HOME > 屋根の情報 > 太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット

メリット発電した電気を使えて、余った電力は売電もできる
10kW以上の大型太陽光発電システムは発電した全ての電気を売電する事ができますが、10kW未満の住宅太陽光発電システム(全国平均4.5kW)については、発電した電気は優先的に家で使われ、余った電気だけ電力会社に売る事ができます。普段の電気代の単価より売る事が単価の方が高いので日中に電気の使用量が少ないご家庭ほどメリットが多くなる仕組みになっています。
メリット環境を汚さない
水や空気を汚さず発電できます。特に二酸化炭素を排出しないので、 地球温暖化対策として、国でも推進されて、補助金や電気買取制度で後押しされています。
メリット月々の電気代が安くなる
発電した電気は優先的に家で使われます。今まで払っていた電気代を払うことなくご自宅の屋根で発電した電気を使いますので、その分月々の電気代は安くなります。オール電化を導入しているご家庭では通例深夜の電気代単価を安くする代わりに日中の電気代単価が高くなる電気料金の形態にしておりますので、より一層電気代の節約効果が高くなります。
メリット災害・停電時の非常用電源として使える
パワーコンディショナを自立運転モードに切り替える事により、通例パワーコンディショナにある自立運転コンセントを使用して、最大1500Wまで使用する事ができます。テレビ・ラジオの視聴や携帯電話の充電等に利用できます。
メリット断熱効果も期待大
太陽光発電システムに使用するソーラーパネルが屋根に設置されることによって、ソーラーパネルが断熱効果を発揮します。夏は屋根への直射日光を遮ってより涼しく、冬は外部への放熱を抑えてより暖かく過ごせるようになります。一例として、太陽光発電システムの設置によって、屋根材の下にある野地板の温度が夏は10℃ほど下がり、冬は5℃ほど上がると言われています。その結果、エアコンの使用率が減り、さらなる節電にもつながります。