HOME > 「屋根工事」について > 記事一覧 > 屋根工事の種類って?

「屋根工事」について

2017.11.18屋根工事の種類

屋根工事の種類って?

家の天井から水がぽたぽた。 みなさんのお家で雨漏りが起こったら どんなことを疑いますか?   例えば「瓦」。 瓦屋根のお家に住んでいる方であれば 「瓦が割れているんじゃないか…」とか 「瓦が飛んでしまったのかな…」とか。 見えないからこそ 不安が募ります。   しかし、 雨漏り一つ取っても 原因はお家によって千差万別。 「屋根を全部直さなくちゃ…」 というものではありません。   そこで今回お伝えするのは 雨漏り修理に代表される 「屋根工事の種類」に ついてです!   雨漏りが起こったと仮定して 見て行きましょう!

①取替え(葺き替え) 雨漏りの原因は多様ですが、 例えば瓦自体が経年劣化したことにより 雨漏りしているという場合は 「葺き替え」を行う必要があります。 葺き替えの種類は、 瓦から同様の窯業系の屋根材へ。 または瓦から金属系の屋根材へ。 他にも化学樹脂などを用いた屋根材など 予算や屋根地の状態に合わせて 様々な屋根材への葺き替えが可能です。   ②補修(葺き直しを含む) 屋根材自体は大きく劣化していないけれど なぜか雨漏りしているという場合は 屋根材以外のところが原因の可能性があります。 この場合、原因がみつかれば補修工事を行います。 例えば 屋根の棟部分に高く積み上げられた瓦の積み直し、 瓦の浮いている箇所の葺き直し、 瓦がずれている部分の葺き直し等…。 雨漏りしているからと言って、 屋根全面を葺き直すのではなく、 予算に応じて補修という方法もありますので、 どういう工事が可能かは 工事店の方に相談してみてください。   また、現在では、 既存の屋根材の上に新たな屋根材を重ねて葺く カバー工法という工事もあります。

どんな工事にするかで 屋根の寿命も大きく変わってきます。 予算はもちろん、 これからの将来設計も考慮した工事を 選択されることをおすすめします。

「屋根工事」についての新着記事一覧

「屋根工事」に対応できる工事店

その他の地域その他の地域