HOME > 屋根工事店の検索一覧 > 千葉県 > 松戸・柏 > 三恵メタル工業株式会社

仕事は「人対人」。屋根職人は技術だけではなく、人として自立させたい

三恵メタル工業株式会社

三恵メタル工業株式会社

三恵メタル工業株式会社は、2011年創業。金属屋根、外壁、雨樋(あまどい)の外回りの工事の他、住宅や店舗のリフォームなど、幅広い案件を請け負ってきました。解体工事にも対応できるので、スケルトン(骨組み)からの内装工事という要望にも、一括で応えられる頼もしい屋根工事店です。

工事店の想い工事店の想い

PERSON「ありがとう」お客さまの心のこもったひとことで見つけた、屋根工事という一生の仕事

福島圭一郎さん(以下、福島さん)は、三恵メタル工業株式会社(以下、三恵メタル)の代表取締役。2011年、29歳で独立し、会社を切り盛りしてきました。三恵メタルの創業当時の事業内容は、屋根工事と雨樋(あまどい)工事のみ。しかし、現在は住宅の内装・外装工事のみならず、電気関連の工事にも対応できる幅広い内容へと、事業を拡大しています。

そんな三恵メタルの屋台骨を支える代表取締役の福島さんに、幼少期のお話を伺いました。「小学2年から高校まで野球少年でした。勉強は嫌いでしたね。小学校の時が一番モテたかな。今ですか?いいえ、まったく」と、くだけた雰囲気でスタートしたインタビュー。福島さんの明るい人柄が感じられます。10年以上続けた野球からは、今の自分を形成したであろう、大切なことを沢山学んだそうです。
「厳しい練習が当たり前の時代だったので、中学、高校時代の野球で、忍耐力が養われましたね。今の子どもたちには、耐えられないもしれないけど、あの時代があったから、今の自分があると思っています。独立して会社をやってこられたのも、そのおかげでしょうね。監督には、野球の技術よりも、生活態度や挨拶、掃除や道具の扱い方など『人としてどうあるべきか』をかなり注意されました。大人になった今、それは大変ありがたい指導だったと感じています」

高校卒業後は、知人の紹介で外壁塗装の会社へ勤めました。朝は早いし、夏は炎天下、冬は吹きさらしの中のきつい現場でしたが、車を買うために働かなくてはと思っていました。そして、仕事に慣れてきた頃、金属屋根工事店で働く友人から声をかけられ、工場・店舗工事などスケールの大きい工事に携われることに魅力を感じ、転職をしたそうです。
転職後、覚悟はしていたものの、仕事は想像以上のきつさ。
「夏、屋根の板金(金属屋根)はすごく熱くなります。それがきつくて、最初の3年間はこれを一生の仕事にしようとは思ってなかった。でも、23才くらいの時に家1棟を任されました。完成した時、お客さまが『きれいになった。ありがとう』って、すごく喜んでくれたんですね。将来、独立しようと考え出したのも、その時からです」
仕事のやりがいを感じるのはいつか? 多くの人が「人の役に立った時、人に喜んでもらったとき」そう答えるのはないでしょうか。「ありがとう」、お客さまの心のこもった一言で、若い福島さんは屋根工事という一生の仕事を見つけたのです。

そして、勤めて10年の節目、29才の時に独立して三恵メタルを創業。
この時、従業員は福島さんと現在も共に働く松木さんとの二人きり。この松木さん、今では現場責任者を任せられるほどの技術者ですが、当初は屋根リフォーム業の初心者でした。
「ゼロから人を育てるのは初めてでした。当たり前ですが、自分にはできることが、松木さんにはできない。理不尽に怒鳴って、相当荒い態度で仕事をしていました。でも、ある人にその状況を相談した時に『お前の教え方、伝え方が悪いんだ』と言われて目が覚めたんです。それ以来、まず自分に原因があると考えるようになった。相手のせいにしない。社員に対してもそうだけど、お客さまにも同じですね。自分がお客さまだったら、どうしてほしいか?いつもそう考えるようにしています。相手目線は、すなわちお客さま目線です。その気付きは、今でもずっと心にあります」

これからの会社の展望は?と尋ねると、「人を育てられる会社にしたい。一人でも多くのお客さまの笑顔を見たい。お客さま目線で仕事をして、お互いが笑顔で完工する現場にしたいです。それには、職人の質……技術はもちろん、人としての挨拶、掃除、態度、そこも徹底していきたいですね」
野球少年時代に培われた礼節、そして経営者になってからの大きな気付き。福島さんは、人生の節目で得た教訓を、あますことなく屋根リフォーム工事などの全般工事に生かし、これからも人を育てながら、よりよい会社経営を目指していくでしょう。

