を活かし、プロが納得する屋根リフォーム工事をお客さまへ届けていく

株式会社マルセイテック(以下、マルセイテック)は、神奈川県大和市中央にある金属屋根やスレート屋根のリフォーム・修理を含むリフォーム全般を手掛ける住宅工事店。内外装塗装、外構エクステリアなどの外装工事にも対応可能です。

「マルセイテックを立ち上げる前は、屋根や外壁のリフォーム・修理工事の訪問販売会社に勤めていました。しかしながら、工事の質に納得できなかったのと、セールス方法が性に合わなかったので1年ほどで辞めてしまったんです。今はその苦い経験を活かして、お客さまに確実に安心してもらえる仕事をしています」
住宅業界での経験は約20年。工事会社から不動産会社まで、住宅絡みの様々な仕事を知るマルセイテック代表取締役の屋比久(やびく)盛友さん(以下、屋比久さん)に、創業までのお話を伺いました。

屋比久さんは、生まれも育ちも神奈川県。高校卒業後、屋比久さんは父が経営していた住宅工事会社の屋比久興業へ入社しました。しかし、父の会社へ入ったのは事業継承のためではではなく、高校卒業時に何もしたいことがなかったからと話します。
「社会人経験はないし、確固たる夢や目標もない。父は私を外に出せないと思ったんでしょうね。フラフラするくらいならウチで働けと雇ってくれたんです」
上背があり、しかも風邪ひとつ引かない丈夫な体の持ち主だった屋比久少年。屋外で働くのは全く苦ではなく、むしろ体力を持て余していた年頃だったせいか、くたくたになるまで働く日々はとても充実していたそうです。
「父は経営者でしたが、自ら現場へ出ていく職人でもありました。父が一緒に現場にいたせいもあると思いますが、高校出たての私を職人さんたちは温かく迎えてくれました。下請けが多かったですが、それなりに大きな規模の現場もあったので、住宅工事業界の仕事と仕組みを、父の会社にいた5年間で勉強させてもらいました」

しかし、共に仕事をしていた5年間、父との関係はそれほど良くなかったとのこと。2人が一緒に働いていた頃、父は現役最盛期で屋比久さんはまだ若かった。父は若い屋比久さんの言葉には全く耳を貸さず、そのときは「社長と若い従業員」の関係でしかなかったのです。
「ケンカも結構しましたね。関係が良くなったのは私が独立創業をしてからです。住宅工事業界で会社を切り盛りする仲間として、現在はやっと父と肩を並べられた気がします」

屋比久さんは一度父の会社を離れ、不動産会社へ勤めています。そこで「リノベーション事業」に深く携わり、住宅リフォームの面白さを知ったのです。
「中古の物件をリノベーションして価値を上げる、その考えにすごく共感しました。今、空き住宅が増えてそれが社会問題にまでなっています。中古住宅を循環させるだけでは根本的な解決にはならないですが、少しでも住宅の乱立が防げるのなら、リノベーションは前向きな事業になると思うんです」

父の会社で5年、不動産会社で3年、そしてくだんの訪問リフォーム会社での1年を経て、2010年にマルセイテックを創業しました。
「現場職人と営業職を経験し、会社を興したいと考え、現在に至ります。今、会社で私が口酸っぱく言っているのは『今の作業の効率を優先するよりも、10年後にも雨漏りしない屋根にしよう』ということ。工事部(現場チーム)が高品質な屋根リフォーム・修理ができれば、営業部は自信をもって仕事を取ってこられるんです。まずは、リフォーム・修理の技術を高めていく!今後もこの想いを軸に、まい進していきたいですね」

詳しく見る閉じる

WORK自社施工が最大の強み。現場作業へ目が行き届くからこそ、小さなほころびも見逃さない

株式会社マルセイテックは神奈川県大和市中央に拠点を構える、金属屋根リフォーム・修理を含む住宅リフォーム全般に対応可能な住宅工事店です。「作業効率よりも工事品質向上を」と掲げ、10年後も安心して住める家を目指して、リフォーム・修理工事を提供します。

