HOME > 「樋工事」について > 記事一覧 > 樋の割れとそれを防ぐための対策(伸縮処理)

「樋工事」について

2017.12.04 樋の劣化

樋の割れとそれを防ぐための対策(伸縮処理)

1.樋の割れとそれを防ぐための対策(伸縮処理):はじめに

 


今回は樋の劣化の中でも、樋が割れてしまう現象と、その対応策としての伸縮処理を説明します。


2.樋の割れとそれを防ぐための対策(伸縮処理):樋の割れの原因となる伸び縮み



雨樋の劣化の中でも、災害がなければ割れはあまり起こりません。
ですが、樋がプラスチックの場合、熱で伸び縮みするので、伸びた樋同士がぶつかって、その現象が何度も続くことで、結果的に樋に割れが起こることがあります。
プラスチックは熱によって大きく伸縮してしまう性質を持っています。
具体的にどの程度かというと、10メートルのプラスチックで4センチ程度動くのです。
(参考:積水化学住宅用総合カタログ)


ちなみに金属屋根の材料として最近よく使われているガルバニウム鋼板も雨樋に使われていますが、ガルバニウム鋼板は鉄の板にアルミ亜鉛合金メッキを施したものです。
金属も熱で伸縮するものの、金属はプラスチックよりも伸び縮みが少ないです。
したがって、ガルバニウム鋼板で作った樋の方が、プラスチックの樋よりも割れにくいということになります。


 

3.樋の割れとそれを防ぐための対策(伸縮処理):伸び縮みに対する対策(伸縮処理)

(積水化学工業株式会社、住宅用総合カタログ 2017年3月版より抜粋)

(積水化学工業株式会社、住宅用総合カタログ 2017年3月版より抜粋)



では、このような伸び縮みがあって樋同士がぶつかって割れてしまう現象に対策はないのでしょうか。
勿論、メーカーとしては熱伸縮処理を行って、割れを極力防ぐようにしています。


具体的には、じょうご(写真のようなものです)を使って、樋同士にすき間を作って、熱で雨樋が伸びても樋同士がぶつからないようにするのです。
じょうごは縦といと軒といの分岐点となる役目以外にも、プラスチック樋の熱伸縮で樋同士がぶつかることを防ぐ効果も持っているのです。
したがって、じょうごは数メートルにひとつ設置するような規定があります。


4.樋の割れとそれを防ぐための対策(伸縮処理):まとめ

(積水化学工業株式会社、住宅用総合カタログ 2017年3月版より抜粋)

(積水化学工業株式会社、住宅用総合カタログ 2017年3月版より抜粋)

今回は以上となります。いがかでしたでしょうか。
今まで樋は熱で伸び縮みすると話してきましたが、最近は熱がかかっても、伸縮しにくい部材が開発されています。例えば、樋自体を熱に強くする加工を施す、樋の中に芯を入れて伸縮しにくくする等を各メーカーが行っています。


もっと詳しいことが知りたかったら、是非一度、屋根工事店に尋ねてみて下さい。


参考・引用:積水化学工業株式会社、住宅用総合カタログ 2017年3月版

屋根のことで困ったときは
「やねいろは」へご相談ください!

屋根のことで困ったときは「やねいろは」へご相談ください!

「やねいろは」は当社規定の掲載基準をクリアした、顔が見れる地元の屋根工事店のみ掲載。お客様自身が直接、地元の屋根工事店に依頼が可能です。屋根工事依頼をお考えの方は、ぜひご活用ください。

地元の屋根工事店を探す

あなたの地元の屋根工事店を自分で探せます。気になる工事店があれば、工事店にお問い合わせすることも出来ます。

電話でのお問い合わせ

0120-920-302

受付時間9:00~18:00(土日祝日を除く)

屋根トラブルでお急ぎの方や電話でご相談したい方は、上記フリーダイヤルにお気軽にご連絡ください。

  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A

「樋工事」についての関連記事一覧

災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