災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ
HOME > 「雨水が ポタポタ落ちている」について > 記事一覧 > 雨漏りの原因は屋根だけじゃない!?雨漏りがおこる原因解明!

「雨水が ポタポタ落ちている」について

2019.10.04外壁からの雨漏り工事

雨漏りの原因は屋根だけじゃない!?雨漏りがおこる原因解明!

1.雨漏りの原因解明:はじめに

「あ!雨漏りしてる!」
となると、最初思い浮かぶのは「屋根からの雨漏り」ではないでしょうか。

ですが、実は、雨漏りの原因は、屋根だけではありません!


「じゃあ、どこから雨漏りしてるのだろう?」


そんな方必見。
今回は、雨漏りの原因箇所別のケースをお伝えします。


2.雨漏りの原因解明:屋根からの雨漏り

まずは屋根から雨漏りの事例。

・瓦の劣化による割れ
・地震、台風によって起こった瓦のずれ
・屋根の谷部分に用いられている谷(板金)部分の穴
・棟部分の瓦の崩れ
・瓦の下に敷いている防水シート(ルーフィング)の破れ


これらが、
屋根からの雨漏りの主な原因となっています。


その中でも、比較的良く耳にする、
「屋根の谷部分に用いられている谷(板金)部分の穴」が
雨漏りの原因となっているケースについてご紹介しましょう!

こちらの写真の瓦屋根と瓦屋根の間の赤茶色の部分が谷板金です。

黒ずんだ筋がある部分は
水がうまく流れず溜まっている証拠です。
こういったところから徐々に腐食が進んでいきます。
しかし。どうして板金に穴が空いてしまうのでしょうか?


その理由には2つあると言われています。


1つ目は、同じ場所に雨水が落ちてきてしまい、
雨の衝撃力によって、長い時間をかけて板金に穴が空いてしまった。


2つ目は、瓦に塗ってある釉薬や、酸性雨の影響で板金に穴が空いてしまった。


こういった場合には、谷板金の交換が修繕策として上げられます。


その際に雨水が溜まりやすい部分は、下地材のルーフィングを重ね貼りして、
より二次防水の効果を高めるなどの工夫が必要です。


また、谷板金の材質を、腐食に強いステンレスに変更することも効果的です!


3.雨漏りの原因解明:壁からの雨漏り

次に、壁からの雨漏り。

壁面から直接水が浸透してきて雨漏り、ということはなかなかありませんが
窓枠の「サッシ」は雨漏りの原因として上がることが少なくありません。


実際にサッシからの雨漏り工事を担当したことがあるという
埼玉県の屋根工事店の方にお話を伺ってみると、
「サッシ周りが怪しいと気付き、原因かを探る為に壁を壊してみると、
壁一面に水が回って腐っていたことがあります。
結局、壁一面を腐らせたのは、施工業者がサッシを取り付ける際に、
防水テープをきちんと付けていなかったためでした」


サッシの施工不良によって出来た隙間から、雨水が入り込んでしまったんですね!


壁からの雨漏りは、原因が見つかりにくい場合が多いです。


しかし、応急措置で諦めるのではなく、家を長持ちさせるためにも
早め早めの点検・修理が大切です!


4.雨漏りの原因解明:まとめ

このように、雨漏りの原因は多種多様ですね。

最近では、雨漏りの原因解明のために、サーモグラフィーカメラを取り付けたドローンが
活躍しているそうです!
赤外線で水の流れを感知することで、家に負担をかけることなく、
雨漏り箇所を特定できるんです!


もし、雨漏りが起きた際には、
ぜひ「やねいろは事務局」までお問合せください!


「雨水が ポタポタ落ちている」についての新着記事一覧

「雨水が ポタポタ落ちている」に対応できる工事店

HOME「雨水が ポタポタ落ちている」について記事一覧雨漏りの原因は屋根だけじゃない!?雨漏りがおこる原因解明!