詳しく見る閉じる

WORK屋根工事を中心とした幅広い自社施工、職人の質。施工・人、ともに会社として自信あり

三恵メタル工業株式会社は、屋根工事から住宅リフォーム、解体工事、電気工事まで、幅広い施工が可能な頼りがいのある会社です。人材育成にも力を注いでおり、技術のみならず、若い従業員に対しては、人としての礼節の指導にも暖かくも厳しくあたっています。

「自社施工の内容の幅が広いのが、わが社の強みです。屋根リフォーム工事はもちろん、住宅の解体から外装・内装もおまかせください。自分たちで完工までできると、目の届く範囲が広がって、施工品質が高くなります。あと、大切にしているのは、近隣の方への心配り。挨拶は欠かしません。屋根リフォーム工事の最中にトラブルがあると、その後もそこに住み続けるお客さまにご迷惑がかかりますから」
三恵メタルの強みや特徴、大切にしていることを尋ねたところ、営業部長である溝渕覚さん(以下、溝渕さん)は迷いなくこう答えてくれました。

「先日、3階建ての住宅の雨漏り(雨漏れ)補修工事をしました。ベランダのドレンからの雨漏りが、外壁をつたって2階にしみこんでいて。それが床に浸透、さらに白アリのせいでベランダ自体が下がってしまっているんです。3階のドレンに水を溜め、流れを確認しました。雨漏りの原因を確定させて、3階のベランダ、ドレン部分、さらに2階のベランダも修繕しました。この一連の流れがわかる、専門知識のある大工がいるのが強みです。『原因はここだろう』なんていう頼りない屋根工事は絶対にしません。あと、リフォーム工事の際に心がけているのは、従業員の安全対策。現場で怪我をしてしまっては、本人はもちろん、お客さまにとっても不快ですよね。事故のあった家に、誰も住みたくありません。不安にさせない、そういったことも全てひっくるめて、お客さま目線を大切にしています」

そして、ここで福島さんが「もう一つあります」と付け加えました。「うちの強みは、職人の質です。皆、素直で人間性に自信があります。私は、技術面で注意はしても、激しく怒ることはありません。でも、時間と挨拶、掃除に対する態度に関しては、ものすごく怒りますね。施工は、お客さまが普段通り生活している現場がほとんどです。施主のお客さまと作業中にコミュニケーションをとるためにも、そこは徹底しています」
インタビューの最中、福島さんは繰り返し「礼儀・礼節」について話をしていました。それは、若い彼らに対して「どこへ出しても恥ずかしくないように」という想いがあるからです。独立して屋根工事店を立ち上げたり、子どもができて親になったりした際に、「人として大切なこと」をいつも心に留め置いてほしい、それは、経営者としてだけではなく、福島さん個人としての強い願いでもあるのです。

最後に、千葉県松戸市や柏市の屋根工事の地域性について尋ねたところ、「関東は何年かに一度雪が積もります。最近は、屋根に取り付ける雪止め金具(※)を提案することが多いですね。このあたりは、雪が積もるのを想定している住宅ではありません。だからこそ、対策をしてほしい。屋根から雪や氷が落ちて、隣の家屋や車にキズが…なんていうトラブルを回避できますから」
この他にも、2011年の東日本大震災以来、「地震に強くするために屋根を軽くしたい」という要望も多いそうです。このように、三恵メタルは修繕だけではなく、予防対策のための屋根工事にも対応できます。
「屋根工事をするしないに関わらず、心配事はなんでも相談していただきたいです。もしかしたら、それはプロが見れば取るに足らない心配かもしれません。でも屋根工事店の人間に大丈夫だって言ってもらえれば、それだけで安心できますよね」と溝渕さん。
お客さまとのコミュニケーションを大事にする会社でありたい、三恵メタルが目指す会社の在り方は、こういった場面にも生きてくるようです。

(※)雪止め金具:屋根に積もった雪が固まり、氷の塊の状態で落ちてくるのをふせぐもの。屋根の上で留め、雪解け水にして塊を小さくするのを促すもの。豪雪地域では使用できない。

