災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

職人は一生勉強!時代に合わせて、必要な屋根工事技術を身に付けたい

吉田瓦店

岐阜県 恵那・多治見・可児・加茂

岐阜県瓦葺組合

吉田瓦店

岐阜県恵那市長島町の吉田瓦店は、瓦屋根のリフォーム・修理をメインに手掛ける屋根工事店です。近年は金属屋根工事にも力を入れており、金属屋根材の取り扱いも多種多様。技術も話術もサービス精神旺盛な代表が、お客さまと真摯に向き合いご希望の屋根に仕上げます。

工事店の想い工事店の想い

PERSON職人は満足したらそこで打ち止め。成長を続けるためには、どんな現場でも学び続ける

吉田瓦店は岐阜県恵那市長島町に拠点を構える瓦屋根をメインに扱う屋根工事店です。瓦の他、金属屋根リフォーム・修理も積極的に引き受けています。

「瓦屋根職人というと、大抵家業を継いでいるとか、若いうちに修行しているとかでしょう。でも僕はそうじゃないんだよね。26歳の時に仕事の関係で瓦職人の親方に知り合って修行を始めたので、そういった人たちに比べたらずいぶんとスタートが遅いんですよ」
多くの瓦職人が10代で修業を始める中、この世界に飛び込んだ時はすでに26歳だった吉田瓦店代表の吉田和博さん(以下、吉田さん)。しかし、現在はそんな気負いは全く見られず、瓦屋根の仕事に情熱を抱いています。

小学生の頃の吉田さんは、図工の時間が好きだったそうです。椅子や小さな本棚を組み立てる木工作業が得意だったと言います。
「木材を切って、釘やねじを駆使して形にするのが楽しかったですね。出来上がった時の達成感、これは今の仕事にも通じています。やりきった!という想いとお客さまの喜ぶ顔、これが瓦屋根仕事の醍醐味ですね」

異業種から住宅工事業へ転職した吉田さんですが、このようにものづくりが好きだったこともあり、瓦葺(かわらぶ)きの仕事にはすんなり馴染みました。
「前職はトラックドライバーでした。でも、外で体を使って働く仕事に就きたいと考えていた矢先に、瓦屋根の親方と知り合ったんです。子どもの頃から手先が器用だったので、瓦葺きの仕事は興味深いことばかりでした。ものづくりにはゴールがないでしょう。それがこういった仕事の面白さですよね。親方は昔から『自分を一人前と思ったら職人は終わりだ』と言っていました。職人は一生勉強しなければいけません。自分の技術に満足してしまったら、そこで成長は止まるんです。良いものを作ろうと思ったら技術への欲がないとね」

ただ、現状では和瓦屋根は少なくなってきています。吉田さんが見習いの時代は入母屋(いりもや)をしっかりと積む、完成まで1~2ヶ月かかる現場が多かったそうですが、昨今は2~3日で完成する平板瓦の需要が増えています。
「和瓦屋根が少なくなっている状態、それの何が悲しいかって次世代を育てる場が無くなりつつあることなんだよね。合間に平板瓦、金属屋根が入ってくると、和瓦の現場に長くいる機会そのものがないんです。若い職人は屋根工事の場数は踏めても、難しい和瓦の現場でみっちり仕事する経験が積めないから、集中して手順を覚えられない。それが残念です」

ここまで和瓦を愛している吉田さんですが、瓦葺き技術を大切にしながら、新しい技術を身に付ける努力も怠りません。数年前から金属屋根のリフォーム・修理をスタートさせ、取り扱い材料も増えてきました。
「瓦屋根工事が減ってきているのが、正直なところです。昔は横の繋がりで金属屋根の職人さんにお願いしていたんですけど、彼らも忙しいから『自分でやってみたら』と勧められてね。やり方を教わって今は金属屋根だけではなく、水切り(※1)も取り付けられるようになりました。お客さまの望む施工なら、自分でやれた方がいいでしょう。これからは屋根に付随した工事や技術をどんどん身に付けていきたいです」

