HOME > 「太陽光について 知りたい」について > 記事一覧 > 環境教育が教育でなくなるとき

「太陽光について 知りたい」について

2018.01.03 太陽光と環境問題

環境教育が教育でなくなるとき



1.環境教育が教育でなくなるとき:はじめに


とつぜんですが、皆さんの住んでいる地域にはどんな「環境問題」がありますか?
台風直撃による交通機関のストップなどでしょうか。
処分場から発生する有害物質などでしょうか。
「環境」とは「人間または生物を取り巻く、まわりの状況」のことをいいます。
ここに問題があるということですが、そもそも環境問題なんて意識したことがないという方もいるかもしれません。
そんな環境問題ですが、国際的には非常に重要な問題です。
途上国の工業発展に伴う大気汚染や、原子力発電に替わる自然エネルギー活用方法の開発、キレイな水や農作物の確保・安定供給など、地球上に住む「人類」が存続する為に、必ず解決しなければいけない問題なのです。
ただそれには、「環境問題を理解する人口が増える必要」があります。
そこで日本では、地球の未来を担う「子供達」に環境問題について考えてもらうため「エコスクール」という取り組みを行っています。
今回はこのエコスクールの紹介です。
お子さんをお持ちの方は、ぜひお読みください。

2.環境教育が教育でなくなるとき:エコスクールと太陽光発電



「エコスクール」とは「環境を考慮した学校施設」のことです。
「環境負荷の低減に貢献するだけでなく、それを教材として活用し児童生徒の環境教育に資するものであり、地域の環境教育の発信拠点としても先導的な役割を果たします。」(文部科学省)。
整備に関して、留意しなければいけない点が3つあります。
1つ目は「施設面」です。
「健康で快適であり、周辺環境と調和し、環境への負荷を軽減できること」。
2つ目は「運営面」です。
「耐久性やフレキシビリティに配慮し、自然エネルギーを有効活用し、無駄なく効率よく使うこと」。 3つ目は「教育面」です。
当然ながら「環境教育にも活用すること」。
そしてこれらを評価し、文部科学省、農林水産省、国土交通省、環境省が連携協力し、学校設置者である市区町村等がエコスクールとして整備する学校を認定する「エコスクールプラス」という制度があります。
これは8つの事業タイプに分かれており、その1つに「太陽光発電型」があります。
北海道南富良野町立南富良野小学校では、校舎屋上に太陽光パネルを、校舎内には発電量を確認できる大型パネルを設置しています。
なお、平成24~27年度の認定校数の351校のうち、事業タイプの最多は太陽光発電型で219校、次点は木材利用型で208校でした(一校で複数の事業タイプを実施する学校があるため、事業タイプごとの認定校数と全体の認定校数は一致しません)。
実際にアンケートをとったところ、例えば愛媛県西予市立明浜小学校では「児童が表示板を使って地域住民等に電力消費量 などを説明することで、環境問題への関心や意識を高めることができた。」という回答があったそうです。
次に、平成27年に文部科学省が行った「再生可能エネルギー設備等の設置状況に関する調査結果」を見てみます。
8種類の再生可能エネルギー(太陽光、風力、太陽熱、バイオマス、地中熱、燃料電池、雪氷熱、小水力)の中で設置数が最も多いのは「太陽光」で87%でした。
次点が風力で7%ですので、圧倒的な普及率と言えます。
前出のエコスクールプラスの認定数の中でも、最も多いのが「太陽光」でした(62%)。
ちなみに、その太陽光の設置数が一番多いのは「小中学校」です(85%)。
また、公立の小・中学校における太陽光発電設備の設置率は、平成25年度の17.8%から、平成27年度は24.6%に増加していることがわかりました。
今後も小中学校を中心として、太陽光発電の活用は進んでいくと思われます。
なお、学校をエコスクールにすることは環境教育だけでなく、停電時に使用可能な電力エネルギーを保有することにもなります。
自然災害時は学校が避難所になるので、地域全体にとっても利益が大きいのではないでしょうか。

3.環境教育が教育でなくなるとき:まとめ



いかがでしたか?
「エコスクールという国の施策の中で、太陽光発電は大きな期待を寄せられている」ということがわかりました。
エコスクールが普及することを願っています。


※参考: http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/ecoschool/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/06/16/1289492_1.pdf 文部科学省・農林水産省・国土交通省・環境省、エコスクールパンフレット(検索日:2017/12/27) http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150316/news20150316629.html 愛媛新聞オンライン、開校待つ新校舎、4校統合の明浜小落成式 西予(検索日:2017/12/27) http://www.mext.go.jp/a_menu/shisetu/ecoschool/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/03/1296649_01.pdf 文部科学省、再生可能エネルギー設備等の設置状況に関する調査結果(概要)(検索日:2017/12/27)

屋根のことで困ったときは
「やねいろは」へご相談ください!

屋根のことで困ったときは「やねいろは」へご相談ください!

「やねいろは」は当社規定の掲載基準をクリアした、顔が見れる地元の屋根工事店のみ掲載。お客様自身が直接、地元の屋根工事店に依頼が可能です。屋根工事依頼をお考えの方は、ぜひご活用ください。

地元の屋根工事店を探す

あなたの地元の屋根工事店を自分で探せます。気になる工事店があれば、工事店にお問い合わせすることも出来ます。

電話でのお問い合わせ

0120-920-302

受付時間9:00~18:00(土日祝日を除く)

屋根トラブルでお急ぎの方や電話でご相談したい方は、上記フリーダイヤルにお気軽にご連絡ください。

  • 屋根に関する色々な知識
  • 良質・適正価格で屋根工事できる理由
  • 屋根のトラブルQ&A

「太陽光について 知りたい」についての関連記事一覧

災害地域 専用窓口

現在こちらの工事店は、災害地域にある工事店の為、対応にはお時間いただく場合や、状況によっては紹介できないケースがございます。予めご了承ください。

災害専用窓口へ