詳しく見る閉じる

MESSAGE地域に根付く屋根リフォーム店を目指して。自分たちから歩み寄る姿勢を大切にしたい

溝渕さん、頼りがいのあるお話しぶりですが、実は三恵メタルへの入社は2017年。しかし、福島さんからはすでに「会社になくてはならない人」と全幅の信頼を寄せられています。前職での接客経験・ノウハウを生かし、昨年からアフターメンテナンスにも力を入れるようになりました。定期点検後も、お客さまの住まいの近くに行った際には、できる限り訪問して声をかけるようにしています。「電話をしてわざわざ来てもらうほどではないけれど、少し気になる」溝渕さんは、そのような住宅のささいな不具合を、訪問の際に相談してもらえたらと考えています。
「雑談の上で、気軽に言ってもらえたらいいですね。お客さまにとって、声をかけやすい、かつ信頼できる屋根リフォーム工事店になれたらと思っています」

さらに、三恵メタルでは地元である千葉県松戸市・柏市の方々に自社を知ってもらうために、「Fortune Times(フォーチューンタイムズ)」という、町の情報や、社員のコラムなどを載せたニュースレターを毎月発行しています。これは、お客さまとの会話におおいに役立っており、職人が「この間、載ってたね」と周囲から声をかけられる機会が増えたそうです。
さらに、昨年5月にはバス停横の事務所敷地内に屋根付きのベンチを作成、設置。「このバス停、屋根がないので雨の日は大変なんです。本数も少なくて待ち時間も長い。バス会社に確認をとって、思い切ってうちの敷地内にベンチを置きました。そうしたら、近所のおばあちゃんから、お礼にと手作りのティッシュケースをいただいて。嬉しかったですね」

最後にメッセージをお願いしました。
「必ず満足させます。お客さまの想像以上のものを提供できるように、自分たちも勉強しながら、屋根工事、住宅工事全般に携わっていきたいです。そして、お客さまの家族になった気持ちで、提案を考えます。これから先も、この家に不安なく住むにはどうしたらよいか?もし自分だったら……と置き換える姿勢を大切にしていきたいです」
頼もしい技術と、思いやりが感じられる優しい言葉、三恵メタル工業株式会社は、まちの屋根・住宅工事屋さんとして、地域の方々に愛され、これからもさらなる成長を遂げるでしょう。
(2018年3月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(三恵メタル工業株式会社)3件

before

after

屋根工事(取替)

工事種別: 屋根工事(取替)

価  格: 50~75万円

施工面積: 75~100m²

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(三恵メタル工業株式会社)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(三恵メタル工業株式会社)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(三恵メタル工業株式会社)

一番の強み 職人の質を含めたヒトとしての在り方(挨拶からヒトとヒトとの関わりを大事にすること)が一番の強みです。
会社名 三恵メタル工業株式会社
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
従業員数 社員:6名、外注:5名
特徴 屋根工事業
外壁工事業
各種リフォーム業
対応エリア

千葉県

  • 佐倉・八街
  • 九十九里・銚子
  • 館山・南房総
  • 木更津・君津
  • 勝浦・鴨川
  • 松戸・柏
  • 千葉・市原
  • 成田・香取
  • 浦安・船橋

東京都

  • 東京23区

埼玉県

  • 川越・さいたま
  • 越谷・草加

茨城県

  • つくば・牛久
  • 霞ヶ浦・土浦・鹿島・潮来

神奈川県

  • 川崎
  • 横浜
アフターフォロー体制 工事が終わった後、1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月で定期訪問してメンテナンスさせて頂きます(その後は不定期で訪問させて頂きます)。
その際に、当社が作った会報誌をお渡しさせて頂いております。
工事賠償責任保険、生産物賠償責任保険にも加入しておりますので、もし何かあれば保険でも対応可能です。
代表者 福島 圭一郎
代表者経歴 三恵メタル工業株式会社 代表取締役
1998年3月:松戸市立和名ヶ谷中学校 卒業
1998年4月:千葉県立松戸秋山高等学校(現 松戸向陽高等学校) 入学
2001年3月:千葉県立松戸秋山高等学校(現 松戸向陽高等学校) 卒業
2001年4月:塗装工事店 入社
2002年3月:塗装工事店 退社
2002年4月:有限会社キムラ 入社
2011年3月:有限会社キムラ 退社
2011年4月:福島板金 創業
2014年5月:三恵メタル工業株式会社に社名変更
所在地 〒270-2224
千葉県松戸市大橋80-1 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~18:00
定休日 日曜日

最近チェックした屋根工事店