HOME > 「太陽光工事」について > 記事一覧 > 太陽光工事って誰に頼めばいいの?(電気屋さん?屋根屋さん?)

「太陽光工事」について

2017.11.18太陽光工事を担当する人達

太陽光工事って誰に頼めばいいの?(電気屋さん?屋根屋さん?)

1.はじめに
2.太陽光工事にかかわる人
3.電気工事店と屋根工事店の違い
4.電気屋さんと屋根屋さんのできること、できないこと



1.はじめに

ふと歩いていると見かける太陽光パネルの付いた家。
CMでもソーラーに関して見ることが多いと思います。
今回はそんな太陽光の工事についてまとめてみたいと思います。

2.太陽光工事にかかわる人

太陽光の工事は大きく分けて二種類に分かれます。
①屋根に太陽光パネル(正式には太陽光モジュールと呼ばれます)を付ける工事と、②屋根に付けた太陽光モジュールの電気配線を繋ぐ電気工事です。
そして①屋根に太陽光モジュールを付ける工事は屋根工事店が行うことが多く、②太陽光モジュールの電気配線を繋ぐ電気工事は電気工事店が行うことが多いです。
一般に屋根工事店のことを「屋根屋さん」、電気工事店のことを「電気屋さん」と呼んでいます。家電量販店でエアコンを買ったりすると来てくれる電気屋さんは家電量販店の社員ではなく、家電量販店から委託された「電気屋さん」、つまり電気工事店なのです。

まとめると、太陽光の工事は屋根工事店と電気工事店が共同で仕上げるものということです。

3.電気屋さんと屋根屋の違い

先ほど太陽光の工事は屋根工事店と電気工事店が共同で仕上げるものと書きましたが、最近は電気工事店が①屋根に太陽光モジュールを付ける工事と、②屋根に付けた太陽光モジュールの電気配線を繋ぐ電気工事を両方やるケースが多くなってきています(逆に、屋根工事店が①、②両方をやることはそこまで多くありません)。

トラブルになるのもこのように、①と②を両方やるケースです。というのも、電気工事店は屋根のことに詳しくないため、①屋根に太陽光モジュールを付ける工事のときに、間違って屋根を割ってしまったりすることがあるからです。
そういったことがあるため、電気工事店が太陽光工事を両方やる場合は、豊富な経験がないとトラブルになることに注意が必要です。



4.電気屋さんと屋根屋さんのできること、できないこと

電気工事店は、やはり電気に関する作業が得意で、屋根工事店は屋根に関する作業が得意です。逆に、電気工事店は、屋根に関する作業は苦手で、屋根工事店は電気の作業が得意ではないのです。

同じ建築業界にいるプロでも、初めて会った電気工事店の能力はなかなか見極めるのが難しいのが現状です。だからこそ、電気工事店の太陽光工事施工の実績とその会社の姿勢(真面目かどうか、真摯に話を聞いてくれるか)を判断基準にするのが良いと思います。

「太陽光工事」についての新着記事一覧

「太陽光工事」に対応できる工事店

その他の地域その他の地域