災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

メーカーの役割を探求中。屋根瓦と共に、高品質の屋根工事も届けたい

マルスギ株式会社(福島営業所)

福島県 いわき・双葉

マルスギ株式会社(福島営業所)

マルスギ株式会社は、大正2年創業の陶器瓦メーカーです。創業時は陶器製造業でしたが、その後瓦製造・販売と事業形態を変えて現在の姿に。福島営業所では、2011年の東日本大震災を機に、地元の屋根工事店と手を取り合いながら、地域の方々へ屋根材と工事を提供しています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON大型車の運転手に憧れて気がつけば瓦屋に。地元を愛する心で、いわき市を活性化したい

マルスギ株式会社は、瓦の産地である愛知県の陶器瓦のメーカー。前身は火鉢(コンロ)製造を主に行っていた1913年創業の丸杉製陶株式会社です。しかし、時代の流れと共にガスコンロが普及し、火鉢の重要が著しく低下。そこで、当時市場が盛んになってきていた建築業界に目を向け、陶器瓦の仕入れ販売をするようになりました。同時期には自社にトンネル窯が完成し、瓦の製造もスタート。現在では国内向けの瓦製造に加え、約20年前から開始した海外(主にアジア圏)への瓦の輸出にも力を入れています。
瓦メーカーとして製造販売を行いながら、2011年の東日本大震災の甚大な被害をきっかけに、屋根工事にも対応できる体制づくりを開始。今では瓦製造と販売の他、屋根工事全般、雨樋工事・太陽光パネル設置に対応可能です。
2018年現在、マルスギ株式会社の拠点は、営業所の他、工場や物流センターを含め8ヶ所あります。今回は、福島県いわき市勿来町、海沿いの漁師町に位置するマルスギ福島営業所で、所長代理の梅田純さん(以下、梅田さん)に幼少期からこれまでのお話を伺いました。

「サッカーと野球が大好きな子どもでした。好き過ぎて1つに絞れなくて、小学生までは両方の活動に参加していました。中学では観念して野球部に、そして高校ではサッカー部へ。青春時代に、選べない2つを交互に楽しみました」
そんな運動神経抜群の梅田さん。スポーツ漬けの少年時代から学んだことは?というこちらの質問に、間髪入れずにこう答えてくれました。
「礼儀ですね。年齢の違いで、上下関係がものすごくはっきりしている時代でした。1歳でも年齢が違えばフレンドリーには話せない。たとえ学校内の部活動であっても半端な関係性じゃなかったです。ただ、そのおかげといっては何ですが、自分にも『挨拶』はきっちり身につきました。これは一生ものですね」

梅田さんの父はトラックの運転手でした。そんな父の姿に憧れて、高校卒業後は運転手になろうと考えていたそうです。しかし、高校卒業後の就職先は茨城の大手の機械メーカー。
「父に運転手になりたいと進路を相談したら『一度いわきを出てみろ』と言われました。子どもだったので深く考えずにそんなものなのかなと。それで、夏休みに鉄工所でアルバイトをした経験から、機械系の業種を選んで茨城の会社に就職したのです。金属を加工したり、機械の構造を見たりすることに興味があったので、工場勤務でした」
ただ、就職後は梅田さんの地元愛の強さが影響して、寮住まいだったものの週末ごとに福島へ戻って家族や友人に会う生活。そうしているうちに「やはり地元で働きたい」という強い想いが芽生えてきました。そして、知人から紹介を受け、ガス会社への入社が決まりました。
「地元に戻れた嬉しさはもちろんなのですが、その会社は『自分で考えて仕事をする』環境で、それも嬉しかったです。工場では自分の業務が全て決まっていたので、その違いを楽しみましたね。職種はどうあれ、その会社は自分に合っていたようで10年勤めました。でも実は、本当の目的はそのガス会社で『タンクローリーを運転すること』だったのです。当時外注していた業務をいずれは社内でという話があったので、面接の際に運転手の業務が始まったら自分に、という口約束がありました。入社後に大型免許も取得して準備万端だったのですが、会社の方針が自社ドライバー起用へは向かなかったんです」
幼い頃からの夢が破れた梅田さん。しかし、友人からマルスギ福島営業所の話を聞いて飛びつきます。「その頃、瓦運搬用の大型トラックの求人があるって耳にして。これだと思いましたね。子どもっぽい話なのですが、大型運転手への憧れがどうしても捨てきれませんでした」