マルセイテックの強みは、自社施工であること。金属屋根に関してはかなりのこだわりがあり、先述にもあったようにリフォーム・修理工事の品質を会社全体で管理しています。そして屋比久さんは、営業マンとしても敏腕。相見積もりをしているお客さまには、自社が1番に見積書を届ける気概で迅速に動きます。
「見積もり合戦になった際によくある、『ズルい業者は、三番目に見積書を持ってくる』という動き。私はそれを『三番手戦略』なんて言って揶揄しているんですが、これは、他が見積書を出し終わった後にゆっくり見積書を持っていくこと。他社の金額や施工内容を探ってから提出する感じですね。私は提案する施工プランに自信がありますので、一番に見積書を持ってお客さまのところへ参ります」

マルセイテックが仕事をする上で大切にしているのは、お客さまの目線。決して工事店の目線にならないよう、社内全体で常に状況を確認しています。
「お客さまの家を自分の家だと思って点検し、この家には何が一番必要な施工なのか考えます。自分がしてもらって助かること、嬉しいことをお客さまにしてさしあげたいんです。また、家族の人数や、その家にあと何年住むかなど、そういったリアルな状況を把握するのも施工プランを立てる営業マンの大事な仕事ですね」と話すのは、営業部の重城(じゅうじょう)宗正さん(以下、重城さん)。

重城さんは、どんなリフォーム・修理工事でも、結局は人間関係がキーになると考えています。代表の屋比久さんと重城さんは中学校以来の顔なじみ。2人には共通の知り合いも多く、仕事仲間から単なるご近所さんまで、多様な付き合いが発生します。そのため、マルセイテックに関する良い話も悪い話もあっという間に地元で広がっていく環境です。
「私も代表も、大和市に愛着があります。だからこそ、ここで仕事ができている現状を大切にしたい。ご近所さんの目は時に厳しいけれど、それくらいの方が緊張感をもって日々過ごせますね」

実際の雨漏り修理の現場で苦労するのは、原因の解明。一度目の点検で原因がはっきりするのは稀で、散水検査(※1)を2度3度行って特定する場合がほとんどです。また、昨今はゲリラ豪雨や台風による横なぐりの雨の影響で、ひと昔前なら考えられない場所から雨水が侵入する例が多く、雨漏り修理が多岐にわたってきています。
「100%の原因究明はなかなか難しいのが本音です。それを伝えた上で、屋根の上、屋根裏まで入り込んで点検をします。時には天井を切って中を見て、色々な手を尽くして原因を探るんです。ベランダの笠木の横にある小さなすき間から水が入り込んでいて、それが反対側の部屋まで流れ込んでいたり、排水ドレン(※2)の中の方が外れていて、そのズレから水が入っていたり……。本当に見つけるのが大変です」

先日、カバー工法で屋根修理の契約を交わした後に、マルセイテック自らお客さまに契約破棄をお願いしたことがありました。それは、重城さんが施工前の最終点検で屋根に上がった際に、シロアリを発見したため。この状態でカバー工法を施すと10年後の躯体が危ないと判断し、契約を白紙に戻しました。
「聞くところによると、そのお客さまはマルセイテックで数社目の見積もりということでした。かなり粘って交渉していたようです。やっと施工会社が決まってホッとしたところに、今度はシロアリ。カバー工法ができなくなり、ご夫婦で慌てていらっしゃいました。最終的にはカバー工法ではなく全葺き替えを提案させて頂き、結果としてシロアリごときれいにすることができました」

最後に、40年間大和市に住む重城さんに、ここ神奈川県大和市の気候の特徴による屋根リフォーム・修理について尋ねたところ「家より大切なことがあると思うんです」と神妙な顔つきに。
「台風も豪雨も、今や当たり前のように毎年襲ってきますが、私が子どもの頃には災害はこんなに頻繁ではなかった。雪も6年前の関東の大雪後は、一日で積もる量が尋常じゃない。気候変動という言葉通りだなと実感しています。住宅リフォームの話から外れてしまうんですが、災害レベルの雨や雪が来たら、まず守るべきは命です。『まだ大丈夫』と思っているうちに命を落とす例が多くて、ニュースを見ていると辛くなります。家を直すのも命あってのことです。命は大事に、そして家にはできるだけの保険を備えておく、そんな気持ちでいてください」

