HOME > 屋根工事店の検索一覧 > 埼玉県 > 本庄・熊谷 > 株式会社東和瓦建材

お客さまとも、社員とも。少し先を見据えて一緒に歩み続ける工事店

株式会社東和瓦建材

株式会社東和瓦建材

株式会社東和瓦建材は、一般住宅からお寺まで幅広い屋根工事を行っており、また電気工事業や学生寮などの不動産事業を行うなど、様々な分野から建築に携わる工事店です。質の高い屋根工事を提供するために、工事は外注せず、自社社員で技術を高め合うことに力を注いでいます。

工事店の想い工事店の想い

PERSON一緒に働く社員の生活を守り、お客さまに高い品質の工事を提供することが使命

株式会社東和瓦建材の代表取締役である島崎輝雄さん(以下、島崎さん)は、一般住宅からお寺の新築や葺き替えの屋根工事に加え、電気工事や学生寮などの不動産事業を行うなど、幅広く建築に携わる工事店を営んでいます。そして、質の高い工事を提供するために工事は一切外注せず、自社社員で行うところも特徴です。

かつては良質な土が採れ、レンガの製造で栄えた埼玉県深谷市。ここは、近代日本経済の基礎をつくった実業家、渋沢栄一の故郷でもあります。

そんな歴史ある深谷市で瓦の販売を生業とし始めたのは、一代目社長である島崎さんの父。当時は、だるま窯で焼かれた瓦を車1台で配達する日々でした。その後、徐々に仲間も増え、昭和42(1967)年に有限会社東和瓦建材を設立しました。そこから屋根工事業だけではなく、不動産業や旅館業、電気工事業なども新たにスタート。現在は建築業のみならず、農業の分野にも挑戦しています。

そんな他分野への挑戦を続ける島崎さんに、現在に至るまでのお話を伺いました。
「小さい頃には少林寺拳法を習っていました。どうして始めたのか、明確な理由は思い出せないのですが、当時のスターへの憧れや、『彼らのように強くなりたい』という気持ちがあったのだと思います」。当時は生き物も好きだったことから、カブトムシ採りにもよく行っていたそう。

その傍ら、休日になると、父の仕事の手伝いに行くことが多かったという島崎さん。中学生のころから瓦の配達に付いていき、その瓦をトラックから降ろす手伝いをしていました。当時大変だったことは、重たい瓦や資材を運ぶこと。「もう嫌だな」と思うこともあったそう。しかし「瓦屋を継ぎたくない」と思ったことは一度もなかったという島崎さん。その理由をこう話します。

「やはり、父を尊敬していたからだと思います。会社をきりもりする父の姿は、子どもの目に、格好良く映っていましたね。それに、屋根工事業以外にも、不動産業や旅館業を始めて自分がフロントに立ったり、市議会議員も務めたり。父は自分のペースでのびのびと仕事をしていましたが、そんな姿に、周囲の方々は嫌な顔ひとつしていませんでした。むしろ、日々社員を想い、自ら動き続ける父を慕って、父の周りにはいつも支えてくれる人がいたのです」

そんな父の言葉で島崎さんの心に残っているものがあります。それは「怒鳴っている人は、苦労が足りない」ということ。「父は怒鳴り散らかす人がいるとよくこう言っていました。『自分自身が苦労した経験が少ないから、相手の気持ちを想像できずに怒鳴ってしまうんだ。『苦労が足りない』とは、『相手の気持ちが分からない』ということだ」と懐かしそうに話をしてくれました。

そして、父の後を継ぎ、現在社長を務める島崎さん。この会社の旗振り役として、ずっと大切にしていることがあるそう。「私が3,40代の頃に、『今後は瓦の販売だけでは厳しいのではないか』と感じたのです。会社として、一緒に働いてくれる社員の生活を守っていくという責任もある。では、何をしていったら良いだろう。そう考えているときに浮かんできたのが、質の高い労働力をお客さまに提供すること、すなわち、信頼を置く社員で工事を行っていくということだったのです」

