HOME > 屋根工事店 > 千葉県・全ての屋根工事 > 勝浦・鴨川・全ての屋根工事

屋根工事店を探す

千葉県 の工事に関する特徴
▽千葉県の降水量・積雪量・風速に関するデータ
▼平均降水量:4.1mm
▼平均積雪量:0.1mm
▼最大積雪量:33cm(2014年2月9日に観測)
▼平均風速:3.8m/s
(数値は千葉市の2007年1月1日~2016年12月31日までのデータの平均値です)

▽千葉県の屋根工事店からのコメント

■瓦屋根の屋根工事について
・千葉県の海岸沿いは風が強いため、葺き替え、葺き直しの際には釘をしっかり打って固定していくようにしています。また全日本瓦工事業連盟の出しているガイドラインに沿った工事を行い、お客さまに安心して頂ける工事を行っています。
・中心街など、ビルや複合施設が密集する地域に1件だけ瓦屋根の家がある場合などは、ビル風で瓦が吹き飛ばされてしまうということも起こるので工事をするときは留め付けをしっかりしています。
・千葉県は台風の通過する地域でもあるので、屋根が強風に負けないような工事を行うことに気をつけています。沿岸地域では、塩害も起こるため、金属屋根はおすすめしにくいです。また、冬場は、香取などの北東部では雪が降ることもありますので、雪止め金具の取り付けをおすすめしています。
・屋根の上で固まった雪の落下を防ぐ『雪止め』という部材を、山沿いの積雪地域では取り付けをおすすめしています。また、雪止めによって住宅密集地でも隣の家に雪が落下することを防ぐことができます。
・雪が積もることを想定して、屋根の雪止め金具と、雨どいのための雪よけの設置依頼が増えてきました。また、事例としては少ないですが、海沿いの住宅屋根には塩害対策も考慮して、焼成温度の高いため堅くて丈夫な石州(瓦の産地のひとつ、島根県付近)の屋根瓦をご紹介することもあります。
・千葉県の中でも長生郡は、海が近いため台風の風が直撃しやすい地域です。屋根工事の際にはどこから風を1番受けるのかを見極めます。それによって、丸瓦(棟部分に用いられる瓦)をかぶせる向きが変わります。職人の考え方にもよりますが、『長持ちする瓦屋根』を目指すと、水の流れはもちろん、風向きに配慮することも大切です。
・強風により雨樋や屋根瓦の隙間に枯葉やゴミが詰まり、それが原因で雨漏りを引き起こす屋根も多いです。
 
■金属屋根の屋根工事について
・海沿いに建つ住宅には塩害対策として、屋根の谷部分にはなるべくステンレス材を使うことをおすすめしています。
・工場が近い地域で降る雨には、工場からの排気が影響していると考えられます。その理由でもサビに強いステンレス材をご案内することがあります。
・千葉県茂原市や長生郡、一宮町に関しては、潮風の影響によって金属材料の劣化がしやすいです。新築時やリフォーム時は、ガルバリウム鋼板よりも、塩害に強いステンレス屋根をおすすめしています。
その他の地域その他の地域
千葉県

瓦屋根の伝統と技術を守りながら、時代のニーズにも柔軟に応えたい

有限会社貝塚瓦店

有限会社貝塚瓦店

千葉県夷隅郡(いすみぐん)の有限会社貝塚瓦店は、瓦屋根・金属屋根工事、雨樋工事を手掛ける屋根リフォーム店です。「お客さまと沢山話して、最適な屋根リフォーム工事を」。家族の生活と未来を見据えた屋根修理を心掛けており、その仕事ぶりには地域の皆様から定評があります。

再度、条件を変えて探す再度、条件を変えて探す

HOME屋根工事店千葉県・全ての屋根工事勝浦・鴨川・全ての屋根工事