災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

瓦屋根と金属屋根。どちらにも精通した無敵の屋根職人として働きたい

成田屋根工事店

岐阜県 恵那・多治見・可児・加茂

岐阜県瓦葺組合

ドローン点検

成田屋根工事店

岐阜県多治見市の成田屋根工事店は、瓦屋根・金属屋根のリフォーム・修理を手掛ける屋根工事店です。代表の成田篤孝さんは、2018年の瓦技能グランプリのチャンピオン。和瓦屋根への技術や愛着もさることながら金属屋根への対応にも精通している、次世代を背負う期待の瓦職人です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON19歳で見つけた将来への道。屋根瓦の仕事がそれまでの性根を叩き直すきっかけになった

成田屋根工事店は、瓦・金属屋根のリフォーム・修理、雨とい工事を手掛ける工事店。その他、屋根修理に付随する外壁や屋根の塗装などは信頼のおける専属外注へ依頼し、窓口対応ができるよう体制を整えています。代表の成田篤孝さん(以下、成田さん)は独立創業して3年のフレッシュな経営者。瓦技能グランプリ(※)(以下、瓦グランプリ)での2度の優勝経験を持つ、技術の確かな屋根職人です。

「瓦葺きの仕事は小さな作業の積み重ね。それが性に合っているから、瓦グランプリでもあの成績がおさめられたんだと思います。でも、現場は圧倒的に瓦屋根より金属屋根の方が多い。これからは、新しい技術も積極的に取り入れていかなければいけませんね」
取材冒頭、やはり話題は瓦グランプリへ。新築・リフォーム共に金属屋根が増加しており、和瓦葺き職人は厳しい状態です。しかし、ここに伝統の技術を磨きながら、時代に合わせて生き残りをはかる職人がいます。そんな成田さんに、成田屋根工事店創業までの話をうかがいました。

「私、10代の時はどうしようもないヤツで…。職を転々として家族から心配されたし、自暴自棄な時期もありました。でも19歳の時に瓦屋に勤めて改心しました。入社して1年後には結婚したんですけど、経験が浅いから給料も低いし生活は苦しかった。でもそれが仕事への原動力になりました。真面目に働くしか道はないぞってね。もう10年以上前の話ですね。」

ベテランが若い衆を鍛える厳しい世界は、職を転々としてきた若者には過酷だったのではと思いきや、当時の成田さんにはそれすら奮起の材料になったそう。
「上下関係が厳しく、新入りには風当りも強かった。でも、なぜか『早くこの人たちを抜かす!』とやる気が起きました。きっと瓦屋根の仕事が向いていたからなんでしょうね。屋根の仕事はやればやっただけ身に付きます。生まれて初めて、仕事への充足感を持ちました」

25歳の時に成田さんは瓦屋から独立。しばらく1人で下請けの仕事をしますが、元いた瓦屋の社長に声をかけられ、再び古巣へ戻りました。
「社長と食事をした時に営業職をやってみたいと話したら、じゃあウチでまた働くかとなりました。いずれ独立してきちんと屋号を構える目標があったので、色んな立場を知りたくて出戻りました」

やがて成田さんは営業職に従事しながら、瓦グランプリへの出場を決意。若い頃に見学した瓦グランプリの様子が忘れられず、いつか出場したいと心に決めていたそうです。
「手先の器用さには自信があったので、瓦グランプリ課題の『寸分の狂いなく組み立てる』ような作業が大好きだったんです。練習は大変でしたが、優勝は念願がかなって嬉しかったなあ」

そして2016年、成田さんは成田屋根工事店を構え現在に至ります。ただ、元いた瓦屋からの下請けの仕事はしないと決意していたので、創業当時は苦労の連続だったそうです。
「元の瓦屋では役員職に就いていました。独立した後にそちらから仕事をもらうのはけじめがつかないので、一切頼りませんでした。チラシを投函したり広告を載せたりしながら、修理の電話がなるのをひたすら待っていましたね」

