災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

瓦屋根ひとすじの代表が加賀の屋根を経験に裏打ちされた技術で守り抜く

瓦工事和

石川県 加賀・小松・能美

瓦工事和

石川県加賀市橋立町の瓦工事和は2016年創業の瓦屋根専門の工事店。瓦屋根の新築工事、リフォーム・修理を手掛けています。橋立町は古い町並みを守る「伝統的建造物群保存地区」に指定されており、最新の技術は勿論、昔ながらの瓦葺きに見識が高く古い建物を扱う技術にも長けている工事店です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON瓦屋根職人になったのはおそらく予定調和。回り道をした分、修行にも気合が入った

瓦工事和は石川県加賀市橋立町に拠点を構える瓦屋根工事店です。瓦屋根工事ひとすじの代表が、磨き上げた巧みな技術で美しい屋根に仕上げます。

瓦工事和代表の北本和誠さん(以下、北本さん)は、石川県生まれ石川県育ち。ここ瓦屋根の多い土地で、幼い頃から瓦屋根住宅の景色に慣れ親しんできました。しかし「瓦職人」という仕事に対しての認識は、高校生になるまで全くなかったと言います。

「私は工業高校出身なんですが、機械科だったもので住宅工事に関しては疎かったんです。ある日、アルバイト先を探していると、ウチの親戚に瓦屋がおるでと親に言われて驚きましたね。近所はそこらじゅう瓦屋根なんですが、当たり前過ぎて目に入ってなかったのかな。結局、その親戚のおじさんに紹介してもらった瓦屋さんでアルバイトをしたんです。その出来事が、私の瓦職人人生の始まりですね」

元々、額に汗して働く肉体労働に憧れていた北本さん。工業高校に在籍していた背景もあり、将来は土木業に就くのかとぼんやり考えていたそうです。しかし、夏休みの瓦屋でのアルバイトが北本さんの将来への指針となりました。

「工事現場で働く自分もイメージしていましたが、瓦に触らせてもらったら『コレだ!』とピンときました。親方にも高校卒業したらウチに来いと言われ、わりとその気になっていました。でも……」

しかし、北本さんは高校卒業後に塗装会社に就職。工業高校の生徒は地元企業から引く手あまたで、学校からの就職斡旋の流れに乗った結果でした。
「子どもでしたからね、あまり深く考えず学校推薦で塗装会社に就職しました。重機などを塗装する会社で職人業への夢はかないましたが、わりと大きな会社だったので塗装は効率重視で流れ作業でした。工場内での勤務だったので、屋外で働く希望があった自分としては、イメージがちょっと違うなと。でも、先輩たちにとても良くしてもらったし、当時は『3年辛抱できないやつはどこへ行っても務まらん』という風潮だったので、3年間真面目に働きましたね。それでもやっぱり瓦屋根職人への憧れが捨てられなくて転職したんです」

そうして1999年、北本さんは念願の瓦屋へ就職。以来20年間、わき目もふらず瓦職人としてまい進してきました。
「アルバイトと違い修行は毎日ツラいことだらけでした。でも、瓦葺き(ふき)が好きだからやってこれたんでしょうね。いくつか工事店は変わりましたが、瓦屋根から離れようと考えたことはありません。独立したい気持ちは若い頃からずっと持っていたので、まわりが独立していったり年配の職人が引退したりするのを眺めながら、37歳の時に独立しました。自分にお客さまがついていたわけでもないし、仕事がもらえるアテはなかったんですけど、年齢が上になると会社から抜けるのが難しくなると思い、意を決して開業したんです」

何もかもを1人で背負うようになってから、仕事の重みを理解したという北本さん。それまでは親方の段取りに従って現場へ行き、言われた仕事をこなしていただけだったと痛感したそうです。
「受注、見積もり、材料の調達、施工から完工まで全てを管理する重責を知りました。あの年齢で独立して良かったと思ってます。勤め人のままでは身に付かなかったスキルが得られましたから」

今後の会社展望は?と質問したところ、北本さんはこう答えました。
「今後は……というより、目の前のお客さまや工務店さんの期待に応えるのが目標ですね。それをした上で、将来への基盤を作っていきたい。瓦職人のなり手も少ないので、若い世代にこの仕事をどう普及していくかも問題です。自分の仕事の手を広げるより、まずは足元を固めていかないとね」

詳しく見る閉じる

WORKいまだに古い瓦葺き技術が必要な町。伝統を守る気概と新しい技術を学ぶ柔軟さが不可欠

瓦工事和は、石川県加賀市橋立町にある瓦屋根専門の工事店です。経年劣化による瓦屋根の葺き替えや、雨漏り修理を専門に扱っています。

取材冒頭、瓦工事和の強みを尋ねたところ「粗末な仕事はしたくないです。いや、絶対にしません」と北本さんは言い切りました。
瓦屋根仕事へのこだわりは相当で、これまで教わって身に付けた瓦葺き技術でもじゅうぶんでありながら新しい技術を会得する努力も怠りません。
「現場のひとつひとつが勉強ですね。職人同士で『もっとこうしたらどうか』とその場で意見交換が始まる場合もあります」