こうして、平成12年に梅田さんはマルスギ福島営業所へ入社。以来、念願の大型トラックの運転にも携わり、入社から18年が経ちました。
「ただ、業種が違いましたから、運転や配送に自信があっても、屋根瓦の単価、施工方法、工事の価格なんかはお手上げ状態でした。取引先の瓦屋さんや工事店さんに教わりながら、小さな手帳に聞いたことをぎっしり書き込んで、それを常に持ち歩いていましたね」
 
実は、マルスギ福島営業所が、屋根工事を始めたのは東日本大震災がきっかけです。
それまでは、屋根工事を希望するお客さまがいても、瓦の卸メーカーとして地場の工事店の仕事を奪ってならないと断り続けていました。
ただ、いわき市は2011年の東日本大震災で、全国各地から屋根工事職人に応援に来てもらわなければならないほどの、甚大な建物被害を受けました。マルスギ福島営業所も、近隣の屋根工事店からの「人手が足りないから手伝ってほしい」という依頼がきっかけで、屋根工事を引き受けたそうです。また、大手ハウスメーカーなどからの大規模な屋根工事依頼には、近隣の工事店や親方と協力して対応しました。
そうして、震災後の屋根工事が一段落した頃には、マルスギ福島営業所の屋根工事に対する姿勢が周囲に理解され、現在の瓦の卸メーカーと屋根工事業という業務形態となったのです。
 
これからの展望は?の質問に、梅田さんはこう答えます。
「地域の瓦屋さんや工事店さんと協力し合いながら、この辺りの屋根工事を見守っていきたいです。それと同時に、本業である瓦の卸販売も伸ばしていけたらいいなと思います。皆で補完し合える良い関係が築ければ、ここいわき市にお住まいの方の屋根に対する不安を、少しずつ小さくできると信じています」

詳しく見る閉じる

WORK瓦の目利きは当然ながら自信あり。自社で製造した瓦で高品質の屋根工事をお届けします

マルスギ株式会社福島営業所は瓦メーカーでありながら、お客さまからの屋根の相談にお応えできる会社です。東日本大震災後、「メーカーの役割とは?」と常に自問し続け、現在の瓦製造・卸販売プラス屋根工事という業務形態に落ち着きました。今後は、地域の屋根工事店とさらに関係を深め、この福島県いわき市の屋根工事に携わっていく体制を整えていくそうです。

マルスギ福島営業所の強みは、瓦メーカーとして、屋根瓦に関しては万全の対応ができることだと梅田さんは言います。
「私たちは瓦を売って終わりではありません。屋根リフォーム工事の際に自社製品の瓦を使用する場合、その製品の良し悪しを当然見極めることができます。細かい話になりますが、瓦は同じように窯で焼いても、焼いた日によって大きさに少しずつ差が出てしまうものです。だからこそ同じくらいのサイズのものを揃えることは、瓦の品質の統一、ひいては工事の品質にも繋がります。万が一、瓦自体にクレームが出た際にも責任を持って説明と対応にあたることができるのです」
屋根の施工に自社製品を使えるメリットは、現場へ届ける瓦をメーカーならではの厳しい目で、チェックできること。さらに、瓦の種類によって変わる施工方法、扱い方の注意事項を、作業する職人たちに直接伝えられるのも強みです。

また、実際に屋根工事をする上で大切にしているのは、お客さまへの接し方。
「お客さまには『丁寧に』を心掛けています。挨拶、話し方、掃除や煙草。特に煙草は、自分の車の中で吸うように注意しています。また、どうしても日曜に作業をしなければならない場合は、9時から16時の時間厳守を徹底しています」

次に、最近の雨漏り対処事例について伺ったところ、屋根のすがり部(※1)からの雨漏りが多いとのこと。すがり部は、瓦自体の凹凸に対してうまく水の流れを作らないと、そこから雨漏りがしやすくなるそうです。
「私たちで屋根葺きの工事をする場合は、すがり部に雨水が溜まらないよう、水の流れ道を作る細工をします。ただ、通常の職人さんだと、屋根の造りを熟知していても、瓦自体の形にも精通していないとそこまで気が回らないかもしれません。それは技術云々というよりは、様々な瓦の形に対する経験値ですね。瓦の形もメーカーによって様々で、種類によって端の持ち上げの形が違ったり、角度が違ったりします。これは自社製品だからこそ対応できる施工かもしれませんね」

