HOME > 検索一覧 > 株式会社アートルーフ

材料にもこだわり「お客さまが一生安心できること」を追求する工事店

株式会社アートルーフ

株式会社アートルーフ

株式会社アートルーフは、新築から葺き替え・補修までの瓦屋根工事はもちろん、金属屋根工事や樋工事、そして金属サイディングも手がけています。工事の際には、材料の品質にもこだわり、お客さまが一生安心して住める屋根工事を提供したいと、日々力を尽くしています。

工事店プロフィール工事店の想い

PERSON早く自立したい。そんな気持ちを抱え、20代から挑戦できる場所を選んできた

株式会社アートルーフの代表取締役である塚本武治さん(以下、塚本さん)は、新築から葺き替え・補修までの瓦屋根工事はもちろん、金属屋根工事や樋工事、そして金属サイディングも手がけています。また窓口となって、塗装工事や防水工事、内装工事などにも対応しています。

瓦屋根以外にも、金属屋根やサイディングまで手掛ける塚本さんに、幼いころから、株式会社アートルーフ創業までのお話を伺いました。

「私は兄と姉の三人兄弟の末っ子です。母は私が7歳のときに病気で亡くなり、それからは父が三兄弟を育ててくれました。そんな父の姿を見ていたからか、幼心に『何でも自分でやっていかなくては』という意識は強かったように思います」。

親に甘えてはいられない、早く自立したい。そんな思いを抱えていた塚本さんは、これから仕事をしていく中で必要になるだろうと、電気関連の職業訓練校への入学を決めます。
そして卒業後には、ICチップにメッキをつける会社へ就職。懸命に働く姿が評価され、22歳で班長に任命されるなど、確実に実力を伸ばしてきました。「しかし、当時はまだ20代前半でしたから、自分よりも年上の人に指示を出して、その人に動いてもらうということは難しかったですね」と塚本さんは当時を振り返ります。

その会社を退職した後は、偶然雑誌で見つけたステンドグラスの製造や営業方法などを学ぶ研修に興味をもち、そのまま大阪まで向かった塚本さん。周りを見渡せば自分よりも年上の方ばかりという環境で、「人にものを売る」ということのいろはを学んだそう。そこで、人にものを売ることの難しさを実感すると同時に、「自分の情熱があれば、ものは売れるんだな」ということに気付き、この経験こそが、その後の塚本さんの仕事に大きく影響を与えることになりました。

営業についての知識を得た塚本さん。「若いうちに経験を積みたい、大きな市場で挑戦したい」と思い、目指したのが東京でした。バブルの最盛期に東京でも営業の仕事をいくつか経験し、30歳のころに、親戚の仕事を手伝うため、地元である埼玉に戻ります。

その後、塚本さんは結婚を機に住む場所も仕事も変えます。当時たまたま見つけたのが、とある「屋根工事店」でした。これまでとは全く異なる職種ではあったものの、ここでがむしゃらに働こうと決めた背景には「大切な家族が増え、自分が守っていかなければ」という覚悟がありました。

入社してから結果を出し続け、たった数年で営業部長まで上り詰めた塚本さん。多いときには月に100棟の工事を支えていたそう。そして、屋根工事に携わって十数年、自分自身の中で決心がついたときに独立を決め、新たに株式会社アートルーフを創業しました。

実際に創業してからのお話を伺うと、「良かったことは、自分の思うように進めていくことができるところですね。一から信用を築くためにも、良いものにこだわって工事を行ってきました。自分の目で見て確かめた、良品質の材料を仕入れて、どこに出しても恥ずかしくない、自分が太鼓判を押した職人とともに『お客さまに満足して頂きたい』その一心で日々屋根工事に取り組み続け、創業から約10年を迎えることができました」。

いざ独立してみると、厳しい現実もあったという塚本さんですが、現在では息子さん(写真2枚目)も同じ屋根工事という仕事に進み始め、仲間の力を結集させながら新たな挑戦を続けています。