工事は、他の工事店、もしくは個人で仕事をしている方に任せてしまうのではなく、社員である職人で行う。その理由を島崎さんはこう答えます。「屋根工事の仕事は、天候や暦で作業が休みになることがあります。そうなると、日当で雇われた職人たちの手当は減り、生活は不安定になります。それだと奥さんや家族が困りますよね。私はそれが嫌だったのです。だから、工事を外注するのではなく、職人をみんな社員として雇い、雨の日も盆正月でも本人や家族が困らないようにしたのです」

しかし、社員として雇っても、雨の日に工事ができないのは変えることができません。そこで島崎さんが考えたのが、「雨の日でも社員のみんなが仕事をしていけるように、いろんな事業に挑戦してみよう」ということでした。「不動産業も、電気工事業も、そして2年ほど前から始めた農業も、全てこの想いから始まったものなのです」。多分野への挑戦の原動力となっている島崎さんの理念は、常に一緒に働く社員へ向けられている、そう思わずにはいられませんでした。

詳しく見る閉じる

WORK自分の立場に置き換えて、困っているお客さまに寄り添えるように

株式会社東和瓦建材は、新築からお寺、非住宅などの屋根工事はもちろん、電気工事や不動産事業など、幅広く建築に携わっている工事店です。

6年前に屋根工事部門のトップとなった専務の飯塚さんに、会社の強みを伺いました。
「工事は全て当社の社員である職人が行いますので、施工方法が一貫されていること、責任もって完工できることが強みだと思います。また、各工事を社員で行っているので、気になったところは会社で話をして改善策を考え、次につなげることもできます。そして、どんなお客さまのご要望にもお応えできるように取り扱い商品を多くしています。例えば『なるべく軽い屋根にしたい』というお客さまがいれば、軽い屋根材でも色々な種類があるので、そこから気に入ったものを選んでもらえるように心がけていますね」

そんな飯塚さんに、仕事をする上で大切にしていることを伺うと、「私はお客さまと職人の間に立つことが多いので、大切なのは、現場でお客さまのご要望をしっかりとすくい上げて、それを職人に分かりやすいように伝えるということです。実際に屋根工事を行う職人がスムーズに仕事をしやすい環境をつくることで、結果として良い工事につながれば嬉しいですね」

次に、作業をする上で大切にしていることを伺うと、「職人含め、みんなが自分の仕事にプライドを持つということです。もしお客さまが気付いていない箇所が傷んでいた場合、今は良くても、将来必ず雨漏りなどの原因になります。それを、予算も考慮してどうにか一緒に直してあげたい、という話が職人ひとりひとりから出てくることが多いです。これは屋根工事のプロとして、『そのまま放ってはおくことはできない、できる限りのことをしたい』という想いがあるからです。職人としては、言われたことだけをやっていても給料はもらえますが、そうやって現場の状況を見て言ってくれるのは屋根工事という仕事へのプライドを持っているからだと感じます」

「また現場での挨拶を含めたマナーも常に心掛けています。それは一般的に職人は少し怖いイメージがあると思うからです。お客さまがもしそう思われていれば、工事で気になったところを相談しにくいですし、コミュニケーションをとれないことは不安にもつながりますよね。だから、私たちは自分から必ず挨拶をします。そうすることで、お客さまも職人と気軽に話ができると思うのです」。自分たちがお客さまから、どんなふうに映っているのかを想像することを忘れない。そんな姿勢が垣間見えました。

また、その日の工事が終われば、自分たちが担当した場所も掃除をしますが、それだけでなく現場全体を綺麗にしてから帰る。「これは、お客さまに良い顔をするためにやっているんじゃなくて、不安にさせないためにやっているんです」と話す飯塚さんの目と声に力が入ります。

「もちろん、技術面についても大切にしていることがあります。それは、雨の日にミーティングをすることです。実際に顔を合わせて工事の仕方や気になったところについて話し合い、常に技術を磨き、高いレベルで施工の仕方を統一していくようにしています」

