災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ
HOME > 「塗装工事」について > 記事一覧 > 屋根塗料と外壁塗料のグレード選びのコツ!

「塗装工事」について

2020.01.09塗料の種類

屋根塗料と外壁塗料のグレード選びのコツ!

1.屋根塗料と外壁塗料のグレード選びのコツ!:はじめに


住み始めてから10年ほど。そろそろ外壁の色あせが気になってき、という方必見!

外壁が傷んでいるということは、屋根はそれ以上に傷んでいます!
考えると当たり前ではありますが、屋根の方が太陽に近いですよね。
すると紫外線がモロにあたることもあり、劣化が早いんです!


今回は、屋根と外壁の耐久性について少しお話していきます。


2.屋根塗料と外壁塗料のグレード選びのコツ!:屋根の方が傷むのは早い!


外壁塗装の現地調査を塗装工事店さんに依頼すると、
『屋根塗装もご一緒にどうですか』と提案を受ける場合が多いようです。

屋根と外壁、両方塗装してしまえば、足場設置費用も安く抑えられお得なので、
セットで塗装というケースは、今や珍しくありません。


ただ、そうなると自然と屋根も外壁も同じグレードの塗料で塗装を行う場合がほとんどだそうです。


とある塗装工事店さんによると、それは非常にもったいないプランだと言われていました。


先ほどお話したように、屋根の方が劣化が早いので、
その塗装工事店さんはそれを見越して、屋根の塗料のグレードを高くして提案しているそうです。
すると、当然価格は若干上がりますが、次回の塗替えタイミングが同じになります。
長期的にみるとリーズナブルな形で、塗替えの計画を立てられます。


3.屋根塗料と外壁塗料のグレード選びのコツ!:まとめ


屋根と外壁の塗料のグレードについて、いかがだったでしょうか。

屋根と外壁の塗装タイミングが同じになると、コストが抑えられるだけでなく、
工事期間も短くなります。
工事中はどうしても、足場を設置したり塗料独特のにおいが発生したりするので、
自分だけでなく、ご近所の負担にもなりますよね。
その負担が最小限に抑えられるので、費用面以上にお得な選択になるのではと思います。


もちろん、屋根の塗料のグレードを高くする、というのは
あくまで選択肢の一つでしかありません。
環境や築年数、外壁材や屋根材の違いなど、様々な要因が絡んでくるので
塗装工事店さんから提案されたプランについては、しっかりと話し合うことが大切です。


屋根・外壁の塗装でお悩みの方は、ぜひ『やねいろは』までお気軽にお問い合わせください!


引用:
工事店の取材を踏まえた記事


「塗装工事」についての新着記事一覧

「塗装工事」に対応できる工事店

HOME「塗装工事」について記事一覧屋根塗料と外壁塗料のグレード選びのコツ!