お客さまとの心と心のふれあいを大切に。地域に親しまれる屋根工事店

株式会社東内つとむ商店

徳島県 徳島・鳴門

徳島県瓦工事販売組合

株式会社東内つとむ商店

徳島県徳島市の株式会社東内つとむ商店は、1968年創業の屋根リフォーム店。得意とする瓦屋根リフォーム・屋根修理の他、金属屋根、雨樋(あまどい)、太陽光パネル設置工事にも対応可能。大工が在籍し、内装工事の窓口にもなれる「困った時の東内さん」として地域の皆さんに親しまれています。

工事店の想い工事店の想い

PERSON俳優の卵だった学生時代。震災の復興に貢献する内に、気が付くと一流の屋根職人に

徳島県徳島市の株式会社東内つとむ商店は、代表取締役である東内守さん(以下、東内さん)の父の代から続く屋根リフォーム・屋根修理店です。瓦屋根・金属屋根修理、雨樋(あまどい)工事、太陽光パネル設置工事に対応可能。また、塗装工事の窓口にもなることができます。東内さんの気さくで明るい人柄もあって、住宅全般の「困った時の相談先」として、地元である徳島市の人々に親しまれている工事店です。

「私が小学生の頃、父が独立して会社を作りました。当時は社員も少なくて、営業から工事、集金に至るまで担当していたのは父。母も子守をしながら、父の仕事を手伝っていました。一生懸命に働く両親の姿を見ていたので、家を継ぐ心構えは幼い頃からあった気がします」

創業間もない頃の両親の苦労を見てきた東内さんに、これまでのお話を伺いました。

「若い頃は色々と挑戦したなぁ。父の影響で始めた剣道は、今では五段です。大学時代はお祭りサークルに所属して、友人たちとお祭りに参加したり、夜遅くまで飲み明かしたりして青春を謳歌しました」
当時の将来の夢は?と尋ねたところ、「実は俳優さん、目指してたんよなぁ」と意外な答えが返ってきました。
「お祭りサークルで知り合った人に勧められてね。もともとその道に興味があったんよな。劇団員として活動したり、仮面ライダーのオーディションを受けたり。TVのエキストラもして、自分で言うのも恥ずかしいけど、頑張っていました」と俳優を目指していた日々を懐かしそうに振り返る東内さん。
しかし、とあるオーディションがきっかけで、東内さんは俳優を諦めたそうです。
「オーディションに織田裕二さんがおってな。彼は当時まだ無名だったけど、その頃から何か引き付けられるものがあったんよなぁ。そこで『ああ、こういう人がスターになるんやな』と思ってしまいました。真剣にやっていたからこそ、すっぱりと諦めがつきました」

そうして、東内さんは大学卒業後、大手建設会社に入社します。そこでは関東を中心に土木工事の現場監督として活躍。仕事は順調で、特に現状に不満はなかったそうです。しかし、父からの連絡がきっかけになり、家業を継ぐ決心をしました。
「仕事もやりがいがあって、充実していました。そんな中、父から『元気にしてるか』と連絡がありまして。そういえば長い間顔を見せていないなぁ、と思い休暇を取って帰省しました。
久しぶりに父の会社をのぞいてみると、以前の雰囲気とは違い、活気がなくなっていました。というのも、父が若い頃のようには現場に出られなくなっていたからです。会社の職人たちからは『お父さんの跡を継いでくれないか』と言われ、『俺がやるしかない!』と腹を決めて実家に戻りましたね」

家業を継いだばかりの東内さんは、屋根リフォーム・屋根修理以外の事業を始めるつもりでした。前職の経験を生かして、工事の幅を広げようとしていたそうです。
「家業を継いですぐに、色々な事業に挑戦しましたが、うまくいきませんでした。そうこうしている間に、阪神淡路大震災が起こりました。その影響で、屋根リフォーム・屋根修理の依頼が殺到して、とてもじゃないけど事業を広げるどころではなかったなぁ」

もともと、学業や仕事の合間を縫ってボランティアに参加していた経験のある東内さん。いてもたってもいられなくなり、父と共に被災地の屋根を直す手伝いに向かったそうです。
「淡路では半年ほど仕事をしていたかな。たくさんの人から『屋根を直してくれ』と言われて、ひたすら工事してまわりました。その度に『ありがとう』と声をかけていただいたのを覚えていますね」

被災地の復興に携わる中で、東内さんはとあるおばあさんとの出会いが印象に残っているそう。そのおばあさんは、屋根が壊れて空が見えている家で暮らしていました。
「おばあさんはもう、半ばあきらめた様子でした。『直すのは難しいでしょう』と。震災の影響もあって頼る人もいない状態だったのかもしれません。そんなおばあさんを見ていると、なんとか助けてあげたい、と思いました。その時改めて、屋根職人としての誇りとやりがいを見つけた気がします。震災後の復旧が落ち着いた頃には、すっかり屋根職人になっていました」

