住宅ケアは長い目で。塗装や屋根修理が終わった後も頼りになる工事店

みらいホーム株式会社

神奈川県 横浜

みらいホーム株式会社

神奈川県横浜市旭区のみらいホーム株式会社は、屋根塗装・外壁塗装、金属屋根のリフォーム・修理を行う塗装工事店です。創業は2015年、「会社の体制を整えて、お客さまにいつでも頼ってもらえる会社でありたい」という想いを抱く代表が、地域での信用を地道に築いてきた、施主様からの信頼厚い工事店です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON DIY好きな両親の元で暮らした環境が、住宅工事を仕事にして生きていくきっかけに

みらいホーム株式会社(以下、みらいホーム)は神奈川県横浜市旭区に拠点を構える塗装工事店です。住宅塗装全般と金属屋根リフォーム・修理を中心に手掛けます。防水工事や雨樋工事も可能で、外装の不具合全般に対応できる、間口の広い会社です。

みらいホーム代表取締役の熊坂治樹さん(以下、熊坂さん)は、横浜生まれ横浜育ち、野球を愛する生粋の浜っ子でした。DIYを好む両親の元で育ち、幼い頃から家の中の壁を塗る親の姿を見て暮らしてきました。子ども心に、DIY後の壁一面が見違える様子にわくわくした記憶があるそうです。

「僕の親はアクティブで、家の中のペンキ塗りや修理などわりと何でもやる人でした。身近で見ていると壁の色が変わっていくのって面白いんですよね。住宅工事の世界に入ったのは、そんな家庭環境の影響もあると思います」

高校卒業後の就職先に住宅工事会社を選んだ熊坂さんに、父は「自分で決めたことだ。一生懸命やれよ」と温かい言葉をかけてくれたそう。その会社ではクロス貼りなどの内装業務を担当し、充実した毎日を送っていました。しかし、様々な仕事を覚えるうちに、住宅の屋根や外壁の塗り替えを終えたあとの達成感がくせになり、更には、いつしか塗装で独立してみたいと夢を見るように。

「塗装は外観が生まれ変わるのが目に見えてわかります。仕事したぞという実感が強いので、やりがいがありますね。お客さまからの『きれいになって嬉しい』『ありがとう』の言葉をストレートにいただけるのも、やはり屋根塗装や外壁塗装の醍醐味だと思います。20歳ころから独立を考え始めたんですが、そのときから塗装をメインにすると決めていました」

会社員として約8年勤め、2015年にみらいホームを開業。独立のきっかけは、お客さまともっと関われる仕事がしたいと考えたから。「勤め人としての職人」は作業が終わればまた次の現場へ移動します。それは会社の指示なので当然であり仕方のないことですが、熊坂さんはお客さまとの「その場限りのお付き合い」を少し寂しく思っていたといいます。

「自分で塗装店をやれば、施工のときだけではなくその後のアフターフォローもきちんと自分の目で見れます。お客さまと継続的に関わっていける体制づくりをするには、雇われ人から脱しないと無理だと感じたんです」

独立当初はひとり親方の状態で塗装工事のみに従事していましたが、ホームページを作ったり、接客に力を入れたりしながら事業を拡大してきました。現在では塗装だけではなく屋根リフォーム・屋根修理も対応可能。従業員も増え、熊坂さんには現場作業のほかに管理や経営の責任も大きくなっています。

「ひとりでやっていた頃と比べると会社の規模は大きくなりました。でも、現状に満足しないで、興味のあるものにどんどん挑戦していかなければと思っています。職人や現場監督の層を厚くして、どんな現場にでも、どんなお客さまにでも難なく対応できるように、会社として力をつけていきたいです!」

詳しく見る閉じる

WORK 塗り替えだけではなく、屋根の葺き替えも得意。予算や工期の都合はぜひ相談してほしい

屋根のリフォームや修理工事の見積書は、材料名と数字の羅列で一般の方にとっては難解です。熊坂さんは打ち合わせの際、お客さまへの説明に専門用語をなるべく使わず説明します。