石川県加賀市橋立町は伝統的建造物群保存地区に指定されており、古い瓦を活かした瓦葺き工事が多数あります。そのため、近年使われている防災瓦(※1)が使用できず、古い瓦で耐震強度を高めるには、昔ながらの針金を用いた瓦葺きができる職人が必要です。北本さんのように意識の高い職人がいるのも、この土地の特徴かもしれません。
「新しい瓦で葺き替えれば早いんですが、景観を守るためにそうできない建物がたくさんあります。平垣の瓦を葺いたり蔵や寺の屋根を修理したりする現場も多く、古い瓦をわざわざ取り寄せることもあるんです。瓦に針金を巻いて葺く方法はかなり手間がかかりますが、私たちの手で町並みが整うのは嬉しいですね」

北本さんがお客さまとのやり取りで留意しているのは、臨機応変になること。打ち合わせから施工中まで、どんな時でも柔軟に対応するよう心掛けいるそう。
「打ち合わせ時に説明を重ねるとはいえ、工事が始まってからお客さまから疑問や要望が出てくる場合も多々あります。契約ではこうだからと杓子定規で断らず、できるかぎり対応しています」

実際の雨漏り修理でも、北本さんのお客さま対応が光ります。雨漏りの原因で多いのは、棟(※2)の崩れや谷銅板(※3)の穴あきです。しかし、築年数の経っている家は下葺きや下地が傷んでいる場合は、瓦自体を修理してもまた数年後に雨漏りを繰り返す恐れがあります。
「ほんの数年でまた水漏れを起こしてしまっては、修理代が無駄になってしまいます。そんな時は、下地の劣化状態をお客さまに伝えて葺き替えを勧めることもあるんです。屋根の上は簡単に見えないですから、お客さまに不具合部分の写真を見せて説明して、納得してもらった上で施工プランを決定しています」

※1 防災瓦…従来の瓦と比較して固定力が強く、耐震性に優れている
※2 棟…屋根のてっぺん
※3 谷(銅板)…屋根面と屋根面の繋ぎ目で雨水が流れる排水機能をもつ部分。(銅板製も多い)

詳しく見る閉じる

MESSAGE施工プランはお客さまの事情を汲んで。工期中も相談を重ね、納得いく仕上がりの屋根を

瓦工事和のアフターサービスは、瓦屋根リフォーム・瓦屋根修理の完工後に不具合があればいつでも連絡をと臨機応変。その他、年末の挨拶も欠かしません。
「瓦に気になる箇所があったら、遠慮なく相談してください。あと、年末にはその年に受注くださったお客さまのお宅を訪ねることが多いです。橋立町は漁師町で魚が手に入りやすいので、ご挨拶で自家製の魚の干物を持参することもあります。なかなか評判がいいんですよ」

最後に「やねいろは」をご覧になっている、瓦屋根の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォームや屋根修理を検討しているお客さまへメッセージです。
「誰よりも丁寧な仕事を心掛けています。瓦工事和に頼んで良かったと納得してもらえる瓦屋根に仕上げますので、予算が低くてもご相談ください。その予算でできる、最高の仕事を考え抜きます」

「仕事はお客さまとするものです」と、北本さん。最初の打ち合わせで予算や要望を詳しく聞き取り、数種類の見積書・施工プランを提出しています。
「見積もりは渡しっぱなしではなく、詳細をきちんと説明します。工事はお客さまと私で一緒に進めていきたいんです」

どんな時もお客さまの事情に寄り添う北本さんの姿勢に、瓦工事和の揺るぎない誠実さを感じた取材でした。


(2020年8月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(瓦工事和)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(瓦工事和)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(瓦工事和)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(瓦工事和)

一番の強み どんな時もお客さまの事情に寄り添い、予算や要望に添った施工プランを用意できるところ。
会社名 瓦工事和
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:1名
保有資格者 一級かわらぶき技能士:1名
足場の組立て等作業主任者:1名
玉掛作業者:1名
フォークリフト運転者:1名
特徴 リフォーム業
瓦屋根工事業
対応地域

石川県

アフターフォロー体制 損害保険ジャパン日本興亜株式会社のビジネス総合保険制度に加入しています。
不具合があればいつでも連絡をください。
臨機応変にご対応いたします。
代表者 北本 和誠
代表者経歴 瓦工事和 代表
加賀市瓦組合 所属
1993年3月:加賀市立橋立中学校 卒業
1993年4月:石川県立小松工業高等学校 入学
1996年3月:石川県立小松工業高等学校 卒業
1999年4月:瓦工事店 入社
2016年8月:瓦工事店 退社
2016年9月:瓦工事和 創業 代表就任
所在地 〒922-0554
石川県加賀市橋立町イ甲9-5 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日

最近チェックした屋根工事店