HOME > 屋根の情報 > 太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリット

デメリット施工業者のレベルが低い場合に雨漏りのリスクがある
太陽光発電システムは屋根に穴を開けて固定する仕組みです。メーカーの規定された工法のもと何重の対策を施しますが、ずさんな工事を行う会社やそもそも設置不可の屋根に無理やり設置してしまうなどの会社にあたってしまった場合は大きな損害をもたらす事になってしまいます。
デメリット夜は発電しないし、蓄電できるわけではない
太陽光発電システムは太陽光があたっている時しか発電しませんし、蓄電ができるわけではないので、夜の停電時に活躍する事はありません。昼に太陽光発電システムが発電した電気を蓄えるためには蓄電池が必要になります。
デメリット常に発電しているわけではない
太陽光発電システムはあくまで太陽光があたって発電が始まります。つまり夜は発電をしません。雨や曇りの時にも大幅に発電量は低下します。太陽光発電システムを設置したからといって夜の時間帯にたくさん電気を使ってしまうとむしろ電気代の増加に繋がってしまいます。
デメリット設置費用が高い
一般家庭に太陽光発電システムを導入するための費用としておよそ100~200万程度の初期費用がかかります。
デメリット発電量が不安定
天候や地域によって発電量が大きく異なるため、設置を希望している場所の日射量や屋根の向きなどについて十分な調査が不可欠となります。曇りや雨の日は発電量が低下しますし、積雪の多い地域等では、雪が太陽光パネルに堆積すると発電量が低下します。ただし、天候については、多雪地域でも大量の降雪が毎日続く時期はそれほど長期間にわたるわけでなく、パネルの設置角度の調整等により、パネル上の雪の堆積を防止することも可能です。