福島県いわき市は、東北地方ではありますが、冬は比較的温暖。この地域ならではの雪や寒さへの対策は特にありませんが、結露対策として屋根の軒先には粘着式のルーフィング(※2)を用いるそうです。また、東日本大震災以来、耐震強度を上げるための作業が増えていると梅田さんは言います。
「棟金具の中に鉄芯を通しています。これは震災後に増えた作業ですね。ただ、震災以来、新築や葺き替えでは葺き土は使わずシルガード(※3)1種類で瓦葺きをします。昔の葺き土よりも強度があるので、シルガードのみで施工した屋根はそう簡単には崩れないと思います」

※1 すがり部…屋根形上のひとつで、屋根が単なる四角ではなく凸の形になっている部分。
※2 ルーフィング…屋根本体の下に敷く、防水シート。粘着式とそうでないものがある。粘着式は屋根の野地板に密着するため、より防水性を高めることができる
※3 シルガード…馬場商店の屋根の棟部分に使う漆喰の一種。漆喰に防水性や強度を高めるために粘着剤やシリコンを混ぜて加工したもの

詳しく見る閉じる

MESSAGEあくまでも瓦メーカー。しかし、お客さまのため、地域のために屋根工事でも貢献する

マルスギ福島営業所のアフターサービスについて伺ったところ、「屋根や瓦に不具合があったら、いつでもご連絡を。すぐに対応致します」とのこと。雨漏りまでしていなくても、瓦のズレや変色、屋根から落ちる水の流れが変わったなど、ささいな変化が気になる場合も対応可能です。

最後に「やねいろは」をご覧中の、屋根不具合でお困りのお客さま、そして屋根修理や屋根リフォームを検討されているお客さまへメッセージです。
「何事も丁寧に。これは私たちがいつも心に留めているスローガンです。屋根工事に対してもそうですが、やはり自社製品の扱いについても、いつも丁寧でありたい。屋根瓦の目利きはメーカーとしての自負があります。瓦の品質を見極めて、屋根工事に臨む。アフターサービスの必要がなくなるくらいの完全な施工を目指して、これからも精進していきます」

良いものをお客さまへお届けしたい。梅田さんの仕事への信念はこの想いが軸になっています。メーカーとして高品質の屋根瓦を、そして工事業者として高品質の屋根工事を、その2つを確実にお客さまに届けなければ……。
今、マルスギ福島営業所はメーカーとしての経験や知識を活かした、地域の屋根工事店の方を支えるような方法を模索しているところです。瓦メーカーだからこそできることは、瓦の提供のみならずその製品についての正しい情報を伝えること。全てはお客さまの満足と地場産業の発展のため。マルスギ株式会社福島営業所は、これからも老舗瓦メーカーとしての役割を探求しながら、いわき市の屋根工事を見守っていくでしょう。

(2018年5月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(マルスギ株式会社(福島営業所))0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(マルスギ株式会社(福島営業所))0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(マルスギ株式会社(福島営業所))

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(マルスギ株式会社(福島営業所))

一番の強み マルスギ製の瓦を使った工事では、どこにも負けないところ
会社名 マルスギ株式会社(福島営業所)
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:5名(外注:10名)
保有資格者 足場の組立て等作業主任者:4名
職長・安全衛生責任者:2名
小型移動式クレーン運転技能講習修了者:1名
フォークリフト運転技能講習修了者:2名
大型自動車免許:2名
巻き上げ機(ウィンチ)運転特別教育修了者:2名
研削といしの取替え又は取替え時の試運転の業務修了者:2名
エクソル、三菱ソーラー、京セラ、カナディアン・ソ-ラ-施工認定取得研修:2名
特徴 屋根工事業
板金工事業
雨樋工事業
対応地域

福島県

アフターフォロー体制 施工後に、異常などあれば迅速に対応します。
代表者 杉浦 英行
代表者経歴 マルスギ株式会社 代表取締役 杉浦英行
2006年4月 マルスギ株式会社 入社
2010年4月 マルスギ株式会社 常務取締役就任
2013年12月マルスギ株式会社 代表取締役就任
所在地 〒979-0141
福島県いわき市勿来町窪田道作59-2 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~17:15
定休日 日曜日、お盆、正月、大型連休

最近チェックした屋根工事店