HOME > 屋根の情報 > 太陽光発電のメーカー

太陽光発電のメーカー

太陽光発電システムには、国内外の数多くのメーカーが参入しています。
そのため、どのメーカーを選ぶか、どの製品を選ぶかで、その後の太陽光発電生活はずいぶんと変わってくるかもしれません。また、太陽光発電システムを設置すると、屋根の印象がガラリと変わりますので、外観の変化についても考えないといけません。そのうえで、太陽光発電システム導入の目的・発電能力・変換効率・価格などで比較・検討することになります。

国内メーカー

シャープ
50年以上培ったノウハウで累積設置量世界1位。信頼性が高く、製品も導入コストが比較的安価で手頃な出力のもの、導入コストは上がりますが高出力のものなどがあります。屋根置き型、屋根材一体型どちらもありデザイン性にも配慮したラインナップとなっています。また三角形(台形)のモジュールも製造しており、発電量を高める工夫がされています。
京セラ
日本で初めて住宅用太陽光発電システムを販売したメーカーです。多結晶の太陽電池に特化していましたが、近年では単結晶パネルの開発・販売も行っています。屋根置き型、屋根材一体型どちらもあり、また三角形(台形)のモジュールも製造していることから通常よりも多く太陽光モジュールを載せられます。
パナソニック
子会社の三洋電機とパナソニックの高い技術力を結集し、業界最高水準の発電量を実現したHIT太陽電池がよく知られています。HITシリーズは発売以来数々の賞を受賞し、その技術力は高く評価されています。屋根置き型、屋根材一体型のどちらもありますが、三角形(台形)のモジュールは製造していません。
東芝
2010年に参入したばかりですが、変換効率世界一の東芝の単結晶パネルが有名です。屋根置き型のみのラインナップですが、三角形(台形)のモジュールもあり、通常よりも多く太陽光モジュールを載せられます。
三菱
多結晶パネルと単結晶パネルの両方持っています。パワーコンディショナの変換効率(直流から交流への変換)が、全メーカーでトップクラスであることが魅力の一つです。屋根置き型のみのラインナップですが、三角形(台形)のモジュールもあり、通常よりも多く太陽光モジュールを載せられます。
ソーラーフロンティア
CIS系の太陽電池を生産しており、他メーカーと比べて効率は低い一方で、影に強いことが魅力です。また近年は「Solacis neo」という軽量の太陽光モジュールを製造開始するなど独自の進化を遂げています。屋根置き型のみ販売しています。
CIC長洲産業株式会社
山口県に本社をおくメーカーです。比較的手頃な価格である点、単結晶シリコン型の製造・販売と保証制度の充実等で差別化をはかっています。屋根置き型のみのラインナップですが、三角形(台形)のモジュールもあります。
株式会社カネカ
1980年より太陽電池の研究・開発を行っている、「太陽電池の老舗」です。ハイブリッド太陽電池で美しい黒色の外観が特徴です。屋根置き型、屋根材一体型のどちらもありますが、三角形(台形)のモジュールは製造していません。

海外メーカー

ハンファQセルズ
ドイツの太陽光企業であったQセルズが法的整理になったことを受け、2012年10月 に韓国のハンファグループが買収し、会社名もハンファQセルズになりました。Qセルズは2007年、2008年に生産量世界一になった世界的ブランドであり、ドイツで培われた高い技術力を基に製造された製品は高い評価を得ています。屋根置き型のみ販売しています。
カナディアンソーラー
カナダの厳しい積雪にも耐えられるよう、ソーラーパネルの強度が通常より大きく設計されていることから、モジュール出力を25年間保証しています。
インリー・グリーンエナジー
2013年に世界販売シェア1位となった太陽光発電業界のリーディングカンパニーです。日本にも東京、大阪、福岡にオフィスがあり、サポート体制を整えています。屋根置き型のみ販売しています。
トリナ・ソーラー
1997年に創業し、2006年にニューヨーク証券取引所に上場した中国の太陽光発電業界のパイオニアです。2013年に世界販売シェア2位となっています。屋根置き型のみ販売しています。
サンテック
中国に本社をおく、太陽電池・太陽光発電の専業メーカーです。2010年度には、ソーラーモジュール生産量で世界1位となっていましたが、2013年に法的整理となりました。現在もソーラーモジュールを生産しています。屋根置き型のみ販売しています。