「鬼瓦の立ち位置は屋根に聞く」瓦屋根の美しさが、何よりのやりがい

マルミツ屋根店

福島県 相馬

マルミツ屋根店

福島県南相馬市のマルミツ屋根店は、瓦屋根・金属屋根の新築工事、リフォーム・修理を中心に外壁工事、外装工事全般を手掛ける屋根工事店です。かわらぶき技能士の資格を持つ光井博満さんは、和瓦を愛しつつも、需要の多い金属屋根工事についても造詣を深める仕事熱心な職人です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON瓦屋根に魅せられて舞い戻ったこの世界。紆余曲折の末、結局仕事は屋根の上にあった

福島県南相馬市のマルミツ屋根店は、2015年創立。瓦屋根と金属屋根の新築工事、屋根リフォーム・屋根修理を中心に、その他外壁や外装など住宅の外まわり全般に対応できる屋根工事店です。周囲からのリクエストや時代の流れに合わせて板金折り機を導入、そして金属屋根工事の技術を習得するなど柔軟な対応が持ち味です。

「卒業文集にラーメン屋になるって書いた記憶があります」と、そこからは思いもよらない瓦屋根職人の仕事に就いている光井博満さん(以下、光井さん)。中学校時代は空手ひとすじに打ち込み、体と心を鍛え上げていたそうです。そんな屈強な一面を秘めながらも、穏やかな雰囲気が印象的な光井さんに、これまでのお話を伺いました。

「1度離れた瓦屋根の世界ですが、やはりこの仕事が性に合っていたんですね。もう1度やると決心して戻りました」
光井さんは、高校卒業後に他業種へ就職しています。しかし数年後、職人の世界に憧れ、友人の紹介で瓦屋根店へ転職。2年ほど勤めたのち、結婚を機に規則正しく働ける生活にしたいと運送会社へ再び転職します。
「瓦屋根職人の仕事は天候に左右されたり、土日祝日も関係なく現場に出たりする仕事です。パートナーとの生活サイクルを整えるために、その時は転職が必要でした。ただ、やっぱり職人の仕事に未練があって3年ほどでまた瓦会社に転職してしまって……」と、自身の転職を申し訳なさそうに話す光井さん。しかし、その選択は職人の道への熱意が本物だった現れだと言えるでしょう。

そして心機一転、その瓦会社で修業に打ち込み、かわらぶき技能の試験に挑戦。その試験が、光井さんの瓦屋根職人としてのターニングポイントになりました。
「かわらぶき技能士試験の時に在籍していた会社は、とにかくスピード重視。納期に追われていたので、基礎を覚えたのは早かったし、作業が速くなったのは利点だったと思います。でも、試験を受けて瓦葺き技術の奥深さに気が付いたんです。速さではなく、もっと複雑な技術がある。資格を取ったことで、この伝統ある技術をもっと磨きたい。どうせやるなら、後世に残るものを作りたいと考えるようになったんです」
そして、光井さんはかわらぶき技能士の試験中から懇意にしていた他社の親方を頼り、同業他社への就職を決心しました。
「その親方とは、瓦の話をたくさんしました。寺社仏閣を見学して、瓦ウンチクを聞くのが楽しくてしょうがなかったですね」
光井さんはそんな頼もしい親方の元で7年間の修業を経て、2015年にマルミツ屋根店を創業。当時は1人でしたが、2019年現在は、息子さんと共に屋根リフォーム・修理、その他住宅工事に従事しています。

会社としての展望は「目の届く範囲で丁寧な仕事をするに尽きる」と、力強く話す光井さん。
「今は2人でやっているので、納期を短くできないのがネックですね。お客さまからすると、予定の日程よりも早く終わってほしいのが本音だと思うので、将来的にはもう1人増員して3人で現場を回していきたいです。それくらいの人数でやる現場の規模が、会社として仕事を丁寧に見渡せる範囲だと思います。一方で手を広げすぎると、施工の質が落ちてしまいそうなのでそれは絶対に避けたいです」