「お客さまの質問にはわかりやすい言葉でお答えしています。ただ、直接質問をしてくださる方はそれでよいのですが、なかなかその場で質問が出てこないお客さまもいらっしゃって、あるとき施工後に『あれはもう少し説明してほしかった』と言われたことがあったんです。それ以来、わりと先回りして説明するようになりました。それが現場での職人たちとお客さまのコミュニケーションにもなりますしね」

実際の塗り替えの現場では、ここ数年の人気はラジカル塗料。さらに最近は、無機塗料の需要も高まってきているそうです。

「無機塗料は耐久年数が高く、汚れも付きにくい利点があります。ただ、高性能なだけあって価格が高いので、僕としてはラジカル塗料を勧めています。無機塗料は20~25年もつとうたわれているんですが、その間一切のメンテナンスがいらないかというと、それも極端な話です。台風が頻繁だと屋根に汚れは溜まりますし、地震で外壁にひびが入ることもあります。それらの修理では、当然足場を組んだ大掛かりなものになるんですが、『長持ちを期待して無機塗料にしたのに、これなら安い塗料でよかった』とそんな悔しさが出てくるかもしれないですよね。そんな後悔を避けるために、僕の経験を活かして、家にとってちょうどいいメンテナンスを提案しています」

また、みらいホームは塗装店でありながら金属屋根の葺き替えも可能です。最近の屋根リフォームでは、パミール(※1)からスーパーガルテクト(※2)へ葺き替えた例が挙がりました。外装リフォームの際、屋根は葺き替え、外壁は塗り替えになる場合が多いですが、その両方を難なく施工できるのは、みらいホームの強みです。

「屋根だけ、もしくは外壁だけの施工でも、結局足場は建物全体を囲むように設置しなければなりません。屋根と外壁の両方を一度で済ませられれば、費用の節約にもなります。みらいホームでは外注や仲介ではなく、屋根と外壁の両方の相談に乗れるのでお客さまの負担が少なくて済むんじゃないかな。もちろん、予算や工期の都合は一緒に考えていきましょう」

屋根の雨漏り修理は、水漏れ箇所の特定から始まります。散水調査は屋根の下部から水をかけていくのがコツだそう。上部から調査を始めてしまうと、屋根の形や場所によっては水のまわりが早くなり、場所の特定が難しくなるのです。

「下から順に上がっていけば、水漏れ部分がわかった時点で散水をやめられます。屋根は基本的に水が下へ下へ流れるように設計されているので、余分なところを濡らしてしまうと文字通り呼び水になって調査がしにくくなるんです。水漏れ箇所がわかったら、なるべく屋根の下の防水シートから修理し、それから表面の屋根材の不具合部分を直します。下地を無視すると、また数年で雨漏りを起こしかねません。表面のシーリング剤を打ち直すだけでも水漏れが止まる場合もあるんですが、それだとシーリングの劣化でまた同じ事態になる恐れがあります。下地の防水シートから直しておけば、シーリングプラス防水シートで二次防水になるんです」

ここ神奈川県横浜市旭区周辺、近隣の藤沢市、鎌倉市などの湘南地区は海のある町。潮風による錆は避けられない劣化だそうです。また、近年の夏の高温の影響で塗り替えには遮熱塗料の問い合わせも多いとのこと。みらいホームでは錆止め塗料や遮熱塗料を塩梅よく提案し、長持ちする屋根に仕上げています。

※1 パミール・・・ニチハ株式会社から1996年に発売された製品。化粧スレートの一種。
※2 スーパーガルテクト・・・屋根材と断熱材を一体化した金属屋根。遮熱性鋼板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能と耐久性に強く、軽量な金属屋根。

