構造を熟知した職人が、長持ちする屋根塗装と屋上防水・板金カバーを施工

しんあいペイント(株式会社眞愛)

神奈川県 湯河原・真鶴・小田原

しんあいペイント(株式会社眞愛)

神奈川県小田原市堀之内のしんあいペイント(株式会社眞愛)は、屋根塗装・外壁塗装や金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)工事など住宅外装工事全般を手掛ける工事店です。その他、雨樋修理や内装リフォーム・クリーニングなど住宅メンテナンスに関して幅広く対応しています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON 塗装だけでは雨漏りは防げない。住宅をトータルケアするため、様々な技術を学び続ける

しんあいペイントは神奈川県小田原市堀之内にある住宅工事店です。塗装をはじめ、屋根リフォーム・屋根修理や住宅メンテナンスにまつわる様々な工事を行います。金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)工事や瓦屋根などの修理も、自社施工で対応可能です。

しんあいペイント代表取締役の片山伊祐さん(以下、片山さん)は、若い頃のアルバイトがきっかけで塗装会社で働くようになりました。初めは、他のアルバイトとの掛け持ちで行っていましたが、塗装の仕事が楽しくて仕方なく、いつしかメインの仕事になっていったのです。

「働き始めた時は10代でした。まだまだ子どもで、大人の職人たちから礼儀やマナーを厳しく教わりました。時代も時代でしたし、現場には上下関係しかなかったと記憶しています。厳しい毎日でしたが、修行時代に教わった全てが今の私の礎(いしずえ)です」

建設塗装の現場は、まず足場を組み、建物に洗浄を行い、その他さまざまな作業を経て本塗装に至ります。初めての仕事で全ての工程を終え足場を解体した時の光景を、片山さんは忘れられないといいます。

「作業は毎日進みますが、足場をかけている間は建物の全景はわからないんですよね。完工になって足場を外して建物の全貌が見えたとき、経年劣化でボロボロだったものがピカピカになっていて、その様変わりした建物を見て感動しました。完成までのプロセスに自分が一から十まで携わっているのが、とにかく面白かった。建設工事の仕上げ部門に携わって、完成の達成感を味わえるのが塗装の醍醐味でした」

片山さんはこれまで、解体工事、足場組立、型枠大工など塗装の他にも色々な職種を経験してきました。現在の専門は金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)工事や塗装、内装リフォームですが、そのどれにもこれまでの経験が役立っています。

「10代~20代の頃に大手のゼネコンで働いた経験が大きいです。そこで働く大ベテランの職人さんたちから素晴らしい技術を直に教わりました。さらに、型枠大工でセメント等を扱っていたので、モルタル外壁の修理などセメントで新しく作り直すための知識があります。現在の足場組立は基本的には外注ですが、経験があるのとないのとでは見方が違ってきますね。私たちが細やかな箇所まで塗装しやすいように、足場屋さんに指示を出させていただくこともあります。隣家と近い時の組み立て方、風で倒れないようにするための対策など、専門知識が必要なのでそれも役に立っています」

片山さんは31歳で独立開業し、これまで地域に根差した仕事をしてきました。今後はより一層、お客さま第一で仕事ができるよう精進していきたいとのことです。片山さんの地元である東京に事務所を構える構想や、現在拠点を持っている小田原の町で住宅リフォームや雨漏り修理専門の営業所を開設し、地域密着の仕事をしていきたいと意欲的でした。

「資格取得のための勉強で他社との差別化をしています。若い頃、塗装の現場を知るうちに『塗るのは上達したけど雨漏りについてはまだまだわかっていない』と気が付いたんです。一級塗装技能士の資格を持っていても雨漏りは一切防げません。雨漏りはどこから水が浸入してどのように腐食していくのか、そして屋根と外壁の構造はどうなっているのか、それらに関して具体的に勉強して雨漏り診断士を取得し、お客さまへの説明に説得力を持たせるようにしてきました。住宅の他に工業製品の塗膜検査や輸出製品の吹付業務も行っていることから、FROSIO表面処理検査員(※1)も取りました。製造にも携わっているので、塗装に関して十分な知識があると自負しています」

※1 FROSIO表面処理検査員・・・主として船舶と海洋構造物の塗装が行われる被塗面の表面処理と塗装状況を検査する検査員資格

詳しく見る閉じる

WORK 施工前に必ず社内考察し、最適な工法を選定。職人たちの様々な経験値が現場を動かす

神奈川県小田原市堀之内のしんあいペイントは、住宅の内外装塗装や製品の吹付塗装など、多岐にわたる仕事に携わっています。塗装のほか、金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)や瓦屋根のリフォームや修理、雨樋修理も自社で施工可能な頼もしい会社です。

