HOME > 「屋根工事」について > 記事一覧 > 6種類あります。屋根葺材の種類

「屋根工事」について

2018.02.09 屋根の素材

6種類あります。屋根葺材の種類

1.屋根葺材の種類:はじめに



瓦屋根のことを調べていくと、瓦を「葺く」という言葉を目にすると思います。
「知ってた?屋根瓦の歴史」でもご紹介したように、瓦は長い歴史を持っています。
その為、関連用語も古くからのものがあり「葺く」もその一つです。
「葺」は音読みでは「シュウ」、訓読みでは「ふ」く、と読みます。
「茅(かや)や板、瓦などで屋根をおおう」という意味です。
例えばモデルハウスに行ったときなどに「この屋根は何で作られていますか?」ではなく「この屋根は何葺でしょうか?」と聞くと、一目置かれるかもしれませんね。

さて、今回は「屋根葺材」のご紹介です。
屋根葺材とは、屋根で葺かれている瓦などの素材のことを言います。
屋根の葺き替えや、新居建築の際の参考にしていただければと思います。

2.屋根葺材の種類:屋根葺材の種類別の特徴



日本の戸建てでよく目にするのは「粘土瓦」なのですが、実は他に6種類あるんです。

・粘土瓦
粘土を焼いて形成された瓦です。
古くから日本家屋の屋根として使われています。
断熱性や遮音性に優れ、本体自体は半永久的に使うことのできる素材です。

・セメント瓦
セメントで形成された瓦です。
粘土瓦と比べると安価ですが、定期的な塗装などのメンテナンスや経年劣化による割れが発生するというデメリットがあります。
セメントのみの屋根材だと、日本のような寒暖差が大きく湿度も高い国には合わないため、現在はセメントに繊維などで混ぜて強くしたセメントハイブリッド瓦などが出てきています。

・金属系
軽く自由な加工が可能な屋根材です。
全般的に耐久性に優れ、防水性も高いのが特徴です。
また、緩い勾配でも使用できるというメリットもあります。

・植物系
茅(かや。具体的には、ススキや稲藁、葦など)、檜皮(檜の皮)、木の板などです。
水はけが良く通気性が高いので暑い地域に適しています。
ただし、火事のリスクが高いので、都会には適さないと言えます。
現在は、文化財などにのみ使用されています。

・石材
天然の粘板岩などを薄く加工して作られた屋根材です。
現在ではほとんど輸入した粘板岩を使っています。
あまりお目にかかる機会はないかもしれませんが、実は東京駅の屋根の一部で使用されているようです。

・アスファルトシングル材(化学工業製品)
不燃布やグラスファイバーにアスファルトをコーティングし、その上に砂などをまぶしてコーティングした屋根材です。
柔らかく施工性に長けています。
アメリカでは80%を占めているそうです。
簡単に施工できるため、日本でも今後広がっていくと思われます。
ただし、アスファルトシングル材は屋根の下地の木材に直接貼っていくので、屋根の下地の木材が他の屋根材よりも腐りやすくなることは我慢しないといけません。

3.屋根葺材の種類:まとめ



いかがでしたか?
石材の屋根など、おしゃれな感じがしますね。
ぜひご近所などで、粘土瓦以外の葺材を使っているおうちを探してみてください。


参考:『瓦屋根工事技士 研修用テキスト第七版』 一般社団法人全日本瓦工事事業連盟、瓦の歴史と産地 P130

参考:http://www.zentouren.or.jp/kawara/rekishi.shtml 全国陶器瓦工業組合連合会、粘土瓦の歴史(検索日:2018/2/9)

参考:http://www.yane-takumi.net/compare/cement/ 屋根修理の専門店やねの匠、屋根材比較(検索日:2018/2/9)

参考:https://riverstone-roofing.com/basic/20150216_sonota/ 石川商店、【屋根瓦ってどれ?】正しい屋根材の基礎知識〜その他〜(検索日:2018/2/9)

参考:http://www.nurikae.club/tips/24017 塗りかえ倶楽部、知っておきたい瓦の種類ですよ!!(検索日:2018/2/9)

参考:http://roofstyle.nisc-s.co.jp/article/20160817b.html ROOFstyle、屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語(検索日:2018/2/9)

・当社及び記事作成者は、当サイトに掲載されている記事や情報の内容に関しては十分な注意を払っておりますが、それらについての正確性や確実性、安全性、効果や効能などを保証するものではございません。

・当サイトに記載された情報のご利用については、ユーザー自身の責任において行われるものとし、ユーザーが当サイトから入手した情報に基づいて直接的または間接的に被ったいかなる損害について、当社および記事作成者は一切の責任を負いません。

屋根のことで困ったときは
「やねいろは」へご相談ください!

屋根のことで困ったときは「やねいろは」へご相談ください!

「やねいろは」は当社規定の掲載基準をクリアした、顔が見れる地元の屋根工事店のみ掲載。お客様自身が直接、地元の屋根工事店に依頼が可能です。屋根工事依頼をお考えの方は、ぜひご活用ください。

地元の屋根工事店を探す

あなたの地元の屋根工事店を自分で探せます。気になる工事店があれば、工事店にお問い合わせすることも出来ます。

電話でのお問い合わせ

0120-920-302

受付時間9:00~18:00(土日祝日を除く)

屋根トラブルでお急ぎの方や電話でご相談したい方は、上記フリーダイヤルにお気軽にご連絡ください。
※ご利用の際は、利用規約に同意したものとみなされます。

  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A

「屋根工事」についての関連記事一覧

災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