詳しく見る閉じる

WORK打合せには原寸図。屋根瓦に多めに使うステンレス線。他社にはないこだわりを売りにする

マルミツ屋根店は、瓦屋根・金属屋根のリフォーム・修理はもちろん、その他外壁や外装工事なども引き受けられる間口の広い屋根工事店です。

マルミツ屋根店の施工の特徴は、鬼瓦(※1)や桟瓦、丸瓦の緊結にステンレス線を多く使うこと。
「鬼瓦と隅棟を繋ぐために、63本ものステンレス線を使用する場合もあります。当然時間もかかるし、技術的にはもっと少なくても留められるんですが、瓦自身の重みや雪の重みへの耐性を高めるためにそうしています」と、施工例の写真を用いて丁寧に説明する光井さん。また、マルミツ屋根店では他社ではあまり使わない「原寸図」を用いて作業を進めています。原寸図を使うことで、打合せが円滑になり、お客さまと職人が完成イメージをつかみやすくなるメリットがあるそうです。
「原寸図を使うと、鳥休み(※2)からの勾配の角度や、鬼瓦の高さを決める細かい打合せがスムーズになります。お寺などの大規模なものは別ですが、住宅の瓦屋根で原寸図を用意する屋根工事店はあまりないでしょうね。少々手間はかかりますが、仕事の流れがよくなるので私はこのやり方です」

そして、瓦屋根住宅の見映えを左右する鬼瓦についても、瓦屋根職人ならではこだわりがあるようです。
「屋根の線は屋根に聞いて決めます。鬼瓦の立ち位置も鬼瓦に聞きます。眺めていたらわかるんですよ!家の造りによって、鬼瓦が1番美しく納まる向きや場所があるんです。玄関に向かった時に鬼瓦が映える見せどころがあるので、それを見極めて施工しています」と、まるでアーティストのようなこだわりと言葉の選択。

次に、実際の屋根リフォーム・屋根修理について伺いました。
「冬場は、積雪の重みで落下した瓦を修理する仕事が多いです。金属屋根では、軒先が腐って全て張り替えになる屋根を頻繁に見ますね。だいたい、築20~30年の建物です。昔は『軒先をつかめ』というやり方があって、軒先のつかみ(※3)を強くしていました。それが災いして、経年による毛細管現象(※4)で雨水が屋根の下地にしみ込んでしまったんです。今は指で曲げるくらいがちょうどいいとされています」

そして、仕事をする上で光井さんが大切にしているのは、お客さまとの打ち合わせで専門用語を多用しないこと。
「言葉だけで説明しようとすると専門用語を並べてしまうので、なるべく写真を撮って話すようにしています。ここがダメになっているから、こう水が流れてくる。そんな風に指差しで説明すると、雨漏りなんかは一目瞭然ですから」
また、作業中は安全第一。そのためには整理整頓も忘れません。
「現場が散らかってくると、自分の居場所もなくなってきます。そうなると足場も狭くなってきて、それが事故に繋がります。身の回りを整頓するのは、仕事の流れのためだけではなく安全対策にもなるんですよ」

最後に、ここ福島県南相馬市の気候の特性による屋根リフォーム・屋根修理の特徴です。
「南相馬市の付近は、台風の被害は顕著ではないですね。でも、最近は強風が多いです。5年に1度くらい竜巻が起こっているんじゃないかな。暴風対策に釘やステンレス線を多めにして瓦を緊結しています」

※1 鬼瓦…棟(屋根のてっぺん)の端を彩る瓦
※2 鳥休み…角(つの)状で装飾性のある瓦。鬼瓦のそばに用いて鬼瓦を鳥の糞などの汚れから守る役割もあるとされている
※3 つかみ…金属板の端を折り曲げて締め込むこと
※4 毛細管現象…細い空間の中を液体が上昇する浸透する物理現象。この現象により、屋根材の面が重なる空間に水が入り込むことがある。