詳しく見る閉じる

WORK少人数の会社だからこそ、かゆいところに手が届く屋根工事を

株式会社アートルーフは、瓦屋根工事に加え、金属屋根工事、金属サイディングなどを手がけています。

塚本さんに自社の特徴や強みを伺うと、「少人数の会社だからこそ、かゆいところに手が届くところでしょうか。職人であっても、実際の工事のことだけでなく、お客さまへの細やかな対応を日々心がけて動いています。また、これは私のポリシーでもあるのですが、問合せがあれば、その日のうちにできることはすぐに行うように心がけています。そして、お客さまから『もう来てくれたの?』と言っていただけるような、そんな迅速な対応を常に意識しています」。

さらに、塚本さんが大切にしていることを伺いました。
「まずはお客さまに喜んでもらえる工事を行うことです。職人には、自分の家だと思って工事をするように、と伝えています。そして、アートルーフさんに頼んで良かったと言ってもらえれば、それ以上に嬉しいことはありません。また、実際にこれまでのお客さまからは『あの職人さん、良かったよ』や『あの職人さん、暗くなるまできれいにしてくれたよ』と言って頂けたこともあります。ほんのちょっとしたことかもしれませんが、小さな会社だからこそ、そのひとつ一つの積み重ねを大切にしなきゃいけないなと思うのです」。

「あとは、これまで様々な仕事を経験してきましたが、それらを通して大切だと思ったのが、『あきらめない』、『何でもやってみる』というところです。自分自身が一生懸命であれば、その姿はきっと相手に伝わります。だから、すぐに諦めてしまうのではなく、まずは何でもやってみることが大切だと思っています。また、この屋根工事という仕事についてだと、例えば、お客さまから『しっくいを塗ってくれ』と言われたからと言って、はい分かりました何円です、で終わりではなく、お客さまの家の状況や今後の過ごし方も考えて、しっくい工事の方が良いのか、それとも棟部分の瓦を取り直して工事をした方が良いのかを考えたり、どうして別の方法をとる方が良いのかを説明したり。こういったことが大切だと考えています。お客さまの家の状況を見て、屋根屋のプロの目で見て伝えてあげる。お客さまには、10年後のことも考えて安心を買ってもらえることが大切だと思っています」。

こう話す塚本さんに、実際に工事についての話を伺いました。
「雨漏りしているから見てほしい、という連絡があった場合は、雨が降っていなければ場所を特定することから始めます。そして瓦を剥がすことができる部分については、瓦を剥がしてから水の流れをチェックします」。

これまで見てきた雨漏りの原因について伺うと、「周りが畑に囲まれている、そんな家の屋根であれば、瓦の隙間に土が入り込んでしまい、その土が水を吸収し、屋根の中に水が回り込んでしまっていたという事例があります。また、昔の家であれば、施工不良による雨漏りというものもあります。また、少し工事の専門的な話にはなりますが、隅棟という部分に、本来入れておくべきはずの勝手瓦が入っていないということも、雨水が屋根の中に流れ込む原因となってしまうのです」。

また、埼玉県の地域の特徴について伺うと、「埼玉県だけに限りませんが、スズメやコウモリ対策は行っています。とくに洋風の波打ったような瓦の場合には、登り淀(※)の部分に隙間ができてしまうため、鉄板のメンドを入れてスズメの侵入を防ぐようにしています。こうすることで雨水の侵入も防ぐことができます。また、瓦と屋根の谷の部分の立ち上がりの隙間からの侵入を防ぐために、谷まわりになんばん(※)を置くようにしています」。

すぐにあきらめない。なんでもやってみる。そんな塚本さんのモットーが、工事をする際のこだわりとなり、お客さまの安心へと繋がっているように感じました。


(※)登り淀:屋根の端(袖)部分の瓦を安定させ、さらに破風板を保護するための木材。
(※)なんばん:石灰にスサと糊を混ぜ合わせたもの。これを瓦と瓦の間に詰め込むことで隙間を埋めることができ、雨漏りなどを防ぐことができる。