今後の展望について尋ねると、東内さんは事務所に飾っている経営理念を指さしながら、次のように答えてくれました。
「わが社の経営理念は『人と人、心と心のふれあいで地域密着。最高の屋根づくりで安心と幸せを提供』です。これからもこれに沿って、仕事をしていきます。世の中には、大きな工事を依頼してくれそうなお客さまにだけ愛想よく接する、という人もいますが、そうじゃない。どんな工事でもお客さまは屋根のトラブルで困っているから連絡をくれる。私たちの仕事はそのトラブルを解決することであって、金額の大小の問題ではないからね。その仕事の中で、お客さまと工事店という関係を越えて、人対人の関係を築ければ最高ですよね」

詳しく見る閉じる

WORK屋根の雨漏り修理は妥協しない。職人としてのプライドを持って徹底的に原因を探し出す

徳島県徳島市の東内つとむ商店は、屋根全般と雨樋(あまどい)工事、太陽光パネル設置工事に対応可能な屋根リフォーム店です。また、大工も在籍し、内装工事の窓口にもなれる頼りになる工事店です。

代表の東内さんに東内つとむ商店の強みを伺うと、「お客さまの目線に立って親身に対応する姿勢です」とのこと。
「お客さまと接する際は、仕事を通したお付き合いではなく、人対人のコミュニケーションを大切にしています。業者とお客さまというビジネス上の壁を、良い意味で取り払えれば、要望を言いやすくなると思っています。そのために、近所のラーメン屋や家族の話など、そんな他愛ない世間話を通じてお客さまと親しくなれるよう心がけています」

また、会社に大工がいるため、屋根リフォーム・屋根修理だけでなく内装関係の相談にも乗ることができるそうです。
「よく、『屋根工事屋さんに家の中のことを聞いても分からないですよね』とお客さまに聞かれますが、我が社には大工がいるので遠慮なく相談してほしいですね。最近のお客さまの中には、『ここを直したいけど、何屋さんに言えばいいのか』とお悩みの方もいます。そんな時に、『とりあえず東内さんに聞いてみよう』となれば嬉しいです」

東内さんがお客さまと接する上で意識している点は?と尋ねたところ、「挨拶ですね。笑顔で元気よく、はっきりと、を心掛けています。やはり、挨拶をされて嫌な人はいませんから。私を含めて社員はみんな大柄なので、少し怖がられるかもしれません。でも、社員全員お客さまと仲良くなりたいと思っています。なので、見た目と声に驚かないでくださいね」と冗談を交えながら答えてくれました。

また、工事の際に心がけているポイントは「清掃やなぁ」と東内さんは言います。「『工事前よりもきれいにして現場を終える』を意識しています。屋根リフォーム・屋根修理はお客さまの敷地内で行います。工事後は当然きれいに清掃をしますが、そのうえで、おせっかいかもしれませんが、草むしり。このちょっとした心遣いが大切です」

雨漏り修理について伺うと、東内さんは職人として、譲れない思いがあると言います。
「雨漏り修理で大切なのは、原因を突き止めること。原因がわかったら、写真を撮影してお客さまにも見ていただきます。写真を通して、今の状態と雨漏りの原因、その対処方法を納得していただける説明を意識しています。また、工事後に不具合があった場合にはすぐに伺うように心掛けていますね」

最近の雨漏り修理事例では、『ルーフィング』(※1)の劣化によるものが多いようです。
「ルーフィングの劣化が原因の場合は、お客さまと話し合って部分修理か全面葺(ふ)き替えのどちらかで対応します。ほかには、『屋根と壁の取り合い部分』(※2)での雨漏りもあります。ケースは様々で一概には言えませんが、ルーフィングがうまく収まっていない場合に起こってしまうので、部分補修で対応しています」

最近行った工事について伺ったところ、太陽光パネルの設置ができるという強みが活きた工事があったそうです。
「数年前から太陽光パネルの問い合わせも増えてきています。先日の工事では瓦の葺き替えと太陽光の設置工事を行いました。『東内さんなら太陽光設置工事と瓦の葺き替えが両方できると聞きました』とお客さまから連絡をいただきまして。無事に工事を終えました」

最後に、屋根リフォーム・屋根修理に関する地域の特性について伺いました。ここ徳島県徳島市は台風の通り道になるため、瓦屋根は強風に耐えられる施工を心掛けているそうです。
「台風で瓦が飛ばされないように、『ガイドライン工法』(※3)以上の釘打ち。それに合わせてルーフィングは2枚張りをしていますね。2枚張りにすると、横降りの雨が侵入してきたとしても下地にまで染み込まず、雨漏りしにくい屋根になります」

※1 ルーフィング…屋根材の下に敷く、防水シート
※2 屋根と壁の取り合い部分…屋根と壁のつなぎの部分
※3 ガイドライン工法…最新の実験データに基づいた、全日本瓦工事業連盟推奨の施工方法