ここで、実際にこれまで対処したことのある雨漏り事例について伺いました。
「この深谷という地域ならではの雨漏りがあります。それは、『赤城おろし』という冬場の強風が関係しています。このあたりはブロッコリー畑が多く、『赤城おろし』が吹いたときに、畑の砂ぼこりが飛ばされてしまいます。砂ぼこりは、徐々に瓦と瓦の間に入り込み、びっしりと隙間を埋め、それが屋根の上を流れ落ちるはずの水を吸っていくのです。その水は徐々に屋根の内部へ染み込み、その結果雨漏りが起こる。これがこの地域ではよく起こるのです。しかし、現在推奨されている施工方法で工事を行えば、被害はかなり縮小できるはずですが、昔の工法で葺かれた屋根である場合には、この被害がすでに起こっている可能性がありますので、注意が必要です」

また、これ以外の雨漏りの原因には、瓦の破損、袖壁の板金の施工不良、隅切という部分の瓦が正しい方法で施工されていない、などがあります。そして、台風時など、雨漏りが起こりやすいときには、工事はできないけれど、お客さまのもとへ伺って、お話を聞くことはできる。このような、お客さまが少しでも安心できるように、何かあれば動ける体制づくりも心がけているそう。

「お客さまが困っているのを目にして、自分の立場に置き換えたらどう思うか」ということを常に意識しているからこそ出てくる言葉は、どこか温かさを感じました。

詳しく見る閉じる

MESSAGE目の前にあることだけでなく、お客さまの人生の少し先を見据えて一緒に進んでいく

東和瓦建材のアフターサービスには、10年間の施工瑕疵保証発行や、まもりすまい保険などがあります。この他にも、年末にはご挨拶もかねて、カレンダーをお渡ししています。

最後に屋根に関してお困りごとを抱えるみなさまへのメッセージをお願いすると、「創業から50年。当社にはこれまで培ってきた、屋根工事の知識と経験があります。ささいなことであってもご相談頂ければお応えしますので、お気軽にお声かけください。そして、今すぐ工事をする訳ではないけれど、子どもたちが大きくなって家を譲るときにリフォームしてあげたい、でも実際どれくらいお金が必要か分からないから、今の時点から知りたい、という声に、これからしっかり耳を傾けていきたいと考えています」と専務の飯塚さんは意気込みます。

目の前にあることだけでなく、お客さまの人生の少し先を見据えて一緒に進んでいく。これは東和瓦建材の会社としての姿でもあり、お客さまと築いていきたい関係そのものでもある、こんなことをひしひしと感じた取材でした。(2017年11月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(株式会社東和瓦建材)0件

施工事例はありません。

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(株式会社東和瓦建材)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(株式会社東和瓦建材)

2018.01.26 日記 初めての日記です

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(株式会社東和瓦建材)

一番の強み 職人は全て社員。だからこそ迅速な対応ができ、さらに地域の特性をよく理解した上での工事ができるところ。
会社名 株式会社東和瓦建材
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
従業員数 社員:14名
建設業許可 屋根工事業、電気工事業(埼玉県知事許可(般―28)第696号)
保有資格者 ・一級かわらぶき技能士:1名
・二級かわらぶき技能士:3名
・足場組立主任者:14名
・宅地建物取引士:1名
・ケイミューROOGA指定工事店(第073039号)
特徴 屋根工事業
リフォーム業
不動産業
対応エリア

埼玉県

  • 川越・さいたま
  • 本庄・熊谷
  • 秩父
  • 久喜
  • 飯能

群馬県

  • 四万・吾妻
  • 藤岡・碓氷・磯部
  • 赤城・桐生
  • 渋川・伊香保
  • 前橋・高崎・太田
アフターフォロー体制 ・10年間の施工瑕疵保証
・ユニバーサルデザイン等の補助金申請等
・まもりすまい保険加入
上記に加え、年末にはカレンダーをお配りしております。また、気になるところがあればお気軽にご連絡ください。
代表者 島崎 輝雄
代表者経歴 株式会社東和瓦建材 代表取締役
1977年3月:埼玉県立深谷商業高等学校 卒業
1977年4月:亜細亜大学 入学
1981年3月:亜細亜大学 卒業
1981年4月:有限会社東和瓦建材 入社
1983年4月:専務取締役 就任
2000年10月:株式会社東和瓦建材に社名変更
2004年4月:株式会社東和瓦建材 代表取締役 就任
所在地 〒366-0810
埼玉県深谷市宿根1354-1 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 7:30~19:00
定休日 日曜日、祝日

最近チェックした屋根工事店