※1 水切り…屋根材に足して使う水はけ用の金属板

詳しく見る閉じる

WORKお客さまと同業者、関わる人たち全てとのコミュニケーションを大切にして仕事に励む

岐阜県恵那市長島町の吉田瓦店は、瓦屋根、金属屋根のリフォーム・修理を中心に施工する屋根工事店。その他外壁の金属系サイディング工事にも対応可能です。

「どんな仕事にも一生懸命。そして丁寧に。これは修業をしていた小僧時代から変わらない信念です。そしてどんな時も謙虚であること。いつでも職人として勉強中ですよ」
吉田瓦店の強みを尋ねたところ、非常に誠実な回答。施工だけではなく、お客さまに対してもその姿勢は変わらず、しっかりした挨拶など礼儀にも配慮しています。
「お客さまが隣近所の人に『お宅に来てる職人さんいい人ね』なんて言われた経験もあります。お客さまも僕らも嬉しい出来事ですよね。挨拶に気を付けるだけで仕事がやりやすくなるので、どの現場でもそれは絶対です」

そんな風に仕事中の「和」を大切にする吉田さん。応援に来てくれる職人さんに対してもいつも感謝の気持ちを忘れません。
「少数精鋭でやっているので、どうしても人手の足りない時があります。そんな時に来てくれる同業の仲間は本当に有難いですね。僕らも声がかかったら喜んで手伝いに行きます。そういった場では業界の情報交換もできるし、知らない作業を教えてもらえるし、いいことづくめですよ」

実際の屋根リフォーム・修理の際に留意しているのは、何よりも雨漏りしない屋根にすること。住宅における屋根の役割は、雨風から家を守ることだと吉田さんは力説します。
「雨水を止める修理。これは屋根職人として僕らが絶対に目指さなくてはいけないところです。綺麗に仕上げるだけではなく、雨が漏らない屋根!機能面も重視しなくては、プロとは言えません」

また、雨漏りの修理依頼の連絡を受けたら、できるだけ迅速に現場へ行くようにしています。水漏れの現場を見ないと、原因や施工方法が決定できないからです。
「なるべく早く下見をさせてもらいます。あまりにも水漏れの状態が酷いときは、まずブルーシートをかけて水を避ける対処ですね」

吉田さんが最近修理したのは築40~50年の瓦屋根。その築年数の瓦屋根は赤土葺き(※2)が多くみられ、その部分の劣化で棟(※3)が雨漏りを起こしてしまうそうです。
「赤土をたくさん使うと、瓦が密着するので職人としてはとても葺きやすい。でも土が多いと経年でその部分が水を多く含んでしまいます。長年の雨で棟の赤土部分が潰れてしまうとそこから雨水が入り込んできますね。その場合は基本的にはモルタル(※4)を使って積み直しになります。あと、少しの瓦のズレを1年、3年、5年と放置した結果、酷い雨漏りが……そんな状態にもよく遭遇(そうぐう)します。やはり屋根修理はお金がかかるので、ご予算が厳しい場合に少しくらいいいだろうと先送りにしてしまいがちです。あまりに酷い状態になると瓦や金属屋根の素材が落ちてきて危険なので、なるべく早く相談してほしいなあと思いますね」

岐阜県恵那市長島町の辺りは、冬の冷え込みが厳しい地域です。最近の瓦屋根葺き工事は、水を取り込みやすい赤土はなるべく使わず、代わりにモルタルを適量用いて丈夫な瓦屋根に仕上げています。
「冷え込みは厳しいですが積雪は最近少なくなりました。モルタルは自分でも試用して、ひと冬を越したらどんな状態になるかチェックしながら使っています。あと、岐阜県でも長野に近いところだと、材木で棟の形をつくって中が空洞になっている屋根もありますね。土を使わないから、水分を吸い込みにくいのかな。もっと寒いところになると金属屋根オンリーの地域もあるし、耐震棟工法(※5)という新しいやり方も出てきています。屋根は土地それぞれで違うから面白いですね」