※1 散水検査…雨漏りなどの調査のため、実際に水をかけて水漏れ箇所を確認する検査
※2 ドレン…雨水、雑排水などを排水するための管や溝

詳しく見る閉じる

MESSAGE大和市に根付いた住宅工事店になりたい。『リフォームといえばマルセイテック』を目指す

マルセイテックのアフターサービスは、「何かありましたらいつでも連絡を」と柔軟な対応です。
「代表も私も大和市育ちなので、その辺を歩いていると『あら久しぶり。あのね、水道の調子が悪いんだけど…』と立ち話で突然相談されることがあるんです。アフターサービスという契約上の堅い話ではなく、そんなふうにいつでも声をかけてもらえたらと思っています」と重城さんから頼りになる言葉です。

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根の不具合や劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォーム・修理を検討しているお客さまへ代表の屋比久さんからメッセージです。
「住宅工事店の都合が勝る時代は終わりました。これからはお客さまに選んでもらえる会社にならないといけません。そのためには屋根リフォーム・修理工事の品質の向上、提案力の底上げ、その他お客さまへのマナーなど、努力しないといけないことが山積みです。マルセイテックが、お客さまにとって、そしてここ神奈川県大和市でナンバーワン住宅工事店になるために、社員一同お客さまファーストで仕事に励みます。些細な屋根の不具合でも、お気軽にお問い合わせいただけたら嬉しいです」

屋比久さんと重城さんは、生粋の大和人。「大和市で悪さはできない」と笑います。常に地域密着を考えざるを得ない環境ですが、お二人からは気負いは感じられませんでした。それはきっとここ神奈川県大和市に強い愛情があるからなのでしょう。マルセイテックなら、自分の生きる土地を愛するように、お客さまの家にもきっと温かい配慮をしてくれるに違いありません。

(2019年10月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(株式会社マルセイテック)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(株式会社マルセイテック)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(株式会社マルセイテック)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(株式会社マルセイテック)

一番の強み 現場を知る営業担当者が自信をもって高品質な工事をお届けするところ
会社名 株式会社マルセイテック
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:12名 専属外注:2名
保有資格者 外壁診断士:3名
宅地建物取引士:1名
巻上げ機運転者:1名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育修了者:1名
高所作業車運転者:1名
職長安全衛生責任者:2名
足場の組立て等作業責任者:4名
玉掛作業者:4名
屋根リフォームマスター:2名
相続カウンセラー:1名
特徴 リフォーム業
金属屋根工事業
その他屋根工事業
樋工事業
屋根塗装工事業
外壁塗装工事業
対応地域

神奈川県

アフターフォロー体制 東京海上日動火災保険株式会社の第三者賠償責任保険加入済みです。
またご要望に応じて保証書も発行しており、点検も随時行っております。
何かあればいつでもご相談ください。
代表者 屋比久 盛友
代表者経歴 株式会社マルセイテック 代表取締役
1998年3月:大和市立南林間中学校 卒業
1998年4月:武相高等学校 入学
2001年3月:武相高等学校 卒業
2001年4月:有限会社屋比久興業 入社
2006年3月:有限会社屋比久興業 退社
2006年4月:朝日土地建物株式会社 入社
2009年3月:朝日土地建物株式会社 退社
2009年4月:サノワホーム株式会社 入社
2010年8月:サノワホーム株式会社 退社
2010年8月:マルセイテック 創業 代表就任
2014年12月:株式会社マルセイテック 設立 代表取締役就任
所在地 〒242-0021
神奈川県大和市中央7-16-27YNビル1階 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~火曜日、木~日曜日、祝日 8:00~18:00
定休日 水曜日、隔週火曜日、年末年始、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店