詳しく見る閉じる

MESSAGE美しい屋根と、お客さまとの信頼関係のために、誠実堅実な姿勢で仕事に取り組む

マルミツ屋根店のアフターサービスは、リフォーム・修理の3か月後の点検。その際、ご要望があれば、リフォーム・修理箇所だけではなく、屋根全体の点検も可能です。

最後に、「やねいろは」をご覧になっている、屋根の不具合でお困りのお客さま、そして屋根リフォームなどを検討中の方に光井さんからメッセージです。
「昔と今の技術を調和させ、堅実な仕事で、長持ちする美しい屋根をお客さまに届けたいです。線の決まった屋根は見惚れます。美しい屋根瓦の景色に一役買える技術を磨いていきたいです。屋根職人はアーティストに近いんじゃないかな。美しい屋根、建物が大好きなんですよ。あと、お客さまとは屋根リフォーム・屋根修理の期間の短いお付き合いですが、その間で信頼関係が築けるように仕事に取り組みます。現場が終わっても、マルミツさんにまたお願いしたいって覚えてもらえたら嬉しいですね」

「瓦が好き」が真っ直ぐに伝わってくる、光井さんの話しぶり。
初めは和瓦職人としてのプライドが邪魔をして、金属屋根の仕事を引き受けることに抵抗があったそうです。しかし光井さんは取材中、「金属屋根を知る過程で、和瓦屋根技術への応用を知った。そして仕事への視野が広がった」と話してくれました。新しい知識を得ることで、大工さんからの信用が格段に厚くなったとも明言。仕事を共にする業者に信頼されるのは、マルミツ屋根店の技術が確かなものだからに違いありません。
凝り固まらない頭と技術、時代に沿った仕事への取り組み方に、揺るぎない安心感を覚えた取材でした。

(2019年4月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(マルミツ屋根店)2件

before

after

屋根工事(取替)

工事種別: 屋根工事(取替)

価  格: 75~100万円

施工長さ: 0~25m

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(マルミツ屋根店)1件

総合評価

star star star star star 5.00

コミュニケーション star star star star star 5.00
工事の技術 star star star star star 5.00
アフターフォロー star star star star star 5.00
提案力 star star star star star 5.00
価格の満足度 star star star star star 5.00
マナーの良さ star star star star star 5.00
清潔感 star star star star star 5.00

新着クチコミ

star star star star star 5.00

福島県南相馬市

A.T

70代 男性

  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 屋根塗装
  • 外壁塗装

投稿者からのコメント

代表の光井さんの人間性に惚れました。

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事店日記屋根工事店日記(マルミツ屋根店)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(マルミツ屋根店)

一番の強み 伝統的な技術と新しい技術を応用し、お客さまの家に適した屋根の施工を行うところ
会社名 マルミツ屋根店
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:2名、専属外注:2名
保有資格者 二級かわらぶき技能士:1名
足場の組立て等作業主任者:1名
特徴 リフォーム業
屋根工事業
樋工事業
対応エリア

福島県

  • 相馬
  • いわき・双葉
  • 福島・二本松
アフターフォロー体制 施工3か月後を目安に定期点検をしております。また強風が吹いた後に施工したお宅にお声がけしております。
代表者 光井 博満
代表者経歴 マルミツ屋根店 代表
1991年3月:福島県立原町第一中学校 卒業
1991年4月:福島県立小高商業高等学校 入学
1994年3月:福島県立小高商業高等学校 卒業
1994年4月:株式会社フジクラエンタープライズ 入社
1995年4月:株式会社フジクラエンタープライズ 退社
1995年5月:有限会社大河内瓦店 入社
1997年1月:有限会社大河内瓦店 退社
1997年2月:近鉄物流株式会社 入社
2000年6月:近鉄物流株式会社 退社
2000年7月:山田瓦工業有限会社 入社
2008年3月:山田瓦工業有限会社 退社
2008年4月:寺岡瓦工業株式会社 入社
2014年12月:寺岡瓦工業株式会社 退社
2015年1月:マルミツ屋根店 創業 代表取締役就任
所在地 〒975-0013
福島県南相馬市原町区上町2-47 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日、祝日、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆)、年末年始休業

最近チェックした屋根工事店