詳しく見る閉じる

MESSAGE安心の10年保証。長く付き合っていける頼りがいのある屋根工事店を目指す

東内さんにアフターサービスについて伺うと、「我が社では、屋根リフォーム・屋根修理後には10年保証書を発行しています。それに私自身、40代と若くまだまだ働き盛りで、長くお付き合いできますから、工事後でも気になる点があればいつでもご相談ください」とのこと。

最後に「やねいろは」をご覧になっている屋根トラブルをお抱えのお客さま、そして屋根リフォームをお考えのお客さまへのメッセージです。
「私は、お客さまとの『心と心のふれあい』を大切にしています。お客さまの目線に立って、屋根に関する悩みをしっかりと解消する、それだけを考えて今まで走ってきました。そして、屋根修理が終わった後も、お客さまと人対人のお付き合いを続けていきたいですね。また、我が社は職人の数が多く、技術も確かですから、屋根のトラブルの際には、安心して相談してください」

先代から続く会社を、名前の通り「まもる」東内さん。取材の合間にはご当地グルメや、俳優の卵だった頃の面白いエピソードをやねいろはスタッフに話してくれました。「お客さまともこんな話ばっかりしていますね」と笑顔で語る様子を見ていると、屋根で困っている時に、こんな職人さんが来てくれたら、なるほど何でも相談してしまうな、と感じた取材でした。
東内つとむ商店は、東内さんを中心にお客さまと「心と心のふれあい」を大切にしながら、徳島県の屋根を「まもる」屋根リフォーム・屋根修理店です。

(2018年8月取材)

詳しく見る閉じる

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根修理・屋根リフォーム事例屋根修理・屋根リフォーム事例(株式会社東内つとむ商店)1件

before

after

屋根工事(取替)

工事種別: 屋根工事(取替)

価  格: 175~200万円

施工面積: 175~200m²

もっと詳しく見るもっと詳しく見る

屋根工事のクチコミ評価屋根工事のクチコミ評価(株式会社東内つとむ商店)0件

クチコミはありません。

屋根工事店日記屋根工事店日記(株式会社東内つとむ商店)

工事店日記はありません。

この工事店に問い合わせてみる

お問い合わせ(無料見積)

屋根工事店プロフィール屋根工事店プロフィール(株式会社東内つとむ商店)

一番の強み お客さまの立場に立って、心のふれあいを大切にしているところ
会社名 株式会社東内つとむ商店
対応工事
  • 屋根工事
  • 樋工事
  • 太陽光工事
  • 塗装工事
  • 瓦屋根
  • 金属屋根
  • 陸屋根
  • その他
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
従業員数 社員:6名 専属外注6名
建設業許可 屋根工事業(徳島県知事許可(般―29)第70474号)
保有資格者 一級かわらぶき技能士:1名
二級かわらぶき技能士:1名
第二種電気工事士:1名
瓦屋根診断士:1名
瓦屋根工事技士:2名
巻き上げ機運転者:6名
丸のこ等取扱従事者:4名
研削砥石の取替え等の業務に係る特別教育:4名
職長安全衛生責任者:1名
石綿取扱作業従事者:1名
足場の組立て等作業主任者:3名
玉掛作業者:3名
二級建築士:1名
宅地建物取引士:1名
特徴 屋根工事業
樋工事業
リフォーム業
太陽光発電工事業
対応エリア

徳島県

  • 大歩危・祖谷・剣山
  • 阿南・日和佐・宍喰
  • 徳島・鳴門

愛媛県

  • 新居浜・東予

高知県

  • 安芸・室戸

香川県

  • 琴平・丸亀・坂出
  • 小豆島
  • 高松・東讃

兵庫県

  • 神戸・有馬・明石
アフターフォロー体制 全瓦連の保険(工事賠償)に加入しております。
リフォーム工事後は10年保証書を発行しております。

代表者 東内 守
代表者経歴 株式会社東内つとむ商店 代表取締役
1984年3月:徳島市城西中学校 卒業
1984年4月:徳島県立城ノ内高等学校 入学
1987年3月:徳島県立城ノ内高等学校 卒業
1987年4月:東海大学工学部土木工学科 入学
1991年3月:東海大学工学部土木工学科 卒業
1991年4月:東亜建設工業株式会社 入社
1993年8月:東亜建設工業株式会社 退社
1993年9月:東内つとむ商店 入社
1996年1月:東内つとむ商店 代表就任
2014年11月:株式会社東内つとむ商店 名称変更
2014年11月:株式会社東内つとむ商店 代表取締役 就任
所在地 〒770-0005
徳島県徳島市南矢三町3-2-5 大きな地図で見る
営業時間 毎週月~金曜日 9:00~17:00
定休日 土曜、日曜、祝日

最近チェックした屋根工事店