詳しく見る閉じる

MESSAGE品質の高い材料で、お客さまが一生安心して住めるような屋根工事を提供したい

アフターサービスについて伺うと、「各お客さまに担当者をつけ、近くに行った時には挨拶に伺い、何かあった時には気軽に相談にのり、迅速な対応ができるように動いています」と塚本さん。

最後にメッセージをお願いすると、「同じ屋根替えの工事であっても、会社によって施工の仕方や使用する部材、瓦は違います。うちは良い材料を使って工事をしたい、その思いが強いです。それは、お客さまが一生安心して住めるような屋根工事を提供したい、そして、妥協して不安の残る工事をしたくないからです。やるからにはしっかり責任をもって完璧な工事を追求します」。

こう話す塚本さん。屋根工事に関する豊富な知識と経験をもとに、お客さまに満足してほしいという一心で、細やかかつ丁寧に工事を行う姿に、地元のお客さまから、これからも長きに渡って信頼が集まり続けるのだろうと確信しました。
(2017年9月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

施工事例施工事例(株式会社アートルーフ)0件

施工事例はありません。

クチコミ評価クチコミ評価(株式会社アートルーフ)1件

総合評価

star star star star star 4.65

コミュニケーション star star star star star 4.85
工事の技術 star star star star star 4.60
アフターフォロー star star star star star 4.20
提案力 star star star star star 4.80
価格の満足度 star star star star star 4.25
マナーの良さ star star star star star 5.00
清潔感 star star star star star 4.90

新着クチコミ

star star star star star 4.65

群馬県藤岡市

K.M

50代 男性

  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他屋根

投稿者からのコメント

家族みんな、きれいになったと喜んでいます。ありがとうございました。

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

工事店日記工事店日記(株式会社アートルーフ)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

工事店プロフィール工事店プロフィール(株式会社アートルーフ)

一番の強み お客さまが一生安心して住めるように、良い材料を使って責任施工を行うところ
会社名 株式会社アートルーフ
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
従業員数 社員:7名、外注:5名
保有資格者 ・瓦屋根工事技士:1名
・1級かわらぶき技能士:1名
・職業訓練指導員(屋根科):1名
特徴 屋根工事業
外壁工事業
外装リフォーム業
対応エリア

埼玉県

  • 川越・さいたま
  • 本庄・熊谷
  • 越谷・草加
  • 秩父
  • 久喜
  • 飯能

群馬県

  • 四万・吾妻
  • 藤岡・碓氷・磯部
  • 赤城・桐生
  • 沼田・老神・尾瀬
  • 渋川・伊香保
  • 水上・法師
  • 草津・花敷
  • 前橋・高崎・太田
  • 万座・北軽井沢
アフターフォロー体制 当社担当者がひとりひとりのお客さまに付きますので、もし何か不具合があれば担当者がすぐに対応いたします。
代表者 塚本 武治
代表者経歴 株式会社アートルーフ 代表取締役
1976年3月:小鹿野町立倉尾中学校(※廃校) 卒業
1976年4月:秩父高等技術専門校(現・熊谷高等技術専門校秩父分校) 入学
1977年3月:秩父高等技術専門校(現・熊谷高等技術専門校秩父分校) 卒業
1977年4月:株式会社秩父富士 入社
1982年3月:株式会社秩父富士 退社
1982年4月:ステンドガラス製造販売会社 創業
1982年9月:ステンドガラス製造販売会社 退社
1984年3月:タイヨー 入社
1987年2月:タイヨー 退社
1987年3月:株式会社第一興商 入社
1990年2月:株式会社第一興商 退社
1990年3月:不動産会社 入社
1993年3月:不動産会社 退社
1993年3月:屋根工事会社 入社
2008年8月:屋根工事会社 退社
2008年9月:株式会社アートルーフ 設立、代表取締役 就任
所在地 〒367-0108
埼玉県児玉郡美里町下児玉1002-2 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~土曜日 8:00~17:00
定休日 日曜日、祝日