災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ
HOME > 「屋根を オシャレにしたい」について > 記事一覧 > オシャレな屋根にするときに知っておきたい屋根の形状

「屋根を オシャレにしたい」について

2019.03.08屋根と色

オシャレな屋根にするときに知っておきたい屋根の形状

1.オシャレな屋根のかたち:はじめに

家を建てよう!と思ったときには、
どんな形の家が良いんだろうと悩んでしまう方も少なくはないはず。

せっかくだからオシャレな家にしたいけど、
どこにこだわればオシャレな家の形になるのだろう?


答えは、「屋根」です!


そこで、今回は家の印象をがらっと変える
「おしゃれな屋根の形」について一緒に見ていきましょう!

2.オシャレな屋根のかたち:片流れ(スタイリッシュ)

はじめは「片流れ屋根」です。

片流れ屋根とは、
屋根部分がスパンと斜めに切れたような形の屋根です。

シンプルで落ち着いた印象もあり、
シャープで先鋭的な印象も生み出すことができるのが特徴です。



屋根材には、瓦はもちろん、
板金などが用いられることもあります。

片流れ屋根は、平面の面積が大きいため、
太陽光パネルが設置しやすいというメリットがあります。


さらに複雑な屋根形状ではないため、
施工費用も、他の屋根形状に比べると、
お手頃なものとなっています。



3.オシャレな屋根のかたち:板金で入母屋(和モダン)

入母家屋根は、
切妻と寄棟の構造を合わせたような形をしています。

有名なところで言うと、
奈良県の法隆寺の金堂は入母家づくりの屋根ですね。


先ほどの片流れとは異なり、和のテイストが強い印象です。

ですから、入母家と言えば瓦屋根、
というイメージが多いかもしれません。

しかし、現在では、
板金を用いて施工をしている場合もあるそうです。



4.オシャレな屋根のかたち:方形(スタイリッシュ)

方形と書いて、「ほうぎょう」と読まれるこの屋根は、
屋根の4つの面が屋根のてっぺんの一点に集まる、
「ピラミッド」のような形状をしています。


上から見ると正方形に見えるというのも特徴です。

これに近い「寄棟」という形状については、
ハウスメーカーさんの展示場で、比較的よく見かけるので、
気になる方は足を運んでみてもよいかもしれません。

シンプルでありながらもどっしりとした安定感を覚える形状です。



5.オシャレな屋根のかたち:まとめ

その家の印象を決定づけると言っても過言ではないほど、
屋根の形は重要な要素です。

リフォームや新築の家の屋根形状に悩まれている方は、
後悔がないように、しっかりと検討しましょう!

自分好みの屋根にすれば、毎日が楽しくなるはず!


そして、屋根のデザインでお悩みの方は、ぜひ「やねいろは」までお問い合わせください!



「屋根を オシャレにしたい」についての新着記事一覧

「屋根を オシャレにしたい」に対応できる工事店

その他の地域その他の地域
HOME「屋根を オシャレにしたい」について記事一覧オシャレな屋根にするときに知っておきたい屋根の形状