しんあいペイントの専門は塗装を軸としていますが、長い経験の中で片山さんは屋根工事に関する技術も学びました。現場では塗装だけでは直せない不具合に度々遭遇するそう。剥がれた瓦や錆びた金属屋根(ガルバリウム鋼板屋根)を発見するたび、応急処置ではなく積極的に根治修理をするようにしてきたそうです。初めはわからないことだらけでしたが、瓦や板金を実際にめくりながら屋根材の下の構造や修理方法をしぶとく勉強してきました。

「雨仕舞の仕組みは徹底的に勉強しました。各業界との様々な繋がりを活かし、わからないことはすぐに聞いて解決してきました。日頃から、社内の職人とも施工方法を確認し合って作業をしているんです。特に雨漏りは、職人によって経験や工程への考え方が違いますね。社員たちが、私が決めた施工に対して『その工法にはこういったリスクは考えられませんか?』と助言をしてくれることもあります。そういった日々の考察・作業・確証が、しんあいペイントの技術の研鑽(けんさん)に繋がっていて、その体制自体が会社の強みになっていますね」

実際の屋根リフォーム・屋根修理の事例では、スレートの一種であるパミール屋根(※2)のカバー工法が挙がりました。パミール屋根は経年劣化が著しいと、塗装でのメンテナンスができません。また、屋根や外壁の雨漏り修理に関しても丁寧な調査で解決に努めます。

「経年劣化したパミールに塗装をしても塗料を吸い込んでしまい、強い塗膜にはなりません。塗膜と屋根材自体がすぐにぽろぽろと剥がれてしまうので、その場合はシーガードという屋根材をかぶせる工法で対応します。屋根の雨漏りの原因は、すがり(※3)部分の板金の納め方が甘くなっている状態、または屋根材と屋根材の隙間が水性塗料で埋まっている状態によるものも多いと感じます。通常、塗り替えはタスペーサー(※4)をはさんで屋根材の間に隙間をつくるんですが、それができていないと、屋根の排水がうまくいかなくなるんです」

「屋上防水に関しては、外壁リフォーム・外壁修理をする際に同時にメンテナンスをしておくのがお勧めです」と片山さん。外壁のみを美しく仕上げても、屋上防水やその他ベランダ床などの防水膜が劣化していると、そこから雨水が浸入して外壁の内側にまわってしまう恐れがあります。屋根と外壁、建物はすべて繋がっているので、メンテナンスは建物全体で考えるべきだと片山さんは言います。

※2 パミール屋根・・・1996年に発売された製品。化粧スレートの一種。
※3 すがり・・・屋根形上のひとつで、屋根が単なる四角ではなく凸の形になっている部分
※4 タスペーサー・・・屋根材の重なる部分に挟み、屋根材と屋根材の隙間を保つための器具

詳しく見る閉じる

MESSAGE 応急処置的な塗装工事はタブー。雨仕舞に根本的な改修工事を施し、安心の住まいに

しんあいペイントの工事には施工内容により保証期間が設けられています。住宅の基礎に塗装した際はひび割れに対する5年間保証があり、年に1度点検に伺い塗面の状態を確認。その他の施工に関してのアフターフォローは、完工後1年、3年、5年の点検があります。

「施工後に万が一不具合がございましたら、すぐに点検に参りますので連絡をください。神奈川県小田原市のあたりは温暖、積雪も滅多にありませんので、通年で制限なく作業ができます。海沿いの住宅は塩害が多いので、潮風に対する錆止めなどのケアもご相談ください」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根塗装や外壁塗装の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォームや屋根修理を検討しているお客さまへメッセージです。

「雨漏りをさせないために常に研究しています。全国の雨漏りネットワークや組織同士で事例を共有しているので、お客さまの住宅工事にもきっと活かせると思います。住宅を長く使うために重要なのはメンテナンスです。雨漏りしたからといって塗装のみで済ませてしまっては、根本的な解決にならないので不十分です。工事をするのなら、雨仕舞に基づいた改修工事をしっかりしておくのが安心です。塗り替えをする場合は、水の流れを妨げないよう適切な隙間を保った上で塗ることが大切ですね。要は水の入り口と出口を理解できているかがポイント。しんあいペイントでは、そういったこともふまえて施工致します。お問い合わせお待ちしております」

施工提案の際、片山さんは親身になってヒアリングを行います。そのせいか、お客さまに「見積りはいくつもいらない。最適な方法でお任せするよ」と言われることが多いそうです。これは、片山さんの丁寧な打ち合わせにより、しんあいペイントの信用が高まった証拠。お客さまの心をほぐす真摯な対応が目に浮かんだ取材でした。

