HOME > 屋根の情報 > 屋根リフォーム業者の選び方

屋根リフォーム業者の選び方

いざ屋根のリフォームをお願いしようと思っても、いろいろな業者さんがあって迷うと思います。
ここでは屋根リフォーム工事店(業者)選びのポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

こんな業者には要注意

頼んでいないのに点検に来る業者
面識がないのに点検しに来る業者は警戒した方が良いです。
やたらと不安をあおりその場で契約を迫る業者
良心的な業者さんであれば、不安をあおることなく、ちゃんと説明してくれます。また、最初は見積もりだけして、次回に契約の話をするのが普通です。
キャンペーンなど低価格をちらつかせて契約を迫る業者
最初に低価格を出してくる業者さんは、あとで大きな追加費用を出してくる場合があります。
断っても執拗に勧誘してくる業者
何度も連絡があったら「地元の屋根リフォーム工事店に頼むことになった」とお話しておきましょう。

リフォーム業者選びのポイント

地元の業者かどうか確かめる
地元の屋根リフォーム工事店であれば、何かあったときにすぐに来てくれます。全く異なる都道府県の屋根リフォーム工事店ですと、何かあったときのアフターフォローが難しくなります。また、地元の業者はその土地の特性を知っているので、局地風や天気、気候などを考えながら屋根リフォームしてくれます。その点でも地元の業者に頼むのが最も良いでしょう。
価格だけで決めない
価格は工事内容と比較して決めましょう。一口に屋根リフォームといっても、塗り替えやカバー工法、葺き替えなどがあり、例えば塗り替えに比べると葺き替えは高いです。また、塗り替えしても、老朽化した屋根だと数年経ってすぐにまた塗り替えしないといけなくなり、結果的に工事費用が高くつきます。業者さんがどういう理由でどんな工事をするかをしっかり聞くことが大切です。
訪問販売で勧められても、その場では契約をしない
訪問販売ではその場で契約させようとしますが、ちゃんと工事内容などを確認してから家族などと相談して冷静に考えてみることが必要です。
実績があるかを確かめる
良心的な屋根リフォーム工事店は地域の方々からの実績があります。もし今までリフォームした写真やホームページがあるなら見せてもらいましょう。
もしも悪徳業者と契約してしまったら
クーリング・オフという制度があります。
クーリング・オフ制度とは、訪問販売などでいったん申し込みや契約をした後でも一定の条件を満たせば、消費者が一方的に契約をやめることができる制度です。一般的には契約日から8日~20日の間であれば契約をやめることができると言われています。