2018年には再び瓦グランプリへ出場し、またもや優勝。瓦グランプリは全日本瓦工事業連盟主催と行政機関主催の大会に分かれており、成田さんは前の大会に引き続きこの年の優勝を勝ち取ったことで両方の大会を制覇しました。
そんな成田さんは今後は営業戦略を人に任せ、自身が現場作業に集中できる体制づくりをしていきたいそうです。
「これまでは私が営業もしていましたが、これからは屋根にどんどん上がります!やはり仕事は、屋根で手を動かしている時間が好きですね」

※ 瓦技能グランプリ…日本一の屋根瓦職人を決める大会

詳しく見る閉じる

WORKお客さまに安心を届けたい。台風後の屋根被害のSOSには、できるだけ柔軟な対応を心掛けた

成田屋根工事店は、瓦と金属屋根のリフォーム・修理や、雨樋い工事を中心に手掛ける工事店です。

成田屋根工事店の強みは、広報力。SNSとの連携、その他チラシポスティングによる集客など、成田さん自身が自社の営業活動を楽しんでいる様子がうかがえます。
「広報に関しては、私としてはまだまだ未完成だと思っています。これからもっと見やすくしていきたいですね」
成田さんは、元いた瓦屋から仕事をもらわないと決意して独立したため、成田屋根工事店創業時は仕事ゼロ。どうにかして仕事を取らなければと、ホームページには時間と費用をかけたそうです。
「地方の名もない屋根工事店が仕事を取ろうと思ったら、今はこうやって広報をしないとならないですね。この春から営業職も1人増員したので、私のグランプリ優勝の経歴も活かして、新規のお客さまとお付き合いが始まればありがたいと思っています」

成田さんが仕事をする上で大切にしているのは、お客さまに「できません」と言わないこと。
「もちろん、できないことをできるとは言いません。でも、相談相手になれれば窓口として仲間を紹介できます。お困りごとに親身になる姿勢は、会社としても職人としても大切だと思っています。日頃から仕事絡みで顔を広くしておけば、仲間内で助け合って仕事をまわせるし、自分の知識も深められる。『できません』でお客様の要望に応えられないのは、残念なことだと思います」

そんな成田さんの強い信念が垣間見えるのが、2018年9月のエピソード。
この年の台風で関西・近畿地方が甚大な被害を受けました。修理依頼の電話が鳴りやまず、多くの屋根工事店はお客さまに「いつ行けるかわからない」と答えるしかなかったそう。しかし、成田さんはお客さまの心細さを汲み取り「何月何日になりますが行きますよ」と対応しました。
「あの時の状況では、今すぐは行けないのは当然でした。けど、現場の合間を縫って『見に行きますよ』と約束すると、電話の向こうでお客さまがホッとしているのがわかりました。応急処置だけでもして、少しでも安心してもらえたらと思いましたね」

また、実際に現場で心に留めているのは、丁寧な仕事と親しみやすい態度。
「当たり前のことなんですが、金額の高くない仕事でも絶対に手は抜きません。受けた仕事には全て真面目に取り組んでいます。あとは挨拶。作業に入ったら迷惑をかけるので、お客さまはもちろん近隣の方にも声をかけて、作業中に不愛想な態度を取らないよう心掛けています」

次に雨漏り対処について尋ねたところ、谷板に穴、瓦のズレ、隅棟の不具合、漆喰の詰め過ぎ、雨樋のジョイントのズレなど、成田さんは様々な修理例を挙げてくれました。
「雨漏り対処は色んなパターンがありますね。多治見市内は名古屋のベッドタウン。築年数が30年前後の建物が多く、おそらく急ごしらえだったんだろうなと思える屋根が多いです。瓦の隙間が必要以上に空いていて、そこから雨漏りしている屋根がけっこうあります」

最後に、ここ岐阜県多治見市の気候の特性による屋根リフォーム・屋根修理例についてです。
「このあたりは、夏の暑さが厳しい。金属屋根は素材そのものが熱くなるので、屋根リフォームの際には暑さ対策もかねて瓦屋根をすすめる場合が多いです。ただ、地震対策で『とにかく軽い屋根を』と希望なさるお客さまもいます。打ち合わせでは、瓦と金属屋根の両方のメリットデメリットを説明して、理解して選択していただいています」

