災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ

雨漏りには早急な対応を。お客さまの立場に寄り添う会社でありたい

有限会社丹瓦建材店

愛媛県 新居浜・西条・四国中央

愛媛県瓦工事業組合

NPO法人 日本瓦葺技能継承甍会

有限会社丹瓦建材店

愛媛県西条市の丹瓦建材店は、瓦屋根・金属屋根のリフォーム・屋根修理の他、外構やエクステリアなど住宅全般の工事が受注可能な会社です。丹基徳さんは、「瓦業界の衰退を、ただ傍観しているわけにはいかない」とサービス業から転身、代表である父の会社を継ぎ、屋根工事に注力し日々奔走しています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON日本が誇る瓦屋根を魅力的に提案したい。今は次世代へのスムーズなバトンタッチが目標。

有限会社丹瓦建材店(以下、丹瓦建材店)は、社名が表す通り瓦屋根の修理・葺き替えはもちろん、金属屋根の修理・屋根リフォームを手掛ける屋根工事店です。住宅全般のリフォーム・修理工事に精通しており、大抵の住宅工事の窓口対応が可能。全瓦連技能グランプリ(※1)に出場する腕前の職人も在籍していることから、一般住宅だけではなく、寺社の瓦屋根の修理も施すことが出来る、高い技術を持っています。

「丹瓦建材店は『瓦屋ではなく屋根屋』。お客さまにそんな認識をしていただけるよう、仕事に取り組んでいます。屋根リフォーム・屋根修理全般のほか、外壁塗装・エクステリアもできます。工事によっては協力業者との共同作業になる場合もありますが、住宅工事全般を断りません。何かしらの対処をして、相談に来ていただいたお客さまに安心していただくのがモットーです」

取材冒頭、事業内容の説明をお願いしたところ、丹瓦建材店の丹基徳さん(以下、丹さん)からはこのようにとても頼もしい返答。お客さまの求める「安心」を第一に考える丹さんに、丹瓦建材店に入社するまでの歩みを伺いました。

丹さんは大学受験予備校へ通うために上京。しかしアルバイトに没頭し、進学はせずにそのままサービス業に就きました。
「目標もなく大学を目指していたので、方向転換も早かった。自分が心地よい方へ引っ張られたと言いますか……。けど、同世代の友人たちと比べると自分の立場に疑問を抱きました。友人は仕事や会社の愚痴をこぼします。しかし当時の自分には泣き言を言うほどの経験はありません。自分はこのままでいいのかと悩むようになってしまって」

気楽な現状に危機感を覚えた丹さんは、情報誌を頼りに就職活動を始めました。そして、選んだ仕事はなんと政治家の秘書。
「どんな仕事内容なのか興味津々でした。一般的に『政治家』というと良いイメージばかりではないでしょう。でも、私がお世話になった政治家の方は、駅頭演説に走り回り、支援者や市民の暮らしを第一に考える人でした。4時間ぶっ通しで演説する姿を見て、自分のスキルのなさを思い知らされました」
丹さんはその政治家の事務所で4年間勤務。働くとは何なのか?相手の立場に寄り添うとはどういうことなのか?社会人としての基本的な姿勢を学びました。

そんな折、丹さんの父が高齢となり、経営している瓦屋について家族で話し合いが行われます。
「秘書の仕事に区切りをつけて、就職も東京でと考えていた頃でした。でも幼い頃から見てきた父の会社が、自分が何もせずに廃業する様を見たくなかったので、継ぐ決心をして実家へ戻りました」

そして2010年、丹さんは丹瓦建材店へ入社。父や職人に仕事を教わり、9年の月日を経て会社をけん引する立場になりました。
「屋根の仕事は面白いです。寺や神社など、歴史ある建物の修理に携われるのは屋根職人として誇りです。ただ、瓦屋根の仕事に関して言うと、年々先細りですね」と、丹さんは苦笑します。
しかし、愛媛県瓦工事業組合の青年部部長も務めた丹さんは、瓦屋根業界の衰退を黙って見ているわけではありません。今後は瓦屋根の普及にもっと注力したいと考えているようです。
「瓦屋根はやはり金額が高くなります。しかし、日本が誇る瓦の景観の美しさをこのまま廃れさせるわけにはいきません。葺き替えでピカピカになった屋根を、ご近所さんに褒められたという話もよく聞きます。これからは瓦を選択肢に入れていないお客さまにも選んでもらえるよう、屋根リフォームの提案の仕方を考えていきたいですね」

このように瓦屋根業界の将来を憂う丹さんですが、最近嬉しいことがあったそう。それは、これから小学生になる息子からのメッセージです。
「息子が、将来なりたいものの欄に『父さんと瓦屋さん』と書いていたんです。今まで全然聞いたことがなかったので嬉しかったなあ。実際、同業の人たちは将来を考えると自分の子どもに継がせたくないと言う人も多い。でも、私に憧れの目を向けてくれた息子のためにも、前向きに仕事に取り組んでいきたいです。いい状態で次世代にバトンタッチするのが、今後の目標の1つになりました!」

※1 全瓦連技能グランプリ…日本一の屋根瓦職人を決める大会

詳しく見る閉じる

WORK職人の経験値はかけがえのない財産。それゆえ、機能的な屋根に美しさをプラスできる

丹瓦建材店は、瓦屋根・金属屋根のリフォーム・屋根修理の他、住宅のエクステリア工事など、住宅全般のお悩みを解決に導く屋根工事店です。

丹瓦建材店の強みは、雨漏り調査が的確なこと。雨漏り箇所の特定はとても難しく、職人の経験値がものをいう作業です。
「雨漏りの原因究明は、職人が過去の事例を活かせるかどうかがポイントです。職人の経験値は会社にとって大切な財産です。原因がわからないままに当てずっぽうに修理をすると、不具合をより重いものにする危険性があります。さらに、弊社では屋根修理・屋根リフォームに必要な木工事も自社で行えるので、下地の入れ替えまで必要な場合は納期の短縮や工事費用の削減になります」
また、丹瓦建材店には瓦グランプリ(※1)への出場経験のある職人が在籍しており、そのため、寺や神社の瓦屋根修理・葺き替えを自信を持って引き受けられる技術も備えています。瓦屋根の修理・葺き替えなどの工事実績は1年を通して40件ほど。この件数は愛媛県でもトップクラスだそうです。