詳しく見る閉じる

MESSAGE 仕事は「安心と信用」が大切な軸。わかりやすく、そして頑丈な施工をお客さまに

みらいホームでは完工後3年で定期点検を行っています。その他、昨今は台風の直撃やゲリラ豪雨など突然の多雨の後も、ご要望があれば随時点検を行っているそうです。

「古いお宅だと、やはり台風の後は心配になるお客さまがいらっしゃいますね。そういった場合も、素早く対応しています。お客さまの安心が何より大切ですから。通常の施工後のアフターフォローは、各種保証書の発行と3年後の点検があります。保証書は施工内容や使用塗料、屋根材によって内容に違いがあるので、その都度ご確認ください」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、塗装の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォームや屋根修理を検討しているお客さまへメッセージです。

「見積書の詳しい説明はもちろん、完工の際も完了報告書を用いてお客さまとお話をしています。報告書は工程ごとに写真を残し、屋根にどんな施工をしたか一目瞭然の形になるようまとめているんです。初めから終わりまでお客さまの安心を第一に考えて仕事を進めています。屋根のこと、外壁のこと、塗り替えや外装リフォームならなんでもご相談ください。ご連絡、お待ちしております」

(2021年4月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

取材後記

みらいホーム株式会社

気配りと熱意をバランスよく

やねいろはが熊坂さんに取材をするのは今回で2度目。
1度目は2019年。当時はみらいホームを設立したばかりで「ひとり親方」でしたが、現在は従業員を抱え、お忙しそう。でも、お話を聞くうちに会社の規模が大きくなった理由がわかった気がします。
熊坂さんの中には「要望に出来る限り寄り添いたい」というお客さまへの配慮と、「現状で満足したくない」という仕事に対する情熱、ふたつの想いがバランスよく存在しているのです。

また数年後、お会いしたい経営者

取材者として私は、熊坂さんの柔らかな物腰に安心し、そして話が進むうちに、「優しい」だけではなく、仕事に対するしっかりした道筋を描いているのだと感じました。数年後にお会いしたら、またきっと違う意気込みの話が聞けるかもとワクワクが止まらない状態です。
それはきっと、これを読んでいるお客さまもきっと同じ。施工からアフターフォロー、そして次の屋根メンテナンス、会うたび信頼度が増してくるに違いありません。

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(みらいホーム株式会社)6件

before

after

雨樋工事(取替)

工事種別: 雨樋工事(取替)

価  格: 50~75万円

施工長さ: 50~75m

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(みらいホーム株式会社) 0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(みらいホーム株式会社)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(みらいホーム株式会社)

一番の強み 塗装工事や防水工事にあたってお客さまのお話を丁寧に聞き、誠実に対応するところ
会社名 みらいホーム株式会社
対応工事
屋根
瓦屋根
金属屋根
その他
雨樋
太陽光
塗装
外壁塗装
屋根塗装
屋上防水
従業員数 社員:12名
保有資格者 有機溶剤作業主任者:2名
一級塗装技能士:1名
二級塗装技能士:1名
外壁診断士:2名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:1名
足場の組立て等作業主任者:12名
雨漏り診断士:1
特徴 リフォーム業
塗装工事業
防水工事業
対応地域

東京都

神奈川県

アフターフォロー体制 第三者賠償責任保険・瑕疵担保責任保険に加入しています。
工事内容により保証書を発行しています。
施工後の経過年数で点検を行っています。
代表者 熊坂 治樹
代表者経歴
(名称は当時のもの)
みらいホーム株式会社 代表取締役
2001年4月:横浜市立上白根中学校 入学
2004年3月:横浜市立上白根中学校 卒業
2004年4月:神奈川県立横浜旭陵高等学校 入学
2007年3月:神奈川県立横浜旭陵高等学校 卒業
2007年4月:塗装会社 入社
2015年4月:みらいホーム 創業 代表就任
2017年4月:みらいホーム株式会社 設立 代表取締役就任
所在地 〒241-0022
神奈川県 横浜市旭区 鶴ケ峰 2-9-11 大きな地図で見る
営業時間 8:00~20:00
定休日 年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)
  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A
HOME屋根工事店 神奈川県・すべての屋根工事 > 横浜・すべての屋根工事 > 横浜・塗装工事 > 横浜・外壁塗装 みらいホーム株式会社
災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