詳しく見る閉じる

MESSAGE瓦グランプリの栄光にあぐらをかかず、地道に、丁寧に、誠実な屋根仕事をしていきたい

成田屋根工事店のアフターサービスは、会社として加入している保険の他、瓦屋根の全葺き替え工事には10年保証をしています。その他、お客さまが修理後不具合に気が付いた場合は、いつでも対応するとのことです。

最後に「やねいろは」をご覧になっている、屋根の不具合でお困りのお客さま、そして屋根リフォームや屋根修理を検討されているお客さまへメッセージです。
「成田屋根工事店は、誠実に、丁寧な仕事をします。屋根リフォーム・修理の工事は、お客さまに理解と納得をしていただいた上で決めてもらいたい。そのためには、お客さまからの質問に丁寧に答える、そして何より自分たちが質問されやすい雰囲気をつくることが大切だと考えています。何かありましたら、気軽にご連絡いただければ嬉しいです」

瓦技能グランプリ優勝、その輝かしい栄光にあぐらをかかず、地道に技術向上の努力と営業活動を続ける成田さん。この春からは営業マンの増員で、成田さんの現場への熱意を全てお客さまに届けられそう。代表が裸一貫でスタートした成田屋根工事店は、成長ののびしろが存分に残る、今後に期待大の「まちの屋根屋さん」でした。

(2019年4月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(成田屋根工事店)3件

before

after

屋根工事(取替)/ 樋工事

工事種別: 屋根工事(取替)/ 樋工事

価  格: 75~100万円

施工長さ: 0~25m/ 25~50m²

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(成田屋根工事店)1件

総合評価

star star star star star 4.80

コミュニケーション star star star star star 5.00
工事の技術 star star star star star 4.85
アフターフォロー star star star star star 4.80
提案力 star star star star star 4.90
価格の満足度 star star star star star 4.50
マナーの良さ star star star star star 4.80
清潔感 star star star star star 4.90

新着クチコミ

star star star star star 4.80

岐阜県多治見市

Y.M

女性

  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装

投稿者からのコメント

平成30年9月の台風で壊れた雨どいを修理してくれる業者さんを探していた所、受けてくれた最初の業者さんでした。受け付け対応も感じが良く、ついでに屋根工事もお願いしました。けがをしないように長く良い仕事をしてください。

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事店日記屋根工事店日記(成田屋根工事店)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(成田屋根工事店)

一番の強み 鍛錬された技術の瓦工事をはじめ、様々なタイプの屋根や工事のご相談に乗れるところ
会社名 成田屋根工事店
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:3名 専属外注1名
保有資格者 一級かわらぶき技能士:1名
二級かわらぶき技能士:1名
瓦屋根診断技士:1名
瓦屋根工事技士:1名
巻上げ機運転者:2名
丸のこ等取扱従事者:2名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:2名
職長安全衛生責任者:2名
石綿取扱作業従事者:2名
足場の組立て等作業責任者:2名
玉掛作業者:2名
職業訓練指導員免許:1名
特徴 リフォーム業
瓦屋根工事業
板金屋根工事業
その他屋根工事業
樋工事業
対応地域

岐阜県

愛知県

アフターフォロー体制 第三者賠償責任保険加入済みです。何かあればいつでもご相談ください。
代表者 成田 篤孝
代表者経歴 成田屋根工事店 代表
2002年3月:愛西市立佐織中学校 卒業
2002年4月:学校法人愛西学園弥富高等学校 入学
2004年5月:学校法人愛西学園弥富高等学校 中退
2004年6月:岩永内装 入社
2007年6月:岩永内装 退社
2007年7月:有限会社鈴木瓦店 入社
2014年3月:全瓦連技能グランプリ 優勝
2016年10月:有限会社鈴木瓦店 退社
2016年11月:成田屋根工事店 創業 代表就任
2018年3月:全瓦連技能グランプリ 優勝
所在地 〒507-0058
岐阜県多治見市平井町4-22 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~19:00
定休日 日曜日、祝日、年末年始、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店