※2 赤土葺き…土葺きの一種。土葺きとは、瓦と下地材の間を粘土質の土を使って接着させること
※3 棟…屋根が交差して山型に稜線になったその部分。または、屋根の頂上にある水平な部位
※4 モルタル…セメントに砂と水を混ぜて練りあわせたもの。樹脂を混ぜて防水性を高めたものもある。漆喰よりも強度がある。
※5 耐震棟工法…金具や釘を効果的に瓦に施し、耐震性を高めた工法

詳しく見る閉じる

MESSAGE仕事への熱意が職人たちの強み。お客さまが安心して依頼できる技術と姿勢を守り抜く

「万が一、工事後に不具合がありましたら、10年間お世話をさせていただきます。経年劣化による補修の場合は、しっかり点検をして見積もりを出しますので、気になる箇所があればお気軽にお問い合わせください」
吉田瓦店のアフターサービスは、10年間もの間臨機応変。吉田さんはお付き合いのあるお客さまには近隣を通る際にはお声がけもしているそうです。

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根の劣化でお困りのお客さま、そして屋根リフォーム・屋根修理を検討しているお客さまにメッセージです。
「点検無料・見積り無料でお伺いするので、屋根と外壁のリフォームをお考えでしたら遠慮なく相談してください。従業員一同、熱い想いを持って仕事に取り組んでいますので、お問い合わせお待ちしております」

「仕事にそんなに手をかけるの?って同業者からはよく言われました」と創業当時をこぼす吉田さん。現在は、吉田さんの丁寧さが無駄にならない仕事の進め方になってきているそうです。吉田瓦店は、そんな実直な代表が率いる誠実な工事店です。

(2020年7月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(吉田瓦店)1件

before

after

屋根工事(取替)

工事種別: 屋根工事(取替)

価  格: 200~225万円

施工面積: 225~250m²

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(吉田瓦店)1件

総合評価

star star star star star 4.85

コミュニケーション star star star star star 5.00
工事の技術 star star star star star 4.85
アフターフォロー star star star star star 4.80
提案力 star star star star star 4.90
価格の満足度 star star star star star 4.50
マナーの良さ star star star star star 5.00
清潔感 star star star star star 4.90

新着クチコミ

star star star star star 4.85

岐阜県恵那市

K.K

70代 男性

  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装

投稿者からのコメント

仕事は丁寧にしていただいたし、仕上がりも満足しています。

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事店日記屋根工事店日記(吉田瓦店)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(吉田瓦店)

一番の強み 親切・丁寧・仕事へのこだわりを持ち、職人一丸となって熱い想いで住宅工事に向き合っているところ。
会社名 吉田瓦店
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:2名
保有資格者 二級かわらぶき技能士:1名
三級かわらぶき技能士:1名
巻上げ機運転者:1名
丸のこ等取扱従事者:1名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:1名
職長安全衛生責任者:1名
石綿取扱作業従事者:1名
足場の組立て等作業主任者:1名
玉掛作業者:1名
特徴 リフォーム業
瓦屋根工事業
金属屋根工事業
その他屋根工事業
樋工事業
対応地域

長野県

岐阜県

アフターフォロー体制 三井住友海上火災保険株式会社のビジネスプロテクター(第三者賠償責任保険含む)に加入しています。
施工内容により保証書を発行しています。
気になる点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
代表者 吉田 和博
代表者経歴 吉田瓦店 代表
岐阜県瓦葺組合 所属
1987年3月:恵那市立恵那東中学校 卒業
1987年4月:岐阜県立中津商業高等学校 入学
1990年3月:岐阜県立中津商業高等学校 卒業
1990年4月:恵那実業運輸倉庫有限会社 入社
1997年2月:恵那実業運輸倉庫有限会社 退社
1997年3月:興亜技建 入社
2007年4月:興亜技建 退社
2007年5月:吉田瓦店 創業 代表就任
所在地 〒509-7203
岐阜県恵那市長島町正家1067-105 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日、祝日 8:00~19:00
定休日 日曜日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店