そして先日、丹さんは金属屋根専門の同業者に「丹さんは仕上がりにすごく厳しいよね」と声をかけられたとのこと。
「そんな自覚はなかったので、ちょっと衝撃的でした。考えてみるとそれは瓦屋根職人の特徴かもしれませんね。金属屋根のように大きな線を合わせて真っ直ぐにする作業とは違って、瓦葺きは点と点を繋ぎ合わせて真っ直ぐな線を作るイメージです。どちらが良いというわけはなく、こだわりどころが金属屋根専門の職人さんとは少し違うんでしょう。屋根の端から眺めた時の点と点が繋がってビシッとした直線、そんな美しさと機能性を仕上がりに反映させるのが、私の仕事です」
美しさへのこだわりと、屋根修理・屋根リフォームの経験値。丹瓦建材店はそんな総合力を活かし、雨漏りひとつとっても様々な工法が提案できます。金額や材料、それぞれのメリットとデメリットを説明し、お客さまに納得の上で選択してもらうのが、丹さんのやり方です。

最後に、愛媛県西条市の地域の気候の特徴を伺いました。
「春や秋に吹く強風でしょうか。ひどい時は風速30~40メートルにもなります。コンクリートの電柱が倒れる、軽トラが倒れる、そして畑のサトイモが風で掘り起こされて転がっていくような暴風です。俗説では『風そのものが目に見える』というくらい。屋根修理・屋根リフォーム工事の時には、その強風がこないことを願うばかりです。でもこの地域に合ったガイドライン工法(※2)を用いるので、完成した屋根がその強風で簡単に吹き飛ばされる心配はありません。ご安心くださいね」

※2 ガイドライン工法…最新の実験データに基づいた、全日本瓦工事業連盟推奨の施工方法

詳しく見る閉じる

MESSAGE杓子定規ではない柔軟な対応で、お客さまにとって温もりの感じられる会社でありたい

丹瓦建材店のアフターサービスは、何かあればいつでも連絡をという柔軟な対応。また、タイミングが合えば年末にカレンダーを持参して挨拶に伺うこともあるそうです。
「でも、残念ながら現状では全てのお客さまを訪問できていません。今後は定期的にハガキや会報のような読み物を送付したいと検討しています」

最後に、「やねいろは」をご覧になっている、屋根トラブルにお困りのお客さま、屋根修理・屋根リフォームを検討中のお客さまへメッセージです。
「丹瓦建材店はお客さまの立場を考え、迅速に対応します。例えば、雨漏り相談を受けた日の夜、雨になりそうな天気予報だったら、水漏れで不安な夜にならないように、その日のうちにシートをかける応急処置をする。どんなときも親身な姿勢でお客様と向き合える会社でありたいです。工事についても、金額の高い安いだけではなく、私はご依頼いただいた方の要望に合った材料・工法を勧めますので安心してください。屋根の他、住宅のお悩みがありましたら、ぜひ丹瓦建材店へご相談くださいね」

屋根修理・屋根リフォームの技術を磨くだけではなく、お客さまとの付き合いも大切に。そして、材料1つ選ぶにも、お客さまの立場に寄り添って考える丹さん。丹瓦建材店は、屋根の雨漏り修理だけではなく、思わず家の中の困り事まで相談してしまいそうな、そんな人のぬくもりを感じさせる、温かさをもった屋根工事店でした。

(2019年3月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(有限会社丹瓦建材店)8件

before

after

屋根工事(取替)/ 樋工事(取替)

工事種別: 屋根工事(取替)/ 樋工事(取替)

価  格: 150~175万円

施工長さ: 75~100m²/ 25~50m

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(有限会社丹瓦建材店)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(有限会社丹瓦建材店)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(有限会社丹瓦建材店)

一番の強み お客さまの立場に寄り添った、迅速な雨漏り対応を行うところ
会社名 有限会社丹瓦建材店
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:3名 専属外注1名
建設業許可 屋根工事業(愛媛県知事許可(般―22)第13002号)
保有資格者 一級かわらぶき技能士:2名
二級かわらぶき技能士:1名
瓦屋根診断技士:2名
瓦屋根工事技士:3名
巻上げ機運転者:4名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:3名
職長安全衛生責任者:4名
足場の組立て等作業責任者:1名
玉掛作業者:2名
ものづくりマイスター(かわらぶき):1名
特徴 リフォーム業
瓦屋根工事業
対応地域

愛媛県

アフターフォロー体制 第三者賠償責任保険加入済みです。何かあればいつでもご相談ください。
代表者 丹  基徳
代表者経歴 有限会社丹瓦建材店 役員
1994年4月:西条市立西条西中学校 入学
1997年3月:西条市立西条西中学校 卒業
1997年4月:愛媛県立丹原高等学校 入学
2000年3月:愛媛県立丹原高等学校 卒業
2010年2月:有限会社丹瓦建材店 入社
所在地 〒793-0073
愛媛県西条市氷見丙466 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日、祝日、年末年始休業、大型連休(ゴールデンウィーク)、夏季休業(お盆休み)

最近チェックした屋根工事店