(2022年2月取材)

詳しく見る閉じる

・当社及び記事作成者は、当サイトに掲載されている記事や情報の内容に関しては十分な注意を払っておりますが、それらについての正確性や確実性、安全性、効果や効能などを保証するものではございません。

・当サイトに記載された情報のご利用については、ユーザー自身の責任において行われるものとし、ユーザーが当サイトから入手した情報に基づいて直接的または間接的に被ったいかなる損害について、当社および記事作成者は一切の責任を負いません。

この工事店に問い合わせてみる

この工事店にメールする

取材後記

しんあいペイント(株式会社眞愛)

現場の声への対応が自分磨きに

しんあいペイントには相談のみの電話も多いそうです。リフォーム工事への悩みや現在工事中の業者に対しての疑問など相談ごとは様々ですが、その一つひとつに片山さんは丁寧にお応えしています。直接の売上に結びつかずとも真摯な対応をするのは、知識を交えて説明することで自身の勉強にもなるのだそう。お困りのお客さまが納得・理解できる説明ができてこそ信頼度は高まります。そのエピソードから、片山さんの仕事に対する誠実な姿勢を感じました。

会って話すからこそ伝わる熱意

「住宅のことならしんあいペイントに頼むしかない、そう言われる会社になりたいです」
片山さんは「地域密着」という言葉をたびたび口にしました。向上心が高く勉強熱心、そして「わからないことはすぐに聞いたり調べて解決する」という素直な姿勢、その全ては地域のお客さまの役に立ちたいという強い想いから成り立っているのでしょう。百聞は一見に如(し)
かず。片山さんには実際に会って話をしてみるのを強くお勧めします。その熱意が伝わるはずです。

特集特集(しんあいペイント(株式会社眞愛))

しんあいペイント(株式会社眞愛)は、 「「やねいろは」事務局オススメ工事店」 の特集に取り上げられています。

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(しんあいペイント(株式会社眞愛))0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(しんあいペイント(株式会社眞愛)) 0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(しんあいペイント(株式会社眞愛))

工事店日記はありません。

・当社及び記事作成者は、当サイトに掲載されている記事や情報の内容に関しては十分な注意を払っておりますが、それらについての正確性や確実性、安全性、効果や効能などを保証するものではございません。

・当サイトに記載された情報のご利用については、ユーザー自身の責任において行われるものとし、ユーザーが当サイトから入手した情報に基づいて直接的または間接的に被ったいかなる損害について、当社および記事作成者は一切の責任を負いません。

この工事店に問い合わせてみる

この工事店にメールする

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(しんあいペイント(株式会社眞愛))

一番の強み 塗装のみならずリフォーム全体の知識と経験が豊富なので、お客さまの住宅全体の疑問や不安に応えられるところ
会社名 しんあいペイント(株式会社眞愛)
対応工事
屋根
瓦屋根
金属屋根
その他
雨樋
太陽光
塗装
外壁塗装
屋根塗装
屋上防水
従業員数 社員:4名
建設業許可 塗装工事業(神奈川県知事許可(般―2)第87755号)
保有資格者 FROSIO表面処理検査員(レベル3):1名
雨漏り診断士:1名
二級建築施工管理技士:1名
有機溶剤作業主任者:2名
外壁診断士:1名
一級塗装技能士:1名
高所作業車運転者:2名
職長安全衛生責任者:3名
石綿取扱作業従事者:2名
足場の組立て等作業主任者:3名
玉掛作業者:1名
特徴 リフォーム業
金属屋根工事業
その他屋根工事業
雨樋工事業
屋根塗装工事業
外壁塗装工事業
屋上防水工事業
対応地域

東京都

神奈川県

山梨県

静岡県

アフターフォロー体制 塗装に関しては1、3、5年点検を行っています。
その他不安な箇所がございましたらお電話ください。柔軟にご対応いたします。
施工内容によって保証書を発行しています。
代表者 片山 伊祐
代表者経歴
(名称は当時のもの)
しんあいペイント(株式会社眞愛) 代表取締役
塗魂ペインターズ 所属
1997年4月:株式会社門田塗装店 入社
2001年1月:株式会社門田塗装店 退社
2001年2月:株式会社オオタ 入社
2004年3月:株式会社オオタ 退社
2004年4月:株式会社門田塗装店 入社
2005年3月:株式会社門田塗装店 退社
2012年4月:眞愛 創業 代表就任
2015年2月:株式会社眞愛 設立 代表取締役就任
所在地 〒250-0853
神奈川県小田原市堀之内294-4 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~日曜日 9:00~18:00
定休日 年末年